長崎ホテル清風 露天風呂からの長崎夜景の眺め

大江戸温泉「長崎ホテル清風」、日本三大夜景の長崎を眺める屋上露天風呂。山の上から更なる高みへ11階

長崎ホテル清風 露天風呂からの長崎夜景の眺め

大江戸温泉「長崎ホテル清風」

長崎にて、大江戸温泉「長崎ホテル清風」に宿泊した。
大江戸温泉物語 長崎ホテル清風

長崎ホテル清風 フロント

こちらは、2016年に旧「長崎ホテル清風」を大江戸温泉物語グループが買収したホテル。
大分の「別府ホテル清風」も同時に買収し、現在は大江戸温泉物語となっている。
※ちなみに「清風」の両ホテルでは、「日帰り入浴」は受け付けていない

「長崎ホテル清風」は、長崎夜景で有名な稲佐山の中腹に位置する。
JR長崎駅からは、車・無料送迎バスで10分の距離。

建物の最上階には露天風呂を備え、そこから長崎夜景が一望できるという。

長崎ホテル清風 外観

自分が好きなタイプの宿だ。
風が通る「ビル屋上の露天風呂」から、「都市夜景」が眺められる。
しかも今回は、かの有名な「長崎夜景」。楽しみです。

それでは早速、レッツらゴー!!

高さ11階の屋上露天風呂から長崎夜景

露天風呂からの夜景については、公式HPの画像でいうと以下のような感じ。

長崎ホテル清風 露天風呂からの長崎夜景の眺め

夜景眺望で有名な稲佐山の中腹に位置し、更にそこから高さ11階の最上階である。
眺め良し、風よし、素晴らしいの一言。超高クオリティ。

ハード面では、まず前面は遮るものなし、北東の壁もなし、天井なし。最高な開放感。
周囲に高い建物がない状態でこれだけ壁ナシ開放されてると、風がヤバイくらいに気持ちいい。

素っ裸で露天風呂に向かうと、高高度の冷たい風の洗礼を受け、思わず漫画でしか見たことない「うっひょ~!!」というセリフを口走ってしまった。
そこからの、露天風呂へドボンっ!!である。

大きさも申し分なし。かなり広い。
横に長く、10人くらいは寝湯で夜景を眺められる。

夜景については、浦上川の向こうに広がる長崎市街地が一望できる。
JR長崎駅や、その近くにあるヒルトン長崎の看板が視認できる。
湾内をゆっくり行き来する船の灯りも、汽笛の響きも、素晴らしい。

ただし夜景の光量は思ったより控えめで、これはコロナ禍が関係しているかもしれない。
またホテルの麓に広がるのは住宅街で、街灯以外に光もなくひっそりとしている。
個人的には近距離の都市夜景が好みだが、こちらの宿は遠距離夜景が専門という感じかな。

いずれにせよ、個人的にはかなり気に入った。最高です。
冬の露天風呂は、ヤバイですよ。この開放感、この夜景、この風!!

ただし、こちらの風呂、超重要な制限事項もある。

風呂は「男女入れ替え制」なので注意

「長崎ホテル清風」には風呂が2つあり、男女入れ替え制。

風呂利用時間
11階 15:00~20:00(男性)
20:30~24:00(女性)
5:00~9:30(男性)
3階15:00~20:00(女性)
20:30~24:00(男性)
5:00~9:30(女性)

上記で紹介したのは「11階」の露天風呂。
その11階の風呂を使える時間帯は、限られている。

3階の風呂は、露天風呂・内風呂とも小さい。
内風呂=5人、露天風呂=3人といったところか。
また3階の露天風呂は植え込みなどもあり、湯船からの眺望はナシ。

長崎ホテル清風 11階と3階の風呂サイズ比較

3階はちょっと微妙だったので、基本的には11階の風呂を使った。

男性視点でいうと、夜と早朝の2回、夜景チャンスがあって良かった。
自分が行った時期は、日没=18時、日の出=7時。
特に朝5時に行くと真っ暗で、夜よりも光量は少ないものの、長崎夜景が楽しめる。

早朝の方が空いているし、風が冷たいし、やはり朝風呂が最高でしたね~。
夜より、早朝の方がオススメ。

長崎ホテル清風 風呂の時間割

なお、↑写真にあるように、時期によっては「豪華客船の出入港」も眺められる模様。
まぁコロナ禍だとクルーズ船も稼働してないと思うけど。

あとタイムスケジュールまわりでの留意事項は、夕食の時間。
こちらの宿は夕食のセット・プランが多いんだが、その夕食の時間は「17:30~20:30」となっている。
男性の「11階風呂タイム」とかぶっているので、注意が必要。

夕食(バイキング)

今回は朝・夕食付きのプランで泊まった。
自分は土日を絡めて1泊8000円(朝・夕食付き)だったので、かなり安いと思いました。

夕食は「17:30~20:30」。
広い会場での、バイキングとなる。

長崎ホテル清風 夕食会場 内観

品数は、かなり多い。

長崎名物のトルコライスだったり、刺身・寿司だったり・・・。

長崎ホテル清風 夕食バイキングの品々

(比較的)揚げたての天ぷら、オーダーメニューの料理。

長崎ホテル清風 夕食 天ぷら

長崎名物のレモンステーキは、ライブキッチンで提供される。
※調味牛脂を注入した加工肉

長崎ホテル清風 夕食 レモンステーキ

とにかく種類が多かった!

味の方は、まぁ、値段を考えると「そうだよね」という感。
モノによっては味的に「安さ」を感じる面も結構あったが、これだけ種類豊富ならコスパ的に大満足。
最高です。

なお、アルコールは有料(例:ハイボール500円)。
部屋番号を伝えて注文し、部屋付けで決済できる。

以下、自分がくった夕食の実例。
一晩につき2セット制で臨みました。

長崎ホテル清風 夕食 実例サンプル1

風呂上がりに、一杯やりながらバイキング。

最高でしたね~。

朝食(バイキング)

朝食は、夕食と同じ会場でバイキング。
メニューは結構夕食と違ってました。

朝食の目玉は「のっけ丼物語」
いいですね~。

長崎ホテル清風 朝食 のっけ丼

ただ、朝食の「料理長おすすめメニュー」は牛丼とのこと。
いいのか?それで(笑)

長崎ホテル清風 朝食 牛丼

あとは「あごだし茶漬け」や、ライブキッチンではパンケーキなど提供。
例によって、品数はかなり多かったと思います。

当方が食った朝食サンプル(2日分)は、以下。

長崎ホテル清風 朝食 実例サンプル

初日は久々のバイキング朝食で完全に舞い上がっており、「のっけ丼」と「牛丼」を一挙獲得。
食い過ぎた。
2日目はやや冷静さを取り戻し、野菜を意識しつつボリュームを抑えた編成を練っている。

こうして画像で振り返ると、「人の成長の過程」が可視化されてて、良いですね。
人間、1日1歩ずつでも、賢くならきゃいかん。

ちなみに「牛丼」は、かなり汁ダクだったが、味は普通だった。
美味かったのは「のっけ丼」や「アサリの酒蒸し」など。

部屋(シングルルーム)

今回泊まったのは、最も安いシングルルーム
眺望ナシ、エレベーターなし(1階分の階段移動)。

どんな感じかというと・・・

ホテルのロビー(3階)から階段を降りると、漫画棚のコーナーがある。
壁一面がグルッと漫画棚になっており、結構な冊数あり。

長崎ホテル清風 漫画棚

この漫画コーナーを抜けると、シングルルームの宿泊フロアになっている。
場合によっては部屋の入口がこの漫画コーナー自体に接しており、部屋の外から物音が聞こえてくるという制限事項あり。
自分の場合、漫画コーナーから更に通路で奥にはいったところにある部屋だったので、その点は問題なかった。

部屋の様子は、こんな感じ。

長崎ホテル清風 シングルルーム 内観

無料の水が2本、置いてあったのは嬉しかった。
あとフットマッサージ機もあり、風呂上がりに使用した。

長崎ホテル清風 部屋のアメニティ

残念ポイントもあった。

デスクはあるが、椅子の座面に変な角度がついており、パソコンで作業をするのが難しかった。
デスクの意味なし・・・。

あと一番のポイントは、WiFiがない点ですね。有線もないけど。
ネットはロビーでのみWiFiが飛んでる感じで、部屋ではWiFiなし(このフロアに限らず)。

携帯の電波は、普通に入る。

ホテル設備・アクセス

ホテルのロビーには多数の椅子あり。夜景を眺められる。
ちなみに漫画コーナーで借りた漫画は、このロビーで読む必要あり(部屋の持ち帰りNG)。

長崎ホテル清風 ロビー 内観

ロビーの奥には、売店。
その更に奥には、卓球コーナー・ダーツがある。

ホテルへのアクセスは、車・民間バス・無料送迎バス。

送迎バスは、だいたい30分間隔くらい。集合場所は公式サイトを参照。
ただし夜遅くはやってないので、注意。
長崎ホテル清風 アクセス

民間バスは、「水の浦高部バス停」で下車、徒歩1分。
長崎駅からは10分、160円の距離となる。

まとめ

屋上露天風呂のクオリティが超高い。
「男女入れ替え制」なので、振り切って風呂のタイムスケジュールに合わせた旅程とした。
夕方は早めに観光を切り上げて風呂へ、そのまま宿で夕食。
早めに寝て、早朝の朝風呂。

アクセスは不便、メシは普通。
「WiFiナシ」という微妙ポイントあるも、漫画コーナー・ダーツ・卓球で暇つぶしは良好。
トータルでみると、高コスパ。特にシングルルームに関して言うと、安い。

オススメ。

ほい。

そんな感じ。