アパホテル高松瓦町、新都市型ホテル・シリーズの「クラウドフィット」を試す

アパホテル高松瓦町

香川県にて、アパホテル高松瓦町に宿泊した。
アパホテル<高松瓦町>

場所は琴電「瓦町駅」から徒歩3分。
なかなかいいところにあります。

チェックインすると、広めの部屋にアップグレードされた。
「デラックス・ツイン」ルームへ。

最近のアパホテルでは「新都市型ホテル」という新仕様の部屋を導入しているらしい。
宿泊するのは、初めて。
アパホテル ブランドコンセプト

その「新都市型ホテル」のアパでは、シーリー社と共同開発した「クラウドフィット」というベッドが設置されている。
Cloud fit(クラウドフィット)について

天上には、天井埋込型Panasonicナノイー発生機「エアイー」。

スイッチを手動でONにすると、天井のエアイーが青く光る。
ナノイー発生中なのである。

天井とは別に、部屋にはナノイー空気清浄機あり。

上からも下からも、ナノイー発生。

ナノイー推しにも、ほどがある。

実際に「クラウドフィット」「天井ナノイー」で寝てみた結果だが・・・

まぁ、普通によく寝れた。
ベッドがフンワリしてるな、とは思いました。

朝食バイキング

今回は、朝食付きのプランを予約していた。

フロント横の朝食レストランへ。

品数は、多くない。
サラダバーがあったのは、うれしかった。

高松だけに、一応「さぬきうどん」もあるらしい。
セルフサービスの、うどんコーナーがあった。

本日の朝食は、こんな感じ。

ほい。

いいと思います。

さて。

久々にアパホテルに泊まった。

予約したのは11㎡の狭い部屋だったが、謎のアップグレードで広めの部屋にアサイン。
ゆったり寛げる滞在となりました。

超狭ルームも、アレはアレで悪くない?ので、ちょっと楽しみにしてはいたんだが(笑

まぁ、また機会があればアパホテルに泊まってみたいと思います。

そんな感じ。