アメリカで温泉カルチャーの兆し?


星野リゾートが、アメリカ進出にあたって「温泉リゾート」を検討しているという記事があった。

星野リゾートがハワイで打つ「米国温泉」の布石
アメリカ進出の形態は現時点で、温泉リゾートホテルを考えているようだ。
星野代表はアメリカでの開業について、「ロサンゼルスやニューヨークではないと思う。山脈地帯など、アメリカにある温泉地のどこかではないか」と語る。


アメリカで温泉?

f:id:tonogata:20191121234905j:plain:w600


ちょうど最近、別記事でアメリカと温泉に関する記事を読んでいた。

そういう意味で、ちょっと興味深く思った次第。

「温泉ムーブメントが米国で勢いを増している理由」
Why the Hot Springs Movement Is Gaining Steam in the United States – Skift

・アメリカでは、アジアや欧州のような温泉のカルチャーは、ほとんどなかった

・アメリカにとっての温泉(HotSpring)は、伝統的に「健康」というより「エンターテインメント」のジャンルとして存在している

・しかし近年では急激に、アメリカでも健康の観点から温泉が注目され始めている

・家族経営などで細々と運営されていた全米の温泉オーナーが投資家に入れ替わり、彼らはそれを成長著しいウェルネス・マーケットで売りだそうとしている

・まだまだ小規模な温泉オーナーも全米に散らばっているが、彼らが連携するために全米温泉協会The Hot Springs Association)が2019年に設立された

・同じ2019年には「Hot Springs Connection」が設立され、アメリカで初めての温泉カンファレンスが開催された



アメリカ内からGoogleで「onsen」と検索されたボリュームをみると、過去10年で少しずつ上昇している。
(この検索ボリュームには、日本旅行を検討しているアメリカ人が、日本の温泉について調べている分も含まれる)

f:id:tonogata:20191121234039j:plain:w600


まあ世界的に健康ブームなので、少しずつ伸びていくのかもしれないですね。

どっちかっていうと、欧州の温泉に近いような感じになるのかな。


そんな感じ。