ピピ島「パラダイス パール バンガロー」 (Paradise Pearl Bungalow)、ロングビーチでまったり

パラダイス パール バンガロー

タイのプーケットにほど近い離島「ピピ島」。
そのピピ島で、「パラダイス パール バンガロー」 (Paradise Pearl Bungalow)に宿泊した。
Restaurant at Phi Phi Paradise Pearl Resort (ピーピー ドーン島) の口コミ – トリップアドバイザー

ピピ島もいくつかのエリアに分かれるが、このホテルは島内で最も大きなビーチ「ロング・ビーチ」にある。
ロングビーチは海の透明度も高く、他のエリアからも人が泳ぎにやってきたりする。

今回は静かな宿+目の前にビーチが良かったので、ロングビーチを選択。
ピピ島には以前にも泊まったことがあるが、ロングビーチ泊は初めてだ。

そのロングビーチの中でも、このホテルはリーズナブルかつ部屋が広いというのが決め手になった。
またホテル内には土産物を兼ねたミニ・スーパーやATMもあり、そこら辺の利便性の良さも考慮した形。

なお、プーケットやクラビからのフェリーは、繁華街のあるトンサイ・ベイに発着する。
トンサイ・ベイからロングビーチは、↓のようなボートに浜から乗り込んで、移動。
(1度海に入ってからボートに乗り込む必要あり)

トンサイ・ベイまでは、ボートで10分ほど。
山道を抜けると、徒歩でも30分ほどで行き来できるが、スーツケースや荷物をもっての移動は難しい。
最初と最後は、ボートでの移動となる。
(チェックイン・チェックアウト時のボート送迎は無料)

ホテル前のロングビーチ

ホテルの敷地の目の前は、もうビーチである。

ビーチは「ロング・ビーチ」というほど長くないが、まぁまぁの距離。
海の透明度は、もちろん良い(天候に寄るけど)。

海側からビーチをみると、こんな感じ。

ホテル前にはビーチチェア。
ここでずっと本を読んだりしてました。

このビーチはプライベートビーチでもないので、昼頃になると他のエリアからゾロゾロお客さんがやってくる。
ビーチチェア(無料)もとられてしまうので、早めに行ってとりあえずバスタオルをかけておくなど、工夫が必要(笑

とにかく、ひたすら静かなビーチで、まったりできて良かったですね。

夜になるとまた人が少なくなるので、ビーチチェアでビールを飲みながら、本を読んだりしてました。

天国です。

部屋の様子(バンガロー)

今回泊まった部屋は、安めのバンガロー・ルーム。
バンガローと言いつつ、2つの部屋がくっついたタイプ。

もうちょい高めの部屋では、完全独立バンガロー「タイ ハウス バンガロー」 (Thai House Bungalow/35m²)があります。
ほんとはコッチが良かったけど、予算の関係で諦めました(笑

しかし無印バンガローも、かなりの広さです。
30m²。

水回りは、こんな感じ。
トイレは、ペーパーを流せないタイプ。
(下水管がつまりやすいので、ペーパーは据え置きのゴミ箱へ)


※GoProの設定をいじったからか、画質が妙に悪い

お湯は、思ったよりちゃんと出てましたね。

部屋の掃除は、毎朝9:30くらいにやってきた。
無料の水は、掃除の際に毎日2本補充。

ホテルのwifiは、接続ブツ切れ。
なんとか繋がっても、1mpgsくらいかな。

AISのSIMは、なんとか3Gで繋がる。
予備で持っていった「glocal me」は、どこの回線かチェックしてないけど、一番繋がった。

ちなみに、トンサイベイの方に行くとバリバリ4G回線が使えました。

なお、今回も「部屋からビーチまでのウォーキングスルー動画」を撮ってきた。
部屋←→ビーチの距離感を確認する用の動画。

朝食&レストラン

宿のレストランも、もちろんビーチの目の前。
気分がいいです。

朝食は、小さめのビュッフェ形式。
(飲食店が他にないので、ほとんど朝食無料のプランになっている)

品数はさほどない。
フルーツやサラダ、パンに卵、etc・・・

基本的に3食とも、このレストランで食った。
よく食ったのは、イエローカレー。

しかし写真を撮ってあるのは、フライドライス(炒飯)だけという。。。

価格をメモってあるのだけ、列挙する。

  • エビのフライドライス、130バーツ(450円)
  • マンゴー&レモンのスムージー、90バーツ(310円)
  • イエローカレー+ライス、180バーツ(620円)
  • キャベツのオイスター炒め、130バーツ(450円)
  • ビール(small)、70バーツ(240円)

夜は良くキャベツのオイスター炒めでビール飲んでました。
キャベツうめぇ(笑

ちなみに、レストランの後ろにはミニ・スーパーあり。
カップラーメン、ポッキー、ポテトチップス、ビール、、、
日用品の日焼け止めやサングラス、水着など、、、
ちょっとしたコンビニ的に使えます。

ミニスーパーは夜22時まで。
レストランも同様。

徒歩でトンサイ・ベイまで

ロングビーチから繁華街のあるトンサイ・ベイまでは、徒歩でも行ける。

繁華街の中心までは30分ほどかかるが、途中の景色がキレイだったり、隠れた小さなビーチがあったりで面白い。
散歩感覚で行くと、楽しい。

ロングビーチの端っこ(海に向かって右端)に、「Exit to Town」という看板がある。
1度ビーチに降りて、ビーチの端から山に入る。

最初だけちょっとした山道になってるので、靴か足首固定可能なサンダルを履いていくといい。
自分はウォーターシューズで向かった。

他の宿の敷地を抜けたりしつつ、ひたすら歩く。
要所要所に案内看板(TOWNはコチラ)があるので、迷わないかと。

途中からは、ひたすら海沿いを歩く感じになる。

到着した繁華街は、狭い道の両側にお店がギッシリ。
その小道が、何本も交差している。

「これが離島の繁華街か?」というレベルで、ピザ屋からセブンイレブン、飲み屋、なんでもある。
携帯の回線も4Gでガンガンつながる。

まとめ

まったり静かに過ごせて良かったです。
気軽にロングビーチを使えて、いいですね。

「暑すぎるな」と思ったら部屋にひっこんで、クーラーで涼んだり。
「雨が止んだな」と思ったら、夕方でもサッと最後に一泳ぎしたり。

レストランも、小さめながら使い勝手が良かった。
味は普通ながら、個人的には好きな感じの「ゆるさ」でしたね。接客とか。

全体的に、いい宿だと思いました。
また再訪したいです。いつか。

そんな感じ。