中国ラオス鉄道 路線図

中国ラオス鉄道の開通でタイ・ラオス・中国の鉄道旅行がどう変わるか

中国ラオス鉄道 路線図

中国ラオス鉄道は2021年12月に開通

2021年12月、中国ラオス鉄道が一部開通する。
中国ラオス鉄道(wiki)

中国とラオスを結ぶ建設ルートの中で、今回開通するのはラオス国内部分のみ。
ラオス首都ビエンチャンから、中国寄り国境の町ボーデンまでが運行を開始する。

中国「一帯一路」を旗印に、中国7:ラオス3の費用負担で整備された「中国ラオス鉄道」。
ラオスの借金が心配ですね。

中国製の高速鉄道車両も、すでにラオス・ビエンチャン駅に配備済み。
(動画)Laos takes delivery of train as new China-funded Belt and Road railway nears completion

中国ラオス鉄道 車両

ラオス首都ビエンチャンには、大きな駅が新しく建設された。

中国ラオス鉄道 ビエンチャン駅

新しく作ったトンネルの数も相当な数となり、建設は難航したようです。

中国ラオス鉄道 トンネル

アジアの路線図はどう変わるか

中国ラオス鉄道は、計画としてはビエンチャン(ラオス)から昆明(中国)を結ぶもの。
今回運航開始するのは、ラオスのビエンチャン駅からボーテン駅まで。

中国ラオス鉄道 路線図
aseanbriefing.com

将来的には、タイ・バンコクまで延伸の計画がある。
ただ現時点でもバンコクからの鉄道は、ノンカイ(タイ)とタナーレーン(ラオス)でイミグレ(いったん下車)を経由、ビエンチャンまで線路が続いている。
自分も昔、そのルートでバンコクからビエンチャンに行ったことがあります。
ターナレーン駅

そのため今回の「中国ラオス鉄道」開通では、バンコクからルアンパバーン(世界遺産)・バンビエン(観光地)なんかへの鉄道アクセスが良くなる感じですね。
※バンビエンも駅が用意されている

昆明(中国)は、飛行機でも鉄道でもアクセスできる。
今は香港-昆明も高速鉄道で繋がっているようです。

中国鉄道 路線図
中華人民共和国の高速鉄道

そうなってくると、香港-昆明(中国)-ラオス-タイを高速鉄道で移動できるようになりそう。

あと、↑見てて思ったんですが、今は大理とか麗江も鉄道で繋がってるんですね。。。

びっくり。

ほい。

そんな感じ。