屋台安兵衛 内観

寒い夜だから、高知名物の屋台餃子「屋台安兵衛」で飲み、「呑兵衛屋台」のしじみラーメンでシメるのだ

屋台安兵衛 内観

高知、寒い夜に

まだまだ寒さが残る3月、夜の高知を歩いていた。

夕飯が食いたいのだ。

「ひろめ市場」に行ってみると大盛況で、「ただいま満席です」の看板。

ひろめ市場 外観

試しに入ってみるも、やはり大混雑で無理そうだ。

くぅううう。

こんな寒い夜に。
なかなか晩飯にありつけないとは。

震える。

「そういえば高知は屋台餃子があるんだっけな」と思い出す。

気を取り直し、トボトボと歩き始めたのであった。

屋台餃子「屋台安兵衛」

スマホの地図を頼りに歩いてくと、屋台餃子があった。
暗闇の中にポツンと、駐車場のスペース?を使った赤い屋根の屋台。

屋台安兵衛 外観

こちらは高知名物の屋台餃子が食えるという、「屋台安兵衛」さん。
この行列、人気店なんですな~。
屋台安兵衛(食べログ)

東京だと恵比寿目黒という上品な街に店舗があるようだが、やはり屋台。
本家の屋台で、食ってみたい。

のぞいてみると、威勢のいい店員さんが掛け声をかけながら、ひたすら餃子を焼いている。
活気あり。

屋台安兵衛 内観

かなり長い列だが、やむなし。並ぼう。
このコロナ禍で休業中のお店も多いなか、これ以上歩き回ってもしょうがあるまい。

看板をみるに、少なくともこのお店は3時までやっているらしいし。

屋台安兵衛 看板

結局、45分ほど並ぶことになった。
屋台だけにサクッと順番がくるかと思いきや、意外とそうでもなかった・・・。

やっと順番がやってきたので、早速メニューにとりかかる。

屋台安兵衛 メニュー

並んでいるときに観察していたが、餃子は割と提供に時間がかかる模様。
調理時間は長くないが、何しろ提供も順番待ちなのだ。

餃子を注文しつつも、「スグに出せます」と記載のあった「おでんの盛り合わせ」(500円)とビール(600円)をいただく。

屋台安兵衛 おでんの盛り合わせ

おでんの「盛り合わせ」は、6品。
歯応えザクザクのじゃこ天、カラシをつけて食う大根・・・。
美味しい。

そして何より、あったかい~。
とりあえず「飢えと寒さ」から復旧した。

そして、ちょうど「おでん」を食い終えたところに、餃子が到着。

屋台安兵衛 屋台餃子

オーダーから提供に時間差がありそうなことから・・・

一挙に2人前を発注していた当方。

抜かりなし。

屋台安兵衛 餃子二人前

小ぶりな一口サイズの餃子。

皮が、パリッパリやね。
蒸した後、鉄のフライパンに油を投入して「焼き揚げる」という調理法らしい。

食べてみると、食感は「軽い」。
パリンと噛んだ皮の中に、フンワリ餡が入っており、肉と野菜のジュースが溢れ出す。

イイネ!!

イメージ的には「おっとっと」に近いエアリーな餃子で、パクパクいけちゃう。
これは美味い~。

「焼き揚げ」餃子というだけあって、普通の餃子と全然違うな。
ビールとの相性もよく、ペロリと2人前をいただけた。

これ、2人前を頼んで正解だった。。。

「呑兵衛屋台」のしじみラーメン

空腹にビールを投入したものだから・・・

フンワリいい気分。

夜空を眺めて思う。

「あぁ、月がキレイだ」

ラーメンを食おう。

呑兵衛屋台 外観

スマホの地図でラーメンを検索したら、近くに「しじみラーメン」で有名なお店があった。
呑兵衛屋台(食べログ)

店名に「屋台」の文字はあるが、普通の中華屋さんの店舗形式。

呑兵衛屋台 しじみラーメン

「しじみラーメン」(930円)。

具はしじみとネギのみ。
大量のしじみが入っている。

スープを飲むと、これ、堪りませんね。
結構スープに塩・胡椒が効いてて、ちょっと辛いくらい。
そこに滋味あふるる、オルニチン・パワー。

酔った頭で、しじみの身をポチポチと箸で剥がしては、食う。
噛むと弾けて、ジュワ~っと。
出汁となってスープに吸われても、まだこのエキス感!

プルプル震える箸つきで、ポチっては食い、ポチっては食い・・・。
もう夢中(笑)

これは、酔っ払いを夢中にさせる作業ですな。。。

美味しくいただけました。

ほい。

そんな感じ。