読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

航空会社の共通予約システム「アマデウス」の「Check My Trip」でフライト情報を管理する

旅行用アプリ

ANAとか、2017年からはJALもだけど、多くの航空会社がアマデウス社の予約管理システムを使ってるんですね。
そのアマデウスが個人向けにwebサービスやスマホアプリも出していて。
自分のフライト情報がそっちでも表示・保存できる。


個人的には、たまーにしか使わないんだけど、あると安心なシーンが稀にある。


それでまぁ、久しぶりに使ったので。
メモにて。


以下、詳細。



「アマデウス」とは何か


ANAが所属する「スターアライアンス」では、予約管理システムのアマデウス社「アルテア」を、共通基盤として統一推奨している。
http://www.ana.co.jp/pr/05-0709/05-star0909.html


この方針が打ち出されたのは2005年。
ANAは2011年にアマデウス社と契約し、2015年になってからアマデウス(アルテア)に移行した。
https://www.ana.co.jp/pr/11-0406/pdf/11-ana-amadeus0530.pdf


2015年のシステム移行では、予約画面や機能がいろいろ変更となった。
大規模なシステム改修だったので、トラブルも色々あったのかもしれない。
ANA国際線のシステム移行トラブルというのは、何が原因ですか? ... - Yahoo!知恵袋


ちなみにワンワールドのJALも、2017年度にアマデウス(アルテア)に移行する。
(ワンワールドも過半数がアマデウスを使っている)
2014年07月31日 JALグループ、旅客サービスシステムにアマデウス社Alteaを採用


「アマデウス」社はグローバル企業で、本社はスペインにある。
日本での営業は「株式会社アマデウス・ジャパン」。
アマデウスITグループ - Wikipedia


「アマデウス」を使っている航空会社の比率は、、、

アライアンス アマデウス利用率
スターアライアンス 65%
ワンワールド 67%
スカイチーム 50%

※2015/12/21時点
http://www.amadeusjapan.co.jp/getonboard/


結構な会社がアマデウスを使っているンですねぇ。。。


アマデウス利用中の航空会社の一覧はコチラ。
http://www.amadeusjapan.co.jp/getonboard/gate2.html


また、興味のある向きには、「amadeus manual」でググると色々出てくる。
当方はそこまで興味ないので、特にチェックしていない。



アマデウスの個人向けサービス「Check My Trip」


アマデウスは個人ユーザ向けに「Check My Trip」というWebサイト/スマホアプリを提供している。


公式サイトはコチラ。
https://www.checkmytrip.com/?LANGUAGE=JP


f:id:tonogata:20151221235856p:plain:w400


スマホアプリはコチラ。


iPhone


Android
CheckMyTrip - Google Play の Android アプリ


「Check My Trip」で、何ができるか?


ANAとかタイ航空とかエアカナダとか、アマデウスを使っている航空会社で予約した際の「予約番号」を入力して旅程を表示したり、登録・保存することができる。
「予約番号」というのは、「12WAKZ」みたいな、英数字を組合せた6桁のコード。


「表示」だけで、座席指定とか食事指定はできない。
それらは、航空会社の公式HP側で行う必要がある。


また、フライトになんらかの変更があった場合に、スマホ上やメールでお知らせを送ってくる機能もある。
航空会社側のサービスにソレがない場合は、まぁ保険くらいにはなるかもしれない。


ということで、「Check My Trip」を使うメリットは・・・

  • 航空会社をまたいで、アプリで旅程を表示/保存したい
  • フライトの変更に関するお知らせを受けたい

ということかな?


個人的には、webがショボイ海外の航空会社とか、日系以外の特典航空券をとった時とか。
「ちゃんと予約されてるかな・・・」と不安な時に、アマデウス側で確認したりすることがある。
※やたらエラーを発する航空会社のwebサイトとか・・・


例えば、空港でラウンジにいた時に、出発時間が10分遅延するとメールがきた。


f:id:tonogata:20160110191714p:plain:w400


こうゆうのは、地味にありがたい。
航空会社側でメールが来る場合はそっち経由でいいが、そういうサービスがない?場合もあるので。


ちなみに、「Check My Trip」には以下のような制限事項もあるので注意。

私の旅程が変更されており、CheckMyTripで変更内容を確認できません
Amadeus予約システムで処理される予約(Amadeusを使用する旅行会社または航空会社)では、これらはCheckMyTrip内で自動的に更新されます。
Amadeus以外のシステム/プロバイダーが処理した予約については、更新は届きません。
したがって、trips@checkmytrip.comの変更を含む予約確認eメールの更新を送信する必要があります。


まぁ、大抵の変更は反映されるのかな、と。



特典航空券における「予約番号」


例えば、UAやアエロプランのマイルで、ANAの特典航空券をとった場合。
つまり、予約申請した会社と、運行会社が違う場合。


この場合、UAやアエロプランからもらった「予約番号」では、(たぶん)アマデウスがみれなかった。


UAやアエロプランもアマデウスを使っているが、そーゆーことではなく。
運航側、この場合でいうとANA側の「予約番号」が必要っぽい。
経験上。
実際のところは知らない。


とりあえず、そーゆー場合。
Eチケット(pdfとかメールとか)に記載のある、Eチケット番号(TicketNumber)で、ANAのHPからANA側の予約番号を検索する。


↓ANA側での予約番号照会
https://aswbe-i.ana.co.jp/international_asw/pages/servicing/reservation_confirm/login_search.xhtml?CONNECTION_KIND=JPN&LANG=ja
※「航空券番号」の方にチェックを入れる
※ちなみに、他社特典航空券でも↑画面でANA便の「座席指定」などが可能


「航空券番号」から「予約番号」を探す、という。


ちょっと関係ないが、似たような話。
1年前の話なので今もそうか分からないが、ユナイテッド航空からANA国内線を予約した際の話は以下。


www.bousaid.com
※確か、国内線なのに国際線側で検索する必要があった



なぜアマデウスは「Check My Trip」を作ったのか?


なぜ個人ユーザー向けに「Check My Trip」があるのか?
個人的にちょっと疑問だったんだけど。


以下の動画(アマデウス公式のサービス紹介動画)をみていて、なんとなく理解した。


www.youtube.com


これは、旅行代理店向けの紹介動画らしい。

  1. 多くの航空会社はアマデウス(アルテア)を使っている
  2. 御社(旅行代理店)もアマデウス(アルテア)を使えば、こんなメリットがある
    1. ユーザーの望むチケットを正しい金額で迅速に確保できる
    2. ユーザーのマイル番号から顧客情報を参照して、暗黙のニーズに対応できる(ベジタリアンミールをいつも希望しているとか)
    3. ユーザーに「Check My Trip」のURLを渡せば、ユーザーはいつでも最新の情報をチェックできる
  3. これらのメリットの源泉はなにか?
    1. 航空会社&御社(旅行代理店)&ユーザーが、同じシステム(アマデウス)を参照しているから
    2. それを参照するための「予約番号」も同じだから、3者間の意思疎通も完璧


最終顧客への利便性も提供することで、システム導入の付加価値にしているんですね。
なるほどねぇ。。。


そんな感じ。


旅行用アプリ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥