読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅行用の防水&超軽量な折りたたみバッグ「ウルトラシルDRYデイパック」(SEA TO SUMMIT)が最高だと思うの

旅行用アイテム ファッション

旅行用のバッグ。
小さく折りたたんで収納しておき、現地でのアウトドアシーンでガツっと使えるヤツ。


いわゆるポケッタブル。


昔からノースフェイスのポケッタブル・サックを使ってたんだけど、不満点が。

  • 意外と大きい(折りたたみ時のサイズ)
  • 防水でない


ということで、いろいろチェックして悩んだあげく、、、
「SEA TO SUMMIT」の「ウルトラシルDRYデイパック」。
これを買って使ってみたところ、素晴らしい出来だった。


f:id:tonogata:20140802231308p:plain
株式会社キャラバン−シー トゥ サミット−ウルトラシル DRYデイパック


ポイントは、

  • 超軽量!超コンパクト!
  • 防水!防水!防水!
  • なのに「そこそこ」の容量(20ℓ)!


この3点を考えてくと、「SEA TO SUMMIT」しかない、という。
※少なくとも2014年上半期には


小さいだけ、とか、防水だけ、とかなら、そこそこ選択肢はあるんですけどね。



折りたたみ/ポケッタブルバッグの一覧


自分が調べた時の折りたたみバッグの一覧は以下。
「SEE TO SUMMIT」のは、防水と、そうじゃないのがある。
容量が各社で結構違うが、これは実質と言うより、自己申告の計算方法にある気がしないでもない。
※各社の容量を示す基準がバラバラかも?

ブランド 商品名 容量 重さ 収納時
サイズ
生地 防水
SEE TO SUMMIT ウルトラSIL
DRYデイパック
20L 99g 6×12×?cm ※A
SEE TO SUMMIT ウルトラSIL
デイパック
20L 68g 5×8×?cm ※A ×
モンベル ポケッタブル
ライトパック 8
8L 160g 14×16×?cm ×
モンベル ポケッタブル
ライトパック 11
11L 170g 14×19×?cm ×
モンベル ポケッタブル
ライトパック 16
16L 180g 16×19×?cm ×
モンベル ポケッタブル
デイパック 15
15L 210g 17×20×?cm ※B ×
モンベル ポケッタブル
デイパック 20
20L 240g 18×20×?cm ※B ×
ノースフェイス FLYWEIGHT
ARMB
17L 240g 18.5×14.5×?cm ※C ×
ノースフェイス FLYWEIGHT
RECON(NM81409)
22L 240g ?×?×?cm ※D ×
karrimor マース パッカブル
デイパック
25L 240g 16×23×7cm ※C ×
イーグルクリーク パッカブル
デイバック
11L 170g ?×?×?cm ※E ×
HERSCHEL PACKABLE
BACKPACK
15L 18×12.5×?cm ※C ×

※A=30DウルトラSILナイロン
※B=210デニール・ナイロン・オックス
※C=ナイロン
※D=70Dリップストップナイロン、210Dブロックドビーナイロン
※E=210Dポリリップストップ


以下、サイズ等のラインナップに注意。
参考まで。


SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSIL DRY デイパック ブラック 1700275

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSIL DRY デイパック ブラック 1700275

[モンベル] mont-bell ポケッタブル ライトパック 11 1123585 CHBK (CHBK)

[モンベル] mont-bell ポケッタブル ライトパック 11 1123585 CHBK (CHBK)




「ウルトラシルDRYデイパック」をチェック


ちなみに「SEA TO SUMMIT」(シートゥーサミット)は、オーストラリアのアウトドア・ブランド。

シートゥサミットの名は、創業者の一人であるティム・マッカートニーが1990年に、ベンガル湾(SEA)からエレベストの頂上(SUMMIT)まで無酸素登頂した ことに由来している。
前例のない偉業を達成した後、その経験と情熱を活かしてアウトドア用品を開発。
ドライサックをはじめとする画期的なアイテムの数々を生み出し、オーストラリアのアウトドア用品業界No.1の地位を確立。
世界中の アウトドア愛好者たちに愛用されている。

株式会社キャラバン−シー トゥ サミット一覧


この「ウルトラシルDRYデイパック」は、SEA TO SUMMITのポケッタブル・ザックの中でも一番小さくて、防水のヤツです。
お値段もお手頃なのがGood。


SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSIL DRY デイパック ブラック 1700275

SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) ウルトラSIL DRY デイパック ブラック 1700275


サイズ感はこんな感じ。


f:id:tonogata:20140802231807p:plain


なんと、折りたたみ時はiPhoneと同じくらい。


ヤバいくらい小さいです。


これを広げると、20ℓいけるリュックになる。
マジで信じられない。


ちなみに、今自分が使っているノースフェイスの折りたたみバッグとの比較。
※上表のFLYWEIGHT RECONに近いモデル


f:id:tonogata:20140802231855p:plain


1/3くらいのサイズ感。


この小ささなら、どんな旅行でもスーツケースに放り込んでおける。
「もし使わなかったらスペースの無駄になるか?」とか考えなくても済むのが最高です。


申し遅れましたが、商品到着時のパッケージ。


f:id:tonogata:20140802232243p:plain


色は、

  • ブラック
  • ライム
  • ブルー

の3色あるんですが、今回はブラックを買ったっすね。


早速、広げてみるっす。


f:id:tonogata:20140802232812p:plain


リュックタイプ。
20リットル入るので、普通に街で使うリュックとほぼ同じサイズ感です。


f:id:tonogata:20140802233055p:plain


ペラペラの素材で出来ています。


これで、防水なんすねぇ。


公式サイトの説明は以下。

非常に引き裂き強度、耐久性の高い【コーデュラ®ナイロン】にシリコン浸透加工を施した、軽量で撥水性能を兼ね備えた機能素材です。
すべりの良い光沢感のある生地のため、かさ張らずコンパクト収納が可能です。


ナイロンにシリコン浸透加工をほどこして、撥水性能を出している、と。
強度も高いらしい。


荷物を入れる側は、こんな感じ。


f:id:tonogata:20140802233344p:plain


このリュックの留意点。


↑にあるように、収納口がロールクロージャーなんすね。


ロールクロージャーは、防水バッグ/ドライバッグによく使われている手法。
ぐるぐる巻いて閉じる、ってヤツです。
完全防水をうたってるのとかは、大抵ロールクロージャーな気がする。


f:id:tonogata:20140718143044j:plain


ぐるぐる巻いて、ホックで閉じる。


f:id:tonogata:20140802233731p:plain


公式サイトの説明。

防水性を高めたウルトラSILのデイパック。
開口部にロールクロージャーシステムを採用。
さらにダブルステッチとシームテープ構造により、優れた防水性を実現しました。


ちなみに、このぐるぐる巻くのを延長して全体に施すことで、元のパッキングサイズに戻すことが可能。


最初にiPhoneと同じサイズ感だったのをみて、

これ、元に戻してしまえるか?

と疑問だったんだけど、クルクル巻いてから3つ折りにすると、ちゃんと付属の小袋に収納できた。


その点については、問題なかったっす。




以下、注意点。


素材感は良いし、軽いし、小さいし、防水だし、最高です。


ただ、20ℓ入ると言っても、重いのはちょっと微妙だな、と思った。


ある程度は強度も考慮してあるかと思う。


ただ、個人的には重いモノを入れるは、ちょっと心配かなぁ。


個人的な用途としては、ビーチリゾートでのお出かけバッグ。
なので、

  • バスタオル
  • スマホ&タブレット&ルーター
  • ペットボトルの水

とかを入れて使ってた。


この程度なら、全然問題ないっす。


「重いモノをガンガン入れたい」って場合は、この製品に限らず、ポケッタブルなバッグは難しいんじゃないかと。
そう思いました。


ちなみに、自分がなんで防水にこだわるかって言うと、、、
iPhoneが波しぶきで水没故障したのがトラウマになっておりまして。。。
波打ち際に置いておいた自分が悪いんですけどね。


しかし。


いわゆる「ポケッタブル」は、素材が薄いです。
どの商品も。


なので、雨などにも非常に弱いと考えておいた方がよいかと。


そーゆー意味では、「SEA TO SUMMIT」に限らず、「防水」っていう点をちょっと考慮されるとよいかもしれません。


そんな感じで。


旅行用アイテム カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥