北海道の稚内でIHG系列「ANAクラウンプラザホテル稚内」に泊まった

クラウンプラザホテル稚内

北海道の最北端・稚内で、「ANAクラウンプラザホテル稚内」に泊まった。
ANAクラウンプラザホテル稚内(旧:稚内全日空ホテル)

稚内は何度か行っているが、いつも「ドーミーイン稚内」を使っていた。
今回は、「たまにはクラインプラザも」と思い使ってみたというワケ。

場所は稚内駅やフェリーターミナルからも近く、徒歩でアクセス可能。

稚内周辺では、最も高くそびえたつビルである。

ロビーは広く、豪華な印象。
地元を代表するホテルという感じが伝わってくる。

以下、実際に泊まった感想など。

部屋(ツインルーム)

予約していたのはシングルルーム(19㎡)だったが、ツインルームにアップグレードされた。
(当方、IHGのプラチナ・アンバサダー会員のため)

部屋の広さは不明だが、ホテル公式HPをみるとツインルームは21㎡~の模様。
そこそこ広い。

いつも泊まっているドーミーインより、結構広い。

窓の外は、宗谷湾の海。

バスタブ付き。
申し分ない。

ルームサービスのメニュー表で「ミルク」を確認すると、410円だった。

以前セントレジス大阪に泊まった際に、ミルク=1150円だったので、何となくチェックしてみただけなんだけど。
豪華で大人の雰囲気な「セントレジス大阪」、寛げる日本庭園(12階)が良かった。 – やじり鳥

特に意味はない。

部屋の感想としては・・・

必要充分の広さだな、と。
なかなか寛げて良かったです。

朝食(マリーヌ)

朝食付きのプランで宿泊した。

朝食は、時間帯によって2系統。
5:00-9:00が、バイキング朝食
9:00-10:00が、洋定食のset meal

なんで時間違いの2系統なのかは、よく分からない。

今回お邪魔したのは、バイキング朝食の方。

品数は普通?
思ったよりは、少なかった。

シーフード・マリネは美味かった。

あと、自家製のゼリーもあるようだった。
「自家製ハイビスカスティー・ゼリー」。

食ってないので、味は不明。

自分がチョイスした朝食はコチラ。

ほい。

感想としてはですね、うん・・・
普通ですね。

普通。

スクランブル・エッグは美味かった。

夕食(雲海)

せっかくなので、夕食もホテル内のレストランでとってみる。
「日本料理 雲海」です。

そこそこ賑わってました。

頼んだのは、宗谷会席(4500円)と生ビール(880円)。

まずは刺身とカニで、スタートしました。

  • 宗谷産 もずく
  • サーモン、ホタテ
  • 毛ガニ半身

もずく、美味し。

お次は、稚内名物「たこしゃぶ」
タコのしゃぶしゃぶです。

  • 宗谷産 水蛸のしゃぶしゃぶ

天ぷら、白飯(ななつぼし)、味噌汁。
「ななつぼし」は、北海道のお米。

  • ずわい蟹と野菜の天ぷら
  • 米(ななつぼし)
  • いくら、鮭フレーク
  • 味噌汁(利尻産岩のり)

最後はデザート。
牛乳プリン。

北海道の牛乳から作ったプリンだそうです。

ほい。

タコしゃぶ、もずくは、美味かった。

もうちょい価格がこなれてると、うれしいすね。

別日には、「うろこ亭」に食いに行きました。

https://www.bousaid.com/2018-07-05-072645

駅から近いので、稚内では良く使うお店。

そのほか

ホテル内に、土産物屋があった。

この奥にも、小部屋で土産物あり。

ちなみにコンビニは、駅のよこにセイコーマートがある。

コインランドリーがあった。
ただし、1台。

1台って、キツくない?って思いました。

ほい。

ホテル全体の感想としては、「普通」かな。
部屋が広いのは、良かった。

ただまぁ、次からはまたドーミーインに戻るかなぁ。
露天風呂と朝食が充実してるので。

https://www.bousaid.com/2015-09-22-101933

そんな感じ。