南国の離島を自転車で一周60km、コスメル島の海沿い自転車専用道路を走る


コスメル島を一周

メキシコのカンクン・エリアにある離島、コスメル島に行ってきた。
この島は、透明度が高いキレイな海のビーチリゾートとして世界的に有名。

一方、初めてこの島に行って気付いたのは、海沿いの自転車専用道路がすごく充実しているという点。
コスメル島はトライアスロン「IRONMAN COZUMEL」が毎年開催されいるということもあり、自転車専用道路が整備されているのだ。

f:id:tonogata:20191215121553j:plain:w600

Cozumel is not only a beach-goer's paradise, it’s also a seasoned IRONMAN host city.
コスメル島は南国ビーチのパラダイスだけではない。トライアスロンがアツい街なのだ。


トライアスロンの大会期間でなくとも、この島の外周コースを自転車・マラソンでトレーニングしている人がチラホラ。
いわゆる「ガチ勢」なんだが、彼らはスゴいスピードで道を駆け抜けていく。

一方、当方はホテル(インターコンチネンタル・コズメル)で借りたレンタル自転車で、まったり島を一周。
観光を挟みながら、1日かけて回ってきた。
※ホテル以外にも、繁華街にはいくつかレンタル自転車屋がある

ただし島を一周すると60kmくらいあるので、かなり疲れる。
ゆっくりめの自転車速度12km/hなら、5時間はかかるんだな。

f:id:tonogata:20191215114636j:plain:w600

自分は途中で途中で街を散策したり、メシを食ったり、、、
合計で7時間ほどかけて一周してきた。


自転車専用道路

島の外周にある自転車専用道路だが、下の写真のように「車・バイクは進入禁止!」という看板が立てられている。
写真の奥、隣にあるのが車用の道路。

f:id:tonogata:20191215121631j:plain:w600

この自転車専用道路は人里離れたところにあるので、歩行者もいない。
本当に、自転車のみのコースなのだ。

f:id:tonogata:20191215121744j:plain:w600

自転車トレーニングをしている人がいるといっても、それほど数が多いわけではない。
なので、まさしく自分専用道路として自転車でフラフラ行くワケで、めちゃくちゃ気持ちがいい。

当方の場合でいうと、スマホで音楽を流しながら、時には奥田民生のイージュー・ライダーを歌いながら、自転車を漕ぎました。

ただコレ注意点もあって、自転車ガチ勢はメチャ速度が速い上に、音もせず近づいて当方を追い抜いていく。
気分良く歌ってたらサッと追い抜かれて「あっ!(聴かれた?)」っていう、気まずい感じが何度かあったでござるな。


↓写真のように海沿いの道も、海に近い方は自転車専用道路(右側)になっている。
車(左側)が入ってこないように石も転がしてありますね。

f:id:tonogata:20191215122517j:plain:w600

海沿いに延々と続く、自転車道路。
潮風が気持ちよく、めちゃくちゃ開放感のある道でした。

f:id:tonogata:20191215122956j:plain:w600

まぁ、逆風だったのでキツかったですけどね。。。
暑いし。

ちなみに上記のような自転車専用道路があるのは、一周コースの半分くらい。
島の南東側の半分くらいって感じ。
※海沿いの景色がよいコースは東側

なお、このコースを自転車で行く注意点としては、なるべく朝早く出発すること。
昼になると暑くなるし、観光・休憩の時間を長めにとるためにも(体力的に結構消耗する)。
自分は朝8時に出発したが、朝7時くらいの涼しいうちに出るのが良いんじゃないかと。


立ち寄りスポット

島の外周には、いくつかのビーチクラブがある。
入場料を払うかメシ代を出すと、ビーチのチェアでゆっくりできる的なヤツ。

例えば↓は「The Money Bar」というビーチクラブ。
飲み物を頼めばチェアとシュノーケリングが楽しめる、安めのビーチクラブですね。
使ってないけど、ショボそうでした。海も微妙な感じ。

f:id:tonogata:20191215124635j:plain:w600

もっと設備のしっかりした有名なビーチクラブもいくつかある。
ただそれらは外から様子を窺えなかったので、写真は撮ってない。


島の東側には、パブリック・ピーチもいくつかある。
↓はサンセットで有名な「Playa de San Martin」

f:id:tonogata:20191215125026j:plain:w600

店も1軒くらいあったが、ビーチは基本パラソルなし。
波も高いし、サンセット以外で行く必要はさほどなさそう。


自分が休憩に使ったのは、「Playa Chen Rio」というビーチ。
こちらはお店が結構ありました。

f:id:tonogata:20191215125407j:plain:w600

海沿いの席で、メシや飲み物を注文できる。

f:id:tonogata:20191215125529j:plain:w600

カロリー補給でコーラを頼んだ。

f:id:tonogata:20191215125603j:plain:w600

ただコチラのビーチも波が高く、「泳ぐなら自己責任で!」という看板あり。
パブリック・ビーチは、どこも泳ぐのに適してない感があったかな。


コスメル島の繁華街は、空港の近くになる。
アメリカからのクルーズ船がたくさん着岸しており、観光客で賑わっている。

f:id:tonogata:20191215125639j:plain:w600

お店もたくさんありましたね。

f:id:tonogata:20191215125834j:plain:w600

当初の計画では、繁華街でメシを食うつもりだったけど、この時点ですでに疲労困憊。
コンビニでアイスクリームだけ買って、さっさとホテルに戻ったのでありました。。。


そのほか、島の内陸には遺跡なんかもあったりするんだけど、これまた疲れてたのでスルー。
やはり60kmも走ると、なかなか疲れますね。。。


↓は途中で撮った、海沿いの教会。
インスタ映えしそうなので撮った。

f:id:tonogata:20191215124602j:plain:w600

インスタ、やってないけど。
一応、ここに。


Punta Sur Eco Beach Park

「Punta Sur Eco Beach Park」は、一番のオススメ・スポット。
ただしここは結構長く滞在した方がいいと思うので、自転車一周のコースに組み込むのは難しい。
自分も別日に行った(自転車で)。

この公園は島の南端にある。
入場料を払ってからシンボルの灯台に着くまで自転車で30分ほど。
大きな国立海洋公園です。

f:id:tonogata:20191215130946j:plain:w600

灯台に登ると、景色良し。

f:id:tonogata:20191215131137j:plain:w600

更に奥にいくと、ビーチ・エリア。
パラソル・チェアもあり。

f:id:tonogata:20191215131238j:plain:w600

ここのビーチは、めちゃくちゃ海がキレイでした。
浅瀬で泳ぎやすく、波も穏やか。

f:id:tonogata:20191215131341j:plain:w600

ビーチの環境としては、ここが島内で一番良いんじゃないかな。

こちらで飲み食いしたものは・・・
シュリンプ・ブリトー(270ペソ/1500円)、コーラ(50ペソ/300円)。

f:id:tonogata:20191215131429j:plain:w600

海老のブリトーにハマってて、島内ではずっと海老ブリトー食ってた。


ほい。

そんな感じ。