投信積立×楽天キャッシュ決済

楽天証券「楽天キャッシュ投信積立」開始と「楽天カード投信積立」還元率改悪のスケジュール整理

投信積立×楽天キャッシュ決済

楽天キャッシュでの投信積立が開始

楽天証券で、「楽天キャッシュ」での投信積立設定が開始した。
「楽天キャッシュ」は楽天経済圏で使える電子マネーで、(ポイントでなく)電子マネーで投信積立が可能になるのは国内初となるとのこと。

公式サイトはこちら。
投信積立×楽天キャッシュ決済

投信積立×楽天キャッシュ決済

7月12日までに楽天キャッシュでの積立設定をすると、8月買付分で楽天キャッシュによる積立が可能。
7月13日以降に積立設定した場合は、9月買付分からのスタートとなる。

楽天カードから楽天キャッシュにオートチャージし、その楽天キャッシュで積立が可能。
そのため「楽天カードでの積立に比べて手間がかかる」というようなことはない。

楽天証券が楽天キャッシュ投資のポイント還元を開始

個人的には「それなら楽天キャッシュを介さず、今まで通り楽天カードでの積立で良いんじゃ・・・」と思わなくもないが、楽天は楽天経済圏の要として「楽天キャッシュ」を強力に推進しており、「楽天キャッシュの流通量を増やしたい」とか、そういうことなんでしょうかね。
なんかこう、無駄に楽天キャッシュを介して積立投資をすることになるという・・・。

なお、楽天キャッシュによる積立は0.5%のポイント還元
ただし2022年12月まではキャンペーンで+0.5%還元、合計すると1%還元

現行の「楽天カードによる投信積立」は常時1%還元だったので、それに比べると改悪ですね。
楽天カードでの1%還元はもうすぐ終わっちゃうので、楽天証券の投信積立によるポイント還元は他社と比べても「同程度か低い」という感じになる。

楽天カードでの投信積立は9月から改悪

楽天キャッシュを使わない、「楽天カードによる投信積立」におけるポイント還元は、現在は1%。
ただし9月買付分からは還元率が変更、手数料の高いアクティブファンド以外は0.2%還元となる。

楽天カード 投信積立 ポイント還元率の変更
  • 手数料が年率0.4%未満のファンド・・・0.2%還元
  • 手数料が年率0.4%以上のファンド・・・1%還元

還元率が0.2%となるファンドのリストは、以下を参照。
楽天カードクレジット決済でのポイント還元率が0.2%となる対象ファンド一覧

まぁ、ほとんど0.2%還元になると思います。

0.2%還元になる前に積立設定を解除するか、楽天キャッシュでの積立に切り換える場合、8月12日までに楽天証券で設定変更をする必要がある。

楽天キャッシュ投信積立は2022年12月まではキャンペーンで1%還元なので、とりあえず楽天キャッシュに変更するのがいいかもしれない。

さっき楽天証券の投信積立設定の画面をみてみがが、楽天クレカ積立→楽天キャッシュ積立の変更が簡単にできるようになってました。
設定変更は簡単にできると思います。

いつまでに、何をするべきか

いろいろ日付まわりが込みいってきたので、整理したいと思います。
いつまでに、なにをするべきか。

楽天証券の挙動としては、以下の通り。

  • 毎月12日が変更・解除の申し込み締め切り日
  • 12日までに設定した内容で、翌月の買付が実行される
楽天証券 ポイント還元率変更スケジュール
  • 楽天キャッシュ(キャンペーンで1%還元)で初回から積立したい場合
    • 7月12日までに積立設定完了すること
  • 楽天クレカの還元率が0.2%になる前に撤退 or 楽天キャッシュに変更したい場合
    • 8月12日までに積立解除 or 引き落とし方法変更の設定完了すること
  • 楽天キャッシュの還元率が0.5%になったら撤退したい場合
    • 12月12日まで積立解除の設定完了すること

なお、8月買付分については、「楽天キャッシュ」(1%還元)と「楽天クレカ」(1%還元)の両取りが可能。
その場合は、上述の通り7月12日までに楽天キャッシュでの積立設定を完了している必要あり。

まとめ

楽天証券が1%還元ではなくなるワケですが、まぁ一応、ワンチャンで「+0.5%のキャンペーンが常態化して1%還元が続く」という可能性はゼロではないかなと思います。

ただ最近だと「SBI証券」(NLゴールドで1%還元)や「マネックス証券」(マネックスカードで1.1%還元)もあるので、0.5%ってどうなんだろうなぁ、と。

個人的には、どうするか検討中。。。

ほい。

そんな感じ。