札幌で食べる、薬膳スープカレー「ピカンティ」、ミルク・スープカレー「カオスヘブン」

ピカンティ

札幌のスープカレー名店「ピカンティ」に行ってきた。
食べログ ピカンティ 札幌駅前店

f:id:tonogata:20180721120743p:plain:w600

伺ったのは「札幌駅前店」。
本家「ピカンティ」の姉妹店だが、本家は札幌駅からちと遠いので、こちらに再訪してきた次第。

今のところ、札幌ではピカンティのスープカレーが一番好きなんだなぁ。

店に入ると、先に奥のカウンターで注文を済ませる。
まずはスープを選ぶ。

f:id:tonogata:20180721120755p:plain:w600

あっさり系の「シャンバラ」、濃厚系の「アーユルヴェーダー薬膳」、そして写真にはないが現在はトマト・ベースのデジャブも追加されている。

チョイスしたのは、もちろん「アーユルヴェーダー薬膳」。
具材はPICAチキン、合計1100円。

f:id:tonogata:20180721121040p:plain:w600

飲み物に「星空の旅人ラッシー」(300円)も追加。
名前がいちいちアレだが、味はいい。

透明感のあるスープ。

f:id:tonogata:20180721121157p:plain:w600

スプーンでスープだけをペロリと飲んでみる。

うまい。
味に深みのある「薬膳感」がたまらない。

ついつい、スープだけをスプーンで次々にすくっては、飲んでしまう。
このスープ、大好きなのよね・・・。

メイン具材のPICAチキンは、パリパリのまま提供される。

f:id:tonogata:20180721121519p:plain:w600

パリパリのチキンを、スープに浸して素早く食うんですよ。
すると、ちょっとパリパリ感が残って、こう、シャキシャキ感のあるチキンになる。

そこが、いい。

味もね、最高ですね。
チキンや野菜に染み込んだスープが、具材のウマさを浸食して味変させる。

スープを吸い込んだナスやチキンが、スパイスの魔法を帯びて「物理で殴ってくる」感じ。
たまりませんね。

ライスにもスープをがっつり染みこませて、ガツガツと食うのでありました。

f:id:tonogata:20180721122500p:plain:w600


食い終わった後は、汗がとまりません。

これ、汗かいから、ちょっと痩せるのかな。
どうなんだろう。


カオスヘブン

今回はミルク・スープカレーの「カオスヘブン」にも行ってきた。
食べログ カオスヘブン

f:id:tonogata:20180721122728p:plain:w600

プラス150円で、「ミルクスタイル」。
つまりスープカレーに、牛乳が入ってくる。

f:id:tonogata:20180721122741p:plain:w600

具材は「チキチキ」(チキン)のパリパリ、1080円。
ミルクスタイルで、+150円。

f:id:tonogata:20180721122841p:plain:w600

スープもちょっと白く、トロッと。

f:id:tonogata:20180721122949p:plain:w600

飲んでみると、美味い。
ミルク感のあるマイルドな感触から、徐々にスパイスが口の中に浸透。

ココナッツ入りのイエローカレーみたいな感じかな?と想像していたが、全然違うな。
ちょっと新しい感じ→ミルク感。

辛いの苦手なので「中辛」にしたが、もう1つ辛くしても良かった。
かなりマイルドな味わいになる。

具材は、色鮮やか。
野菜の上には、クリームチーズ。

f:id:tonogata:20180721123127p:plain:w600

ほい。

f:id:tonogata:20180721123248p:plain:w600

いいですね。

個人的には、ピカンティの方が好きかな。

でもまぁ、こういうマイルドなヤツも、いいよね、と。


そんな感じ。