中国南方航空のファーストクラス・ラウンジ

プライオリティパスで中国南方航空のファーストクラス・ラウンジが利用可能に

中国南方航空のファーストクラス・ラウンジ

プライオリティパスと中国南方航空が提携

プライオリティパス(PP)と中国南方航空が提携。
40以上ある中国南方航空の全てのラウンジを、プライオリティパスで利用できるようになるとのこと。

対象には、中国南方航空のファーストクラス/ビジネスクラス・ラウンジも含まれる。
これらのラウンジは、もともと中国南方航空のファーストクラス/ビジネスクラス利用客と中国南方航空プラチナカード会員にしか開放していなかった。

中国南方航空のファーストクラス・ラウンジ
https://www.prioritypass.com/ja/lounges/china/guangzhou-baiyun-international/can23-china-southern-firstbusiness-class-lounge

中国南方航空のラウンジ一覧はこちら。
https://www.csair.com/en/tourguide/airport_service/priority_pass/domestic/

中国の会社なので、基本は中国国内のラウンジがメイン。
ただし下記のように、少しだけ海外にもラウンジあり。

  • トルコ イスタンブール空港(Istanbul Airport)
  • 韓国 仁川国際空港(Incheon Airport)
  • 韓国 釜山・金海国際空港(Busan Gimhae International)
  • 韓国 清州国際空港(Cheongju Airport)
  • 韓国 大邱国際空港(Daegu International Airport)
  • 韓国 済州国際空港(Jeju International Airport)

中国以外だと、韓国が多めですね。

いずれにせよ、PPに対して「全てのラウンジを開放する」というのは、だいぶ思い切った提携だな、と。

日本で言うと、ANAラウンジなんかも一部はPPに対応している。
ただ羽田・成田のみが対象で、全てのラウンジってワケではない。

なおプライオリティパスは、2021年7月にPlazaPremiumラウンジが抜けて、対応ラウンジ数がグッと減った。
今は、その補填として色んな会社に声をかけているんだと思われる。

本件以外の動きとしては、プライオリティパス(Collinson)は6月にNo1ラウンジを買収している。
これによってイギリスに9軒のあるNo1ラウンジを、プライオリティパスで使えるようになるとのこと。

Collinson has announced that all Priority Pass Members will regain access to No1 Lounges in the UK. The lounges will be accessible to Members on a walk-in basis, without the need to pre-book.  

Nine No1 Lounges will be joining Priority Pass across London Heathrow, London Gatwick and Birmingham airports. The UK No1 Lounges will re-join the network later this year

Collinson’s Priority Pass Members to Regain Access to No1 Lounges

ほい。

そんな感じ。