台湾「九份」と平渓線「十分」は混雑するので祝日に注意

ジブリ「千と千尋」の舞台モデルとして有名な、台湾の「九份」。
台北からバスや電車+バス(タクシー)でアクセス可能ということで、行ってきた。

また、ローカル鉄道「平渓線鉄道」で向かう、ランタンあげで有名な「十分」。
こちらも。

以下、それぞれについて。

「千と千尋」の舞台モデル「九份」

http://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g1432365-d1237188-Reviews-Chiufen_Jiufen_Old_Street-Xinbei.html

お楽しみの「九份」。

しかし。

祝日(シルバーウィーク)だったため、日本人観光客を中心に、すごい人だかり。
狭い通路で、前にも後ろにも動けず。
30分近く、すし詰め状態だった。

f:id:tonogata:20151004131553p:plain

階段なので、「将棋倒しが怖いよねー」という日本語がアチコチからきこえた。
(それにしても、日本人観光客の多さ!!)

f:id:tonogata:20151004131813p:plain

混んでる中心には↑があった。この店かな?
九份阿妹茶酒館 (阿妹茶楼) – 九份 キュウフン / ジォウフェン/中国茶専門店 [食べログ]
昔、宮崎駿が休憩した店だとか、なんとか。

警察の人が交通整理していたが。
そもそも行列が動いていないので、「整理も何もない」という状態ではあった。

うーむ。

「九份」は、平日か、少なくとも大型連休を避けてこないとダメだなぁ、と。

そう思いました。

それはともかく。

途中、海に向かったテラス席のある御茶屋さんで、休憩しました。
そちらは非常に気分が良かったです。

f:id:tonogata:20151004132111p:plain

お茶の名前は失念。
なんか高めのと、お茶請けでナッツを頼んだ。

店は、「観海楼」というお店ですね。
http://oceansee99.myweb.hinet.net/

場所はコチラ。

食べログ情報。
九份觀海樓 茶藝館 – 九份 キュウフン / ジォウフェン/喫茶店 [食べログ]

宿もやってみるみたいだけど、カフェもやっている、と。
入口を入って左にある階段から下に行くと、↓のようなテーブルが3つほどあった。
(満席や人数が多めだと、下階に通されるのかもしれない)

f:id:tonogata:20151004132051p:plain

夕暮れの海が、非常にキレイでした。

f:id:tonogata:20151004132727p:plain

テラス席から左右もみると、色んな店のテラス席が見えました。
ここら辺のお店は、大体こうなっているんですかね?
知らないけど。

f:id:tonogata:20151004133402p:plain

さて。

帰りも、ヤバかったです。
バス待ちの行列が。

いやぁ。
この混雑に疲れ果てた後で待つのはキツいよね、と話していたら。
「1人250TWDで台北駅まで」という乗り合いタクシーの勧誘。
ガイドブックには200TWDくらい、とあったが。
無論、250TWDでも問題ない。
全く問題ない。
疲れ果てた。

ということで、タクシーで帰った。

ローカル鉄道「平渓線」で行く「十分」

http://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g293913-d561794-Reviews-Ping_Hsi_Branch_Railway_Line-Taipei.html

ランタンあげで有名な「十分」。
台北からは、瑞芳駅まで行き、平渓線・菁桐行きに乗り換える。
もしくは瑞芳駅からタクシー。

今回は、「平渓線」もお目当ての1つだったので、「平渓線」で行くことにした。

f:id:tonogata:20151004141731p:plain

しかし。
これが良くなかった。

この「平渓線」はローカルでも観光列車として人気らしく。
土日だったので、電車内はすごい混雑。
みんな1時間近く立ちっぱなし。

ここでもまた、「平日に来れば良かった」と後悔しきり。

そして、やっとの思いで到着。

f:id:tonogata:20151004142227p:plain

線路の左右に広がる出店の数々。
ランタンも売っており、時折誰かのあげたランタンが空に上がっていった。
(自分たちも、後ほど1つ買って揚げてみた。200TWDくらい)

f:id:tonogata:20151004142253p:plain

しかし。

商店街に行く前に、、、
電車で疲れたので「どこかで休もう」、と。

「空いてそうなお店はあるかな」と思ったら、駅のスグ横に「樓仔厝」というカフェが。
カフェなんだが、「入場料が必要」と書いてある。
これは空いているだろう、と。

f:id:tonogata:20151004142352p:plain

公式HP(日本語なし)。
http://louachu.okgo.tw/display_3.html

民宿もやっており、そのページだけ日本語化されている。
http://louachu.okgo.tw/multimedia2.html

トリップアドバイザー。
樓仔厝咖啡民宿 (Louachu) -平渓-【 口コミ・宿泊予約 】- トリップアドバイザー

入ってみると、実に気持ちのいい空間。
涼しくて、眺めがよく、空いていて、美味しい珈琲が飲める。
素晴らしかった。

体力回復のため、甘いのも頼んだ。

f:id:tonogata:20151004144026p:plain

敷地内には、「大正9年」や「陸軍省」の文字が入った石碑がいくつかあった。
意味は分からない。

f:id:tonogata:20151004144101p:plain

f:id:tonogata:20151004144114p:plain

さて。

ここからの帰りもまた、タクシーを使った。
またあの混雑した電車はキツかろう、ということで。。。

まとめ

なんだか、
混雑に疲れる→お茶で休む→帰りはタクシー
というのがパターン化していた。

タクシー云々は別に問題ないが、混雑はやっぱねぇ。。。

また平日に行こうかと思います。

https://www.bousaid.com/tag/%E5%8F%B0%E6%B9%BE