読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

遂に出たスリムな「地球の歩き方 Plat」が、短期の海外旅行にオススメ

ガイドブック 地球の歩き方

2015/12に、新しい「地球の歩き方」シリーズのガイドブックが出ていた。
「ちょうどいい地球の歩き方」と冠して、その名も「地球の歩き方 Plat」。
短期の旅行や出張に「ちょうどいい地球の歩き方」新・旅行ガイドブックシリーズ『地球の歩き方 Plat(ぷらっと)』登場!|株式会社 ダイヤモンド・ビッグ社のプレスリリース


公式サイトはコチラ。
Plat[ぷらっと]とは?about | 地球の歩き方Plat[ぷらっと]
f:id:tonogata:20160830014119j:plain:w300


おぉ。
やっと「地球の歩き方」的なモノで、小さめのガイドブックがでたか、と。
最近、ガイドブックもコンパクト化が流行しており、「地球の歩き方」の薄めのヤツも欲しかったのよね。


www.bousaid.com


ただ、「Plat」はあくまで「地球の歩き方」とは別モノなので、「まっぷるmini」や「ちいサイズ」(るるぶ)のような「縮小版」ではない。
短期旅行向けに、分量もコンパクトとなって、コンセプトやレイアウトも全然異なる。


今まで、「地球の歩き方」的なコンパクト本でいうと、女子旅向けの「地球の歩き方 aruco」しかなかった。
当方、女子ではないんだけど、読みやすかったので結構使ってたのよね。


23 地球の歩き方 aruco バンコク 2015?2016 (地球の歩き方aruco)

23 地球の歩き方 aruco バンコク 2015?2016 (地球の歩き方aruco)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2015/07/04
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


「地球の歩き方」とか「まっぷる」「るるぶ」も買うけど、渡航の際に持って行くコンパクトなのが欲しい。
電子書籍とは別に、手すさびでペラペラできる、紙本で。
※「地球の歩き方」も電子書籍は出ている


最近2冊ほど「地球の歩き方 Plat」を買って、使ってみた感じでは、、、
今後は、渡航用にはコレでいけそうだ、という感触を得た。


自分が買ったのは、ニューヨーク版と、バンコク版。


09 地球の歩き方 Plat バンコク (地球の歩き方ぷらっと9)

09 地球の歩き方 Plat バンコク (地球の歩き方ぷらっと9)

  • 作者: 地球の歩き方編集室
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド・ビッグ社
  • 発売日: 2016/07/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る


「地球の歩き方 Plat」のコンセプトは、以下。

  • 短期滞在でも体験したい観光地の価値ある物件や魅力をTO DO LISTで紹介
  • 見どころを「図解」や「ランキング」などの手法でわかりやすく紹介
  • 見学や散策に要する時間がわかり、効率的に回れる散策ルートを紹介
  • 見る・買う・食べる・遊ぶをバランスよく提案
  • 地図綴じ込みのコンパクトサイズなので携帯しやすい


自分が実際に使った感想としては、

  • よく整理され、抑制の効いたレイアウト、図解や地図も多めで分かりやすい
  • 「地球の歩き方」らしく、how toもあって実用的

の2点かな。


「Plat」も、前半は現地メシとかスイーツの美麗な写真で、ガンガン旅への欲求を訴えかけてくる。
言わば、まっぷる/るるぶモード。


それが後半のエリア紹介コーナーになると、賢者モードに突入。
1エリアを2ページで紹介すべく、観光スポットを格子状カラムに整理し、きっちりまとめあげてくる。


そして最後は「地球の歩き方」らしく、「旅の基本情報」。
交通機関の使い方、通貨の基本、空港情報。


バランスがいい。


そして、要所要所で図解、イラスト、地図。
特に大規模施設の、建物構内図。
分かりやすい。


あと、「ニューヨーク スーパーのレジの並び方・デリでの注文方法」とか「タイ トゥクトゥクの乗り方」とか。
ハウツーがうれしいね。
「メークローン線の時刻表」とかは、ちょっと驚いた。


ということで・・・


「地球の歩き方 Plat」は、かなり良かった。
発行は「ニューヨーク」とか「バンコク」とかの都市単位なので、短期旅行で「1都市のみ」とかの場合、コンパクトで良いかと思います。


今後、海外についてはこれをメインで使っていこうかな、と。


そう思いました。


ガイドブック カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥