iPhoneでシャッター音が鳴らない無音カメラ「Microsoft Pix」

iPhoneでカメラを使うと、強制的にシャッター音が鳴る。
これを避けるためには、マイクロソフトのカメラアプリ「Microsoft Pix」を使う必要がある。
Microsoft Pix カメラ

そのため個人的には、「iPhoneのカメラを使う」=「Microsoft Pixを使う」で同義になっている。
※「設定」からシャッター音をオフにできる

撮影の度に、いちいちシャッター音が鳴るのは煩わしい。

そんな「Microsoft Pix」だが、どうやってシャッター音をミュートしているのか、その手法はよく分からない。
厳密には、ミュートしつつ「高画質を実現している手法」が分からない。画質が落ちて良いなら手法はあるっぽいが。
スタック・オーバーフロー iOSにおける無音カメラアプリの実装方法について

もともと日本や韓国の携帯では、盗撮防止のために必ずシャッター音を鳴らす必要がある。
そのためiPhoneの標準カメラはシャッター音をミュートできないし、サードパーティーに開放されているフレームワークを使ってもシャッター音がなる仕組み。

「Microsoft Pix」が実現している「シャッター音を鳴らさない技術的な手法」が広まれば、もっとiPhoneで無音カメラアプリの選択肢が増えるかもしれない。
一方で、「盗撮防止のためにシャッター音は鳴らすこと」というルールから逸脱してしまうので、それはそれでアレかもしれないが。

まぁそんなこと言ったら、そもそも「Microsoft Pix」がAppleのストア審査をクリアできてる今の状況も、ちょっと謎だけど。
(アプリに撮影機能を実装しつつシャッター音をならさなかったら、ストア審査に落ちたという話は、ネットでみかけたことがある)

ちなみに、「Microsoft Pix」はバースト・モードでの撮影が基本。
複数の撮影フレーム(画像)を合成してノイズなどを除去する仕組み。

また、フラッシュ機能をONにすると「Microsoft Pix」でもシャッター音は鳴ってしまう。
フラッシュ機能とミュートとの両立はできない。

そのため単純に「UIImagePickerController」を使っているワケでなく、「AVFoundation」から動画撮影的な手法で静止画に落とし込んでいるのかもしれない。
その具体的な手法は、さっぱり分からないけど。


そんな「Microsoft Pix」だが、iPhoneの標準カメラを使った場合との違いはなんだろうか。

画質的には、「iPhone標準カメラより画質がいい」(バーストでノイズ除去してるから)とMicrosoftは主張している。

f:id:tonogata:20181024083015p:plain:w400

そこら辺の画質の違いは、以下で確認できる。
ITmedia Mobile 無音カメラアプリの決定版! 「Microsoft Pix」を改めて使ってみる


そのほか、個人的に感じる「標準カメラとの機能的な違い」は以下。
メリット:文書の切り抜き撮影ができる
デメリット:HDRが使えない

文書の切り抜き撮影機能では、文書っぽいモノを撮影しようとすると、文書形状を認識して自動で傾きを制御しくれる。
書面の文言をカメラに収めたい時に使えるが、特別なモード変更操作などをしなくても自動で認識してくれるのが嬉しい。

f:id:tonogata:20181024083032p:plain:w600

同様のことは、同じくマイクロソフトの出してる「Microsoft Office Lens」アプリでも可能。
ただPDFにする必要がなく画像でOKなら、 「Microsoft Pix」の方が手軽ではある。


「Microsoft Pix」の個人的なデメリットとしては、標準カメラで使える「HDR」機能がないこと。
そこら辺がまた最近気になりだして、「HDR対応しないかなぁ」とググってたら、下記を見つけた。

Microsoft Pix - Rich Capture/HDR

Microsoft Pix Team Official comment
November 28, 2017 14:32

Thank you for the comment.
I'll add your request for a Rich Capture/HDR option to our Features request list.

2017年11月時点で、「Microsoft Pix」開発チーム公式コメントによると、「要望リストには入れた」らしい。

だいぶ時間が立っているが、その後どうなんだろうか。
そのうち対応されないかな。。。


と、まぁ。
「Microsoft Pix」のHDR対応のことが気になって調べてたので、そのメモにて。


そんな感じ。