江山楼 特上ちゃんぽん

四海楼「ちゃんぽん」を発ち、「オランダ坂」を上りて「みさき道」を下り、江山楼「特上ちゃんぽん」に至る

江山楼 特上ちゃんぽん

ちゃんぽん発祥「四海楼」

長崎ちゃんぽん発祥の店と言われる「四海楼」。
四海楼(食べログ)

お店はグラバー園の近く、IHGクラウンプラザ長崎の向かいにあった。
大きな建物でビビったが、レストランは5階のみ。
1階には土産物屋、2階は「ちゃんぽんミュージアム」など、他の階には関連施設が入っている。

四海楼 外観

早速エレベーターで5階へ。
すると運良く、待ち時間なく入店できた。

せっかくの「ちゃんぽん発祥のお店」なので、ちゃんぽんを注文。
ちゃんぽん(1100円)、餃子(550円)。

四海楼 メニュー

こちらのお店は眺望も自慢らしく、壁は一面のガラス張り。

当方は店内真ん中のテーブルに案内されました。

四海楼 内観

東京では普段、ちゃんぽんは滅多に食わない。
食うのは、数年に1回くらいかな?

久しぶりに食ってみると、思いのほか「スープがさっぱり」していて美味しかった。
まろやかながらも、後味スッキリのスープ。

野菜も豊富だし、食い心地的には「太麺のスープパスタみたい」という所感。

四海楼 ちゃんぽん

ツルツルした麺は、かなり柔らかい。
たまに遭遇する具材タコ・エビの噛み心地がアクセント。
スープも麺も、チュルチュルと飲むようにイケちゃう。

そうか、これが「ちゃんぽん」か~、と再発見の心持ち。
いいね、ちゃんぽん。サッパリしてて、美味しいね。

餃子の方も、普通に美味かったですね。

四海楼 餃子

オランダ坂を上り、みさき道を下りて、中華街に至る

「四海楼」から徒歩5分ほどで、観光スポット「オランダ坂」
昔の外国人居住地に作られた、石畳の坂である。

オランダ坂

オランダ坂の周辺には、歴史的な建築スポットが点在している。

坂を上りきると「東山手十二番館」があった。
コロナ禍でクローズ中。

東山手十二番館 外観

更に進むと、中華街方面に下っていく細い路地があった。
狭い小道はキレイに整備されており、ベンチなども多数あり。

みさき道 オランダ坂側

ここは、「みさき道」というらしい。
地図:みさき道(オランダ坂側)

このあたりの「十人町」から28km(!!)も離れた野母崎の観音寺に参詣するための道とのこと。
野母崎の観音寺って、地図をみたらめっちゃ遠い。
地図:肥之御崎 観音寺

まじかー、そんな歩くかー、昔の人・・・という。

みさき道 道塚

家々の間を縫って、道は続く。

階段を降りながら・・・。

みさき道 猫たち

・・・。

ひょっこりはん。

猫 ひょっこりはん

みさき道の途中で、「ピエル・ロチ」の案内看板があった。
小説「お菊さん」の作者(フランス人)が、このあたりに住んでいたとのこと。
ちょっとした観光スポットなんですな。

ピエルロチの寓居

このピエルロチの看板は、オランダ坂から「みさき道」を3分2ほど進んだところにある。

よく整備された細い路地を下っていくと、唐人屋敷跡の辺りに出る。

みさき道 ピエルロチ

ルート的には、こんか感じですね。
オランダ坂唐人屋敷跡(紫線)

みさき道 地図

この辺りは「十人町」という住所のようです。
野母を遠見する番所で10人が詰めていた由来とのこと。

■古道(ふるみち)町/その名の通り、江戸時代、長崎の十人町を起点に野母崎の脇岬にある観音禅寺へと続く“御崎道(みさきみち)”が通っていたことに由来する町名。当時は、長崎の商人や遊女など、多くの人々が“みさきの観音様”を信仰していたため、参拝者が行き交う長い長い参道が設けられたのだ。
■十人(じゅうにん)町/また、十人町の町名は、野母遠見番所で働く遠見番10人の官舎が置かれていたことに由来する。

長崎の町名なるほど大辞典

「みさき道」の終点から長崎新地中華街は、徒歩3分ほど。

長崎新地中華街 入口

江山楼「特上ちゃんぽん」

別日だが、その長崎新地中華街でちゃんぽんを食った。

江山楼という有名なお店だが、中華街に本店と新館があり、現在はコロナ禍で新館のみ営業中。
そのため、今回は新館の方に伺った。

メニューはこちら。

江山楼 メニュー

「特上ちゃんぽん」(2310円)に星がついており、オススメらしい。
なかなかのお値段しますね。

ただまぁ、せっかくなので「特上」をいただくことにした。

江山楼 新館 内観

特上ちゃんぽんは、フカヒレがのっている。
コヤツが高単価の要因でしょうか?(笑)

江山楼 特上ちゃんぽん

価格のことをいったん置いとくと・・・

このちゃんぽんはメチャクチャ美味かった!!

なによりも、具だくさん。
圧倒的に具の種類が多く、1つ1つの具がコレまた美味しい。
素材の味もするし、スープの味も染み込んでる。

スープはクリーミーかつ濃厚な鶏ガラ・スープ。
出汁と塩っ気が効いてて、四海楼のような「さっぱりスープパスタ感」はなく、濃厚なラーメンに近い感触。
ラーメンとは異なるモチモチした麺も、いいですね~。

食い終わってみると、超満足な逸品なのでした。
これは次に長崎を再訪した際も、是非また食いたい。

さすが、さだまさしが行きつけにしてイメージソングを提供する店のちゃんぽんだな、と思いました。
江山楼 イメージソング「秘伝」

ほい。

そんな感じ。

>「印象に残った記事」投票

「印象に残った記事」投票

10周年記念「印象に残った記事」投票ボタンを設置しました