あそびーち

あれは確かに南国ビーチだった。水族館「うみたまご」の人工ビーチ「あそびーち」。

あそびーち

人工ビーチ「あそびーち」(うみたまご)

コロナの影響もあって、久しくビーチリゾートに行ってないよなぁ。
今年もそろそろ夏が終わっちゃうけど。

最後にビーチに行ったの、いつだっけ。
11月にカンクン、1月にフーコック島・・・

2月に「あそびーち」。

あそびーち
あそびーち

ふと思い出したのが、2月に行った大分県の「あそびーち」。
おぉ、俺氏。
思いのほか、「あそびーち」もビーチにカウントしてた。

「あそびーち」は、水族館「うみたまご」(大分マリーンパレス水族館)にある人工ビーチである。
水族館「うみたまご」 あそびーち

ビーチと言っても、めちゃくちゃ小さい。
「屋外にある水族館の一部」としてのビーチなので、泳いで遊ぶとか、そういうトコロではない。(膝までは入ってよい)
水族館鑑賞の途中で、座って休憩したり、あそびーち内にいる生き物を鑑賞したりできる。

あそびーちの全景
https://www.umitamago.jp/asobeach

しかし、きめ細かい天然のサンゴ砂の見た目は、まさにビーチ。
ヤシの木や、いかにも海岸にある風の岩もある。
海を演出した造波プールの、波音も聞こえる。

水槽以外の照明を落した、暗い水族館から屋外に出て・・・
久々に眩しい、明るい陽光。
輝くサンゴ砂、聞こえてくる波音。

「あぁ、これはまさしくビーチだな」と思った。
しかも「すごく、いいビーチじゃないか」と。

まぁ、本物のビーチじゃないんだけどね。
よくある南国風の音楽が流れていて、まさしく南国感を醸し出しているんだが、あんな音楽を実際に流してるビーチはないような・・・(国内だとあるのか?)。

あと、イルカが泳いでいる。
イルカに触ることもできる。

あそびーちのイルカ
https://www.umitamago.jp/asobeach

子供がイルカに触ってみることができる、みたいな。
そーゆー水族館の体験施設的なトコロですね。

個人的には、水族館巡りの途中で休憩に寄ったワケですが、想定以上に「いい感じ」の南国気分を味わえて、良かったです。
短い滞在だったけど、なんか「ビーチに行った」として記憶しちゃってますしね。これをビーチと言っていいか分かんないけど。
とにかく良かったです。

水族館「うみたまご」で魚を眺める

ついでに、本体である水族館「うみたまご」の写真をアップしておく。
今年の2月に言ってきた時の写真です。

うみたまご
うみたまご

料金は大人2300円、子供1150円。
(あそびーちにも、もちろん入れる)
大分駅からも割と近いので、県外から旅行者でもアクセスしやすい。

「うみたまご」に入ると、早速水槽がたくさんある。
回遊用の水槽が、大きかった。

大回遊水槽
大回遊水槽

サメやエイが、ぐるぐる回遊してます。

サメやエイ
サメやエイ

そういや昔スキューバをやった際には、海中の魚群に感動したこともあったっけ。

魚群
魚群

めっちゃ小さいカニがいた。
(エメラルドグリーンクラブ)

エメラルドグリーンクラブ
エメラルドグリーンクラブ

定番のクラゲ。
色んな色でライティングされてた。

クラゲ
クラゲ

海中トンネル。
下から魚を眺められる。

トンネル
トンネル

自分は特別に水族館好きってワケでもないんですが、デカい水槽がたくさんあって雄大な光景だったり、あとサンゴが鑑賞できたり、色々良かったです。

ちなみに、「うみたまご」の隣には猿山「高崎山自然動物園」がある。
ある意味、そっちもかなり面白い。
たくさん猿がいる自然公園ですね。
旅行で訪問する際には、「うみたまご」とセットで行くのがいいと思います。

ほい。
そんな感じ。