Flashのサポート終了メッセージ

ブラウザでFlashを簡単に見る方法(Firefox・Flash Player 2021)

Flashのサポート終了メッセージ

ブラウザでFlashを見る

ネットコンテンツで一時代を築いたFlashだが、現在はすでにサポート終了。
現在ではFlashコンテンツを表示することは、基本的に難しい。
Adobe Flash Playerサポート終了情報ページ

Flashのサポート終了メッセージ

たまに、昔作られたWEBページにFlashが使われていると、その部分が表示されず困ってしまうわけだが、そんな時のためにオープンソースのFlashエミュレーター「Ruffle」が有志によって開発されている。
Ruffle emulator

ただ「Ruffle」を使うのは、ちょっとした手間が必要。

そこでネットを探していたら、Ruffleを使ったFirefoxプラグインがあり、それを使うと過去にそうであったように、ブラウザでFlashコンテンツを簡単に表示できた。

ここでは、その内容について。
※スマホでなく、パソコン向けの話です

Firefoxで「Flash Player 2021」を使う

まずはブラウザ「Firefox」が必要なので、それをダウンロードする。
デスクトップ用 Firefox

次に、Firefoxでプラグイン「Flash Player 2021」のページを開き、「Firefoxへ追加」を押す。
「Flash Player 2021」はRuffleを使ったプラグインで、これがあるとFlashを表示できるようになる。
プラグイン「Flash Player 2021」

Flash Player 2021

すると以下のような許可設定のメッセージが表示されるが、そのまま「追加」を押す。

Flash Player 2021の権限設定

ちなみに、ここで許可する「すべてのウェブサイトの保存されたデータへのアクセス」は、まさしくFirefoxで表示したり、Firefox上で入力するデータ全てに対して許可を与えるもの。
そのため、気になる場合はFlashを表示して用が済んだら、このプラグインを削除すればよいかと思います。
※プラグインの追加・削除は何度でも可能

インストール後にFlashを使っているWEBサイトを訪問すると、Flash部分に以下のような再生ボタンが表示される。

Flash表示前

これをクリックすると、無事にFlashが再生される。

なお、プラグインを削除する場合は、インストールした際と同じページで「削除」を選択するか・・・
プラグイン「Flash Player 2021」

URLバーに以下を打ち込んで「拡張機能の管理」ページから削除するか・・・
about:addons

ブラウザ右上にある「Flash Player 2021」アイコンを右クリックして、削除を選択するか。

なお制限事項として、「Flash Player 2021」は「Ruffle」を使っており、「Ruffle」はaction script 3.0に対応していない。
そのため高度なゲームFlashなんかだと、「Flash Player 2021」では動かない場合がある。
WEBコンテンツとして表示されているような簡単なFlashであれば、ボタン操作も含めて対応している。

ほい。

そんな感じ。