芦ノ湖 真田浜

箱根「芦ノ湖西岸コース」を歩き、秘境ビーチのような「真田浜」で弁当を食べる

芦ノ湖 真田浜

芦ノ湖西岸コース

箱根で「芦ノ湖西岸コース」を歩いた。
芦ノ湖の沿岸をグルッと半周するトレッキング・コースである。

行程は11.5km、約4時間のウォーキングとなる。
箱根 芦ノ湖西岸コース

箱根 芦ノ湖西岸コース

出発地点は箱根ロープウェイの桃源台駅。

ロープウェイでアクセスできる他、路線バスも発着している。

箱根ロープウェイの桃源台駅

桃源台駅から芦ノ湖の湖畔の道をスタート。

「Fun Space芦ノ湖キャンプ村」を抜けて、歩いていく。

Fun Space芦ノ湖キャンプ村

ルートは簡単で、芦ノ湖をグルッと回るだけ。

湖畔の道を進めば良いだけなので、難しくない。

芦ノ湖

途中から、木々に阻まれて芦ノ湖の姿がダイレクトには見えなくなる。

ただまぁ瑞々しい雰囲気はあり、やはり湖畔の道を歩くのは気分がよい。

芦ノ湖 湖畔の道

山に分け入ったような、木々の道も行く。

全般的に、日陰が多く涼しいので非常に歩きやすい。

芦ノ湖 樹林の道

時には、一歩踏み外すと芦ノ湖に落ちちゃいそうな険しい道もあるので、靴はしっかりしたのが必要。

また藪を突っ切って進むシーンもあり、アウトドア用の上着も必要。

芦ノ湖 藪の道

全般的に「湖畔の遊歩道」というより、普通に山道のような装備が必要と思った方がよい。

途中で一カ所だけ、通行止めの場所があった。

ただし迂回路は用意されており、問題なく先に進めた。

芦ノ湖 歩行者 迂回路

まるで秘境ビーチの「真田浜」

ルートは少し山側に入る形となるので、途中からは芦ノ湖の姿がみれなくなる。

ただ2カ所だけ「浜」があり、そこでは芦ノ湖に降りて休憩することができる。

1つめは、ルートのちょうど中間にある「真田浜」
GPS機能付きの地図アプリをチェックしとかないと、浜に降りるポイントに気付かず通り過ぎてしまうので注意。
芦ノ湖 真田浜

こちらは徒歩でしかアクセスできないので、人がほとんどいない。

芦ノ湖 真田浜

小さな「波」が絶えず打ち寄せており、波の音もある。

ちょっとした秘境ビーチのような様相。

芦ノ湖 真田浜 波打ち際

波の音を聞いていると、ちょっと不思議な気分。

「なんかコレ、ビーチだよなぁ」という。

この日はランチ用に、小田原駅で駅弁「鯛めし」を買ってきていた。

小田原 駅弁 鯛めし

流木に座って、昼飯をいただく。
鯛おぼろを使った駅弁だが、個人的にはチト甘すぎだったかも。

途中で、他の人もやってきてピクニックしていた。
しかし浜が広いので、遠くに見える程度。

ビーチを独り占め気分で、よい休憩ができました。

ちなみにこの真田浜で、携帯の電波は4本入っていた(ドコモ系ahamo)。

車でアクセス可能な「白浜」

もう一つの「浜」は、トレッキングルートの終点にある「白浜」。
芦ノ湖 白浜

芦ノ湖 白浜

こちらは車の駐車場も近いことから、釣り人がたくさんいる。

ゴールも近かったことから、特に休憩はせず。

湖の水は透き通って、キレイでした。

この後、箱根港まで行き、バスで宿の方に移動したのでありました。
バス停 箱根町港

まとめ

このトレッキングルートは、非常に気に入りました!!
今年一番だったかも。

ビーチ感のある休憩スポットが2つあるし、日陰メイン&湖畔ということで涼しげな雰囲気。

ただし、ちょっと山側に入って歩く面もあるので、普通に山歩きするつもりで行かないとダメですね。
高低差はあまりないが、それでも少しは険しい道の登り・降りはある。

自分はジーパンにスニーカーだったので、ちょっと歩きにくかった。

ほい。

そんな感じ。