愛媛「ドーミーイン松山」は、四国で最も気合いの入ったドーミーインだった

ドーミーイン松山

愛媛で、ドーミーイン松山に泊まった。
2017/12にオープンしたばかりの、ドーミーインである。
天然温泉 石手の湯 ドーミーイン松山(2017年12月オープン)

場所は大街道の大きなアーケード商店街の中。

※左がドーミーイン入口
f:id:tonogata:20180610181851p:plain:w600

この商店街はかなり大きく、店も多い。
利便性の高い場所だった。

商店街からホテルのエントランスに向かうと、まず目に入るのは「足湯」。

f:id:tonogata:20180610182013p:plain:w600

なんと、入口の外に足湯があるのであった。

その時間は清掃中だったので、そのまま足湯をスルーして入口に向かう。

f:id:tonogata:20180610182101p:plain:w600

エントランスに入ると、「宿泊者専用フリースペース」。

机と椅子が何セットも入った、フリースペースが用意されていた。

f:id:tonogata:20180610182155p:plain:w600

受付横には無料のコーヒー・サーバーが用意されているので、それをもってフリースペースに腰掛けたら・・・
「それってもう、ラウンジじゃん」と思った。

今回は利用時間外だったので、このフリースペースは使わなかったが。


それにしてもドーミー、松山は相当気合いが入っているな・・・という感じである。
自分が今までみてきたドーミーインで、受付までの距離でここまで凝った作りのは初めて見た。


天然温泉の大浴場

松山といえば、道後温泉の地。

ドーミーイン松山の大浴場も、天然温泉で用意されていた。

f:id:tonogata:20180610182449p:plain:w600
https://www.hotespa.net/hotels/matsuyama/spa/

しかも、高さ13階の屋上
景観こそないものの、露天風呂(外気風呂)も用意されていた。

f:id:tonogata:20180610182520p:plain:w600
https://www.hotespa.net/hotels/matsuyama/spa/

風呂の広さとしては、ドーミーの中では普通かな。

しかし、風呂から上がった後がまた、まぁまぁ充実している。

まずは「湯上り処 SoLa」
風呂上がりのビールが一杯無料である。

f:id:tonogata:20180610182914p:plain:w600

ご宿泊のお客様には無料でビール、
ソフトドリンクを1杯ご提供しております。
【営業時間】19:00~22:00

もちろん、ここはドーミーイン。
漫画も用意がある。

f:id:tonogata:20180610183029p:plain:w600

風呂上がりに嗜むビン牛乳もあり。

ただし今回は、R-1ヨーグルトの瓶版を見つけたので、そちらを。

f:id:tonogata:20180610183057p:plain:w600

ちなみにこちらのスペースは、無料のビール提供が終わる22時以降も、開いている。
自販機のお酒もあるので、消灯後でもここで寛ぐことはできた。

また、マッサージマシンもみつけた。

f:id:tonogata:20180610183348p:plain:w600

200円で15分。
なかなか良かったです。

最近のマッサージ・マシンは、すごいですね。
最初に体のサイズを計測して、自動で体にフィットしてからマッサージを始めるヤツ。


朝食は「鯛めし」や「じゃこカツ」

今回は、朝食付きプランで予約した。
朝食ナシのプランの場合でも、1500円で食べることができる。

f:id:tonogata:20180610183631p:plain:w600

会場の広さは、普通だった。

混んでいる時間にいくと、待たされる可能性アリ。

f:id:tonogata:20180610183945p:plain:w600

朝食は、ビュッフェ形式。

メニュー数は50種類と、これまた普通。

f:id:tonogata:20180610184040p:plain:w600

愛媛の名物も結構あったな。

鯛めし、じゃこカツ、しらす釜揚げ、鯛の塩焼き、などなど。

f:id:tonogata:20180610184237p:plain:w600

飲み物は、もちろん「みかんジュース」

あと牛乳は「愛媛の学校給食の定番、らくれん牛乳」だそうだ。

f:id:tonogata:20180610184410p:plain:w600


当方がチョイスした朝メシはコチラ。

f:id:tonogata:20180610184636p:plain:w600

メインは何と言っても、「宇和島 鯛めし」

f:id:tonogata:20180610184713p:plain:w600

座席に作り方が書いてあった。

f:id:tonogata:20180610184745p:plain:w600

だし汁に卵を入れて、かき混ぜる。
それから、鯛や薬味をさらに投入。

そしてご飯に、ぶっかける。

f:id:tonogata:20180610184931p:plain:w600


お味の方は、やっぱ街のお店で食う「鯛めし」と比べると・・・

www.bousaid.com

しかし雰囲気だけでも、楽しかった。


「じゃこカツ」「海苔カツ」は、美味かった。
あとデザートは、みかんゼリーをいただきました。


部屋の様子

今回予約したのは、ダブルルーム。
広さは15㎡。

f:id:tonogata:20180610185058p:plain:w600

まぁ、ビジネスホテルなんで、こんなもんでしょう。

大浴場は朝まで開いているが、部屋にもシャワーブースはあった。

f:id:tonogata:20180610185232p:plain:w600


周辺の店「そば吉」

チェックインした日は夜も遅く、商店街でメシを食った。
こういう時に、周辺にお店があるロケーションは有り難い。

するとホテルのスグ近くに、「そば吉」を発見。
そば吉 本店 食べログ

f:id:tonogata:20180610185423p:plain:w600

こちらは愛媛のローカルチェーン店。
長く地元に親しまれた蕎麦屋チェーンとのことで、前から気にはなっていたのだ。

f:id:tonogata:20180610185534p:plain:w600

天ざる、890円。

f:id:tonogata:20180610185700p:plain:w600

じゃこ天、200円。

ふむ。

蕎麦もじゃこ天も、美味かったですね。

ドーミーイン松山に泊まって、さっと蕎麦が食いてぇとなったら、アリなんじゃないかと。
そう思いました。


まとめ

いや、良かったですね。
ドーミーイン松山。

四国にはこの他にも、高知と高松にドーミーインがある。
全て制覇したけど、松山のドーミーが一番施設面で充実してた。

やっぱ温泉が売りのドーミーインとしては、松山は結構力がはいってるのかな、と。。。

また機会があれば、使いたいです。

そんな感じ。