きたなシュラン「ブルドック」(東京/大井町)で、名物「メンチカツ定食」、ハンバーグの塔「Aセット」、そして「日替わりランチ」。

大井町駅(東京品川区)でランチ。
前から気になっていた、「ブルドック」に行くことにした。

観たことはないが、「とんねるず」の番組で「きたなシュラン」として取り上げられたことがあるらしい。
【とんねるず】きたなシュラン特集 – NAVER まとめ

http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131501/13001867/

何回か行って色々くったので、メモにて。

以下。

名物「メンチカツ定食」

懐かしい雰囲気の飲み屋街、路地を進んで店の前。
「お食事は大井一 うまい・やすい ブルドック」
看板の雰囲気が素敵です。

入店すると、すぐにカウンター席に通された。
メニューを拝見して、メンチカツ定食、1150円を注文
前知識としては、「ここはメンチカツが名物らしい」ということだけ。
それ以上のことは知らなかった。

実際に運ばれてきた定食をみて、びっくり。

メンチカツのサイズ感がおかしい。
デカすぎるだろ。。。
お新香とみそ汁も、何気に豪華。

そうか、名物というのは、そーゆーメンチカツだったか。
ボリューミー系ね。

食い切れるかな?と思いつつ、メンチカツをパクリ。

ジューシー・・・
柔らかくて、あったかい肉汁が染み出て、おいしい。

初見で圧倒されたが、意外に食べやすい。
食い進めても、パクパクといけてしまう。
なんだろう?と思ったら、メンチカツを皿の上でドーム型に盛り上げていた、大量のキャベツ。

その広大な面積と、厚みを感じさせる盛り付けのドーム感に圧倒されたが、、、
実はメンチ自体の厚みはさほどなく、食べやすいサイズ感。
そしてメンチを支える、山盛りのキャベツ。

肉の合間にキャベツを何度も口に運び、、、
シャキシャキと咀嚼する。

すると?

キャベツ感で、メンチの脂っ気や、柔らかい肉の印象がリセットされ、、、
また新たな気持ちで、次のメンチカツに進むことができる。
うおぉ、柔らかジューシーが再び!

これは、美味い。

高くそびえるハンバーグの塔「Aセット」

当方、ダイエット中。
基本的に大飯は食わないようにしている。
しかし、たまにならいいかな、と。
多少のボリュームなら、別に良くね?みたいな。
そう、多少なら。

今回は、セットもののランチもトライしてみようと、「Aセット」をチョイス。
1500円。
運ばれてきたのは、、、

???

ハンバーグの塔!!

・・・ギルティ(有罪)。

実に、罪深い(ダイエット的に)
バベルの塔を、成し遂げた感ある。
この、高さ。
この、見た目のインパクト・・・

何だろう?

注文しただけで、俺氏は何もしてないのに、、、
達成感すら覚える。

実にすがすがしい気分だ。

オーケー。
罪深い、今昼限りのパーティーを始めよう。
まずはハンバーグから。

ハンバーグは3つ。
最高では、五重の塔というのもあるらしい。

食べてみると、、、

ホロホロと柔らかい、お肉。
魚のフライトをつつき、コーンスープをすすりながら、食い進める。
量が多いだけに、さすがに最後の方は飽きがきた。

そして遂に、、、
「成し遂げた!」と思った矢先。

セットドリンクのアイスコーヒーが登場。

いやー、腹いっぱい。
さすがにAセットは、ボリューム的にキツかったな。

ただ、やり遂げたこの、成功の感触。
充足感。

いいね。

日替わりランチ

最後は、普通に「日替わりランチ」を頼むことにした。
870円。

とんかつ、唐揚げの盛り合わせだった。
キャベツも、なかなかの量。

とんかつ、美味かったですね。
普段使いなら、ボリューム的にはこれくらいでちょうどいいや。

そう思いました。

グルメ カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥