全国旅行支援 2023年版

全国旅行支援の年内延長と2023年の実施が決定(2023年は制度変更あり)

全国旅行支援 2023年版

全国旅行支援の延長と2023年実施内容

全国旅行支援の年内延長と、来年(2023年)の実施が確定。
観光庁 年明け以降の観光需要喚起策の実施について
国土交通省 年明け以降の観光需要喚起策について

全国旅行支援 2023年版

サマリーは以下の通り。

  • 全国旅行支援は12月20日まで
    • 同内容で12月27日までに延長決定
  • 2023年の実施も決定
    • 割引率が40%から20%にダウンなど、制度変更あり

来年の実施については、割引率が20%に下がり、クーポンも少し減額。

全国旅行支援2022年12月27日まで
※12月20日から延長
2023年1月10日以降
割引率40%20%
割引上限宿泊のみ:5,000円/泊
ツアー:8,000円/泊
宿泊のみ:3,000円/泊
ツアー:5,000円/泊
クーポン平日:3,000円
土日:1,000円
※紙 or 電子クーポン
平日:2,000円
土日:1,000円
※原則電子クーポン

そうですね~。

20%ですか~。

なかなかアレですかね・・・。

チャームポイントは、平日クーポンのみ減額されてるトコですかね。
平日に分散したかったのと、ちゃうのん?
※これは後述

※2022年12月17日追記
1月以降分については、既存予約への「後から適用不可」とのこと

なお、年内期間延長・来年の実施の両方とも、各都道府県・各OTAの準備が整い次第で開始。
一応「年明けから開始」なので、1月には始まるものと思います。

「じゃらん」は、後から適用可(ツアーは不可)

すでに成立済みのじゃらん国内宿・ホテルの会員予約においては、予約期間や割引対象額などの利用条件を満たす場合に限り、延長対応後に予約変更操作でクーポンの利用が可能です。
また、成立済みじゃらんパック予約のうち、JALじゃらんパック、ANAじゃらんパックについては、全国旅行支援は適用いただけません。
赤い風船JRじゃらんパックについては、現時点で未定です。

全国旅行支援の年内延長・年明け以降の実施について(じゃらん国内宿・ホテル、じゃらんパック)

「楽天トラベル」は、「後から適用」は不明。
ただ、いつもイケてるので宿泊系は大丈夫な気がします。

政府より全国旅行支援の実施期間が12月27日宿泊分(12月28日チェックアウト分)までと発表されましたが、対象都道府県については、準備が整い次第、順次お知らせいたします。

全国旅行支援の期間延長について

「JTB」は、年内宿泊分は「後から適用」不可。
来年分については、未定。

すでにご予約いただいているお客様:《現在のご予約に全国旅行支援の割引は適用できません
「全国旅行支援」の利用をご希望される場合は、現在ご予約の旅行をお取り消しいただき、あらためてご予約をお取り直しいただく必要がありますが、予約開始時期や条件につきましては、当社の準備ができ次第、本サイト内でご案内いたしますので、少々お待ちください。

【重要】現在実施中の「観光需要喚起策」について

Yahooトラベル・一休は、対応が遅かったりするので、ちょっとリスキーかと思います。

「平日にもう一泊」キャンペーン

全国旅行支援では平日クーポンのみ減額されていたが・・・
別途「平日にもう1泊キャンペーン」を実施するとのこと。

公式サイトはこちら。
平日にもう1泊キャンペーン

「全国旅行支援」を旅行需要の平日への分散を推進する機会と捉え、​観光関連事業者(旅行事業者、宿泊事業者、交通事業者)と連携して、​観光産業の活性化及び地域活性化を図るためのキャンペーンです。

特典内容的には、ホテル・施設により異なる。
サンプルを挙げると、以下のような内容。

  • 平日なら宿代1000円割引プラン
  • 平日ならレイトチェックアウト
  • 平日なら館内利用券が500円分
  • 平日ならオリジナル・アイテムをプレゼント

上記のような内容が一つだけ、各ホテル・施設で設定されている。

まぁ、あんま、アレですかね。

ほい。

そんな感じ。