飛行機の「機内食」専門レストランがクアラルンプールで開業


飛行機の機内食を提供するレストランが、クアラルンプールで開業した。
エアアジア、機内食を地上で提供するレストラン開業、モバイルアプリで直接注文

提供されるのは、エア・アジアの機内食。
コーヒーなどの飲料も、機内食と同じものを提供する。

お店の名前は「ココナッツ・ミルク」を意味する「Santan」(サンタン)。
公式WEBサイトはこちら。
Santan

f:id:tonogata:20191208134425j:plain:w600

メニューはアセアン系のローカル・フード。
手頃な値段で、ファースト・フード店のような形態(店内 or テイクアウト)。

例えば、エアアジアの機内食(有料)メニューをみてみる。
AirAsia 機内食

「Uncle Chin's Chicken Rice」(陳おじさんのチキンライス)
f:id:tonogata:20191208134529j:plain:w600

「Santan」でも、このチキンライスを提供している。

※「Santan」レストランのメニュー写真
f:id:tonogata:20191208134733j:plain:w600

レストランにはチキンライス以外にも、アセアン系のローカルフードがいくつかある。

f:id:tonogata:20191208134746j:plain:w600

ドリンクとセットの、コンボメニューもあり。

f:id:tonogata:20191208134834j:plain:w600


さて。

関連ニュースをみてみる。
The Restaurants That Only Serve Airline Food

エアアジア・グループのCEOトニー・フェルナンデスには、2つの夢があった。
航空会社を経営することと、レストランを経営すること。

「Santan」の開業で、その夢が叶ったことになる。

開業の背景には、米系のジャンクなファースト・チェーンが席巻するアセアンで、伝統的かつ健康的なローカル・フードをもっと選びやすくなるように、という意図もあった模様。

お店の場所がクアラルンプール(マレーシア)なので、なかなか行く機会がなさそうだけど、なかなか面白いお店だなと思いました。


日本のANAとかJALも、こういうのを期間限定とかで出店すると面白いのにな、と思いました。
※展示会でなく、街の中での出店

そういや最近、ANAがオリジナル・ブランドのフード通販を始めた。
ANA FINDELIS」。

その中に、実際にANAファーストクラスで提供しているサラダを売っていた。

f:id:tonogata:20191208183706j:plain:w400

今日はファーストクラスのサラダを。
実際にファーストクラスにご提供しているサラダをベースに季節に応じて異なるアレンジを加えた2種類のサラダとOrtolanoオリジナルサラダとドレッシングを加えたセットが完成しました。
ファーストクラスでしか味わえない感動をお届けします。

ファーストクラスのサラダ、3000円。

なかなか、いいお値段なのね。。。


ほい。

そんな感じ。