内閣官房 羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者を対象としたモニタリング検査

沖縄・北海道への旅行者はPCR検査が無料に(7月20日~8月31日搭乗分)

内閣官房 羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者を対象としたモニタリング検査

PCR検査が無料に

内閣官房からのお知らせで、指定期間に沖縄・北海道に飛行機で旅行する場合、PCR検査が無料で受けられるとのこと。
ANAからも、その内容のお知らせが出ている。
内閣官房 羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者を対象としたモニタリング検査

内閣官房 羽田空港等から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便の搭乗者を対象としたモニタリング検査
対象路線羽田/成田/伊丹/関西/福岡空港から北海道・沖縄県内の空港へ向かう便
対象期間7月20日~8月31日搭乗分
料金搭乗券や予約メールを見せれば無料で検査可能


出発前の空港で受ける場合は、30分で結果が分かる「クイック検査」(抗原定量検査)。
事前に検査を受ける場合は、翌日に検査結果が分かるPCR検査(出発の2日前まで)。

出発当日の空港クイック検査(抗原定量検査)
※30分で結果が分かる
出発の2日前までPCR検査
※翌日に結果をメールで通知

検査会社は「木下グループ新型コロナPCR検査センター」で、街中にも店舗あり。
検査方法としては唾液を使用。

自分で来店検査をする場合は2300円のところ、飛行機の予約メールをみせれば無料で受けられる感じですね。

ちなみに結果が「陽性疑い」であった場合、搭乗できない。

結果が陽性疑いであった場合、搭乗はできません。
ご家族など濃厚接触の疑いがある方の搭乗もご遠慮いただきます。
搭乗キャンセルに伴う費用が発生する場合は原則搭乗者負担となります。

そのほか

本件は北海道・沖縄に行く場合の無料措置だが、そうでない場合は航空会社の実施しているPCR検査サービスもある。
有料ながら、特別価格で提供されている形。

ANA PCR検査サービスの紹介

JAL あんしんPCRサポート

関係ないけど、タイのプーケット・サンドボックスとかサムイ・プラスをみていると、ワクチン接種の証明書をみせた上でも、現地でPCR検査をしなきゃいけないルールだったりするので、今後もPCR検査という座組は続いていくんだろうなぁ、という。

あんま精度が良くないイメージだが、そういうスペックもどんどん上がっていくと良いんでしょうけどね。。。

ほい。

そんな感じ。