ANA・JAL・LCCの国内線で500マイル、デルタ航空「ニッポン500マイル」が2019年も継続


ニッポン500マイル・キャンペーン

デルタ航空「ニッポン500マイル・キャンペーン」が、2019年も継続。
期間は、2019/4~2020/3まで。

公式サイトはコチラ。
デルタ航空スカイマイルキャンペーン

f:id:tonogata:20190407231355p:plain:w400

すべての日本国内線で500ボーナスマイルをご獲得いただけます。
対象となるフライトは日本国内定期路線(すべての航空会社。スカイチーム加盟航空会社に限りません)、期間は2020年3月31日までです。

このキャンペーンは、ANA・JAL・Peach・ジェットスターなど航空会社を問わず、日本国内線の搭乗券をデルタ航空にFAXすると、1フライトあたり500マイルが付与されるというもの。
「往復分」(2枚)の搭乗券であれば、500×2=1,000マイルがもらえる。乗継便があるなら、もっと(搭乗券の数だけOK)。


他社のフライトでマイルを付与するというのも変な話ではある。

ただデルタ航空が所属する「スカイチーム」には日本の航空会社が参加していないため、国内線でスカイチームのマイルを貯めることができない。
そのため、こうしたキャンペーンを実施しているものと思われる。


キャンペーンの注意点は以下。

  • 搭乗後、2ヶ月以内の搭乗券をFAXすること
  • 2019/4以降の搭乗券であること(3月以前は無効)


平会員だと年間10本(5000マイル分)まで登録可能。
デルタ航空のメダリオン会員は40本/年(2万マイル分)まで登録可能。

ステータス 登録可能数 最大獲得マイル
平会員 10フライト分 5000マイル
シルバー以上 40フライト分 20000マイル


デルタ航空のステータスについては、デルタ・アメックス(クレカ)を作ると、メダリオン会員ステータス付与の特典がある。
ただし2018年から、決済条件を満たさないとステータスが付与されないようになった。
やじり鳥 デルタ・アメックスのゴールドメダリオン資格が、自動付帯から利用金額による条件制へ

「デルタスカイマイル・カード」(年会費1.2万)なら、シルバー会員。
ただしステータス付与は、年間決済100万円以上の場合のみ。
デルタスカイマイル・カード|アメリカン・エキスプレス

「デルタスカイマイル・ゴールドカード」(年会費2.6万)なら、ゴールド会員。
ただしステータス付与は、年間決済150万円以上の場合のみ。
デルタスカイマイル・ゴールド アメリカン・エキスプレス

決済条件もあるので、このキャンペーンのためだけにデルタ・アメックスを作るのは、ちょっと微妙ではある。


FAXでの申請方法

500マイルの申請は、FAXで行う。
WEBからは、できない。

申請書は公式ページの「500ボーナスマイル加算申請フォーム」から、pdfファイルをダウンロード。
https://www.delta.com/content/dam/delta-www/pdfs/delta-japan500-16form-(003)2019.pdf

1枚の申請書に搭乗券を4枚まで貼り付けてFAXすることができる。
搭乗券が4枚以上の場合は、申請書2枚に分ける。

FAX番号は、申請書(pdf)に記載がある。
去年までと同じFAX番号で、変更ナシ。


申請書(pdf)については、手書きは面倒。
自分は「Adobe Acrobat Reader DC」(無料)の「テキスト注釈機能」を使っている。
(手書きをしなくて済む)
Acrobat ヘルプ | PDF ファイルにテキストを入力する方法

f:id:tonogata:20170402152556p:plain:w600

  1. 入力箇所の上に、テキストボックスを配置
  2. キーボードで文字を入力
  3. 印刷
  4. 搭乗券の貼り付け
  5. FAX

そのPDFを保存しておけば、次回以降も使い回すことができる。

FAXについては、当方は自宅に持ってないのでコンビニから送信している。
1枚=50円。


デルタ航空マイルの用途

デルタ航空のマイルは、有効期限がない。
そのため、長期的に貯めることが出来る。

貯めたデルタ航空のマイルをどうするか?

デルタの特典航空券は「必要マイル数」が多くて、なかなか厳しい。

以下など参照。
スカイマイル デルタ航空特典マイル数表(レベル別 2015年〜)
デルタ航空・スカイマイル、特典必要マイレージ数チャート


そのため、「スカイマーク」による国内線、もしくは「JTB 国内ツアー旅行券」あたりも検討。

スカイマーク特典旅行

必要マイル(往復) 区間
15,000マイル 羽田 (HND) - 神戸 (UKB)
神戸 (UKB) - 鹿児島 (KOJ)
神戸 (UKB) - 長崎 (NGS)
神戸 (UKB) - 那覇 ( 沖縄、OKA)
神戸 (UKB) - 茨城 (IBR)
福岡 (FUK) - 那覇 ( 沖縄、OKA
20,000マイル 羽田 (HND) - 新千歳 (札幌、CTS)
羽田 (HND) - 那覇 ( 沖縄、OKA)
羽田 (HND) - 鹿児島 (KOJ)
羽田 (HND) - 福岡 (FUK)
羽田 (HND) - 長崎 (NGS)
茨城 (IBR) - 新千歳 ( 札幌、CTS)
中部国際空港セントレア ( 名古屋、NGO) - 新千歳 ( 札幌、CTS)
中部国際空港セントレア ( 名古屋、NGO) - 那覇 ( 沖縄、OKA)
神戸 (UKB) - 新千歳 ( 札幌、CTS)


スカイマイル JTB 国内パッケージツアー旅行券
f:id:tonogata:20170402151719p:plain:w400

必要マイル 旅行券の額面
10,000マイル 1万円
20,000マイル 2万円
30,000マイル 3万円

個人的には、しばらく貯めた上でJTB旅行券かな。

稀に乗るスカイチームのマイルと、この500マイルキャンペーンで3万マイル貯めて、JTB旅行券に交換する。


そんな感じ。