ANA国内線の運賃名称の変更は10月28日から。「旅割」「特割」の名称廃止へ。

ANA国内線の運賃名称は、10/28搭乗分から変更になった。
「旅割」「特割」などの日本名が、全て「SUPER VALUE」「VALUE」などの英語名になった形。

その他にも制度変更があったが、2018/3に発表されすでに適用・販売開始済み。
10/28搭乗分からは、名称が変更になったという話。

名称変更・制度変更に関しての、ANA特設ページは以下。
ANA 2018年、国内線の新しい運賃がスタートします

f:id:tonogata:20181030075111p:plain:w400

下記なども参照。
やじり鳥 ANA「国内線運賃」が2018年秋に大幅リニューアル

変更になった名称一覧は、以下。

旧名称
2018年10月27日以前
新名称
2018年10月28日以降
ANA SUPER VALUE EARLY(新設)
プレミアム特割 ANA VALUE PREMIUM 3
プレミアム旅割28 ANA SUPER VALUE PREMIUM 28
片道運賃・往復運賃 ANA FLEX
特割1 ANA VALUE 1
特割3 ANA VALUE 3
乗継旅割 ANA VALUE TRANSIT 28
乗継特割 ANA VALUE TRANSIT 7
特定便乗継割引 ANA VALUE TRANSIT
旅割21 ANA SUPER VALUE 21
旅割28 ANA SUPER VALUE 28
旅割45 ANA SUPER VALUE 45
旅割55 ANA SUPER VALUE 55
旅割75 ANA SUPER VALUE 75
旅割X ANA SUPER VALUE SALE

さよなら、旅割・特割。

なかなか良い名称だったと思うんですが、お別れですね。
新しく英語名の運賃にしたことで、海外からの観光客にも名称が分かりやすくなった感じでしょうか。

なお、「ANA SUPER VALUE EARLY」については新しく新設された運賃となる。
355日前から購入可能な、割引運賃。
やじり鳥 ANAが2020年3月までの国内線「SUPER VALUE EARLY」運賃を発表

そもそも以前は「355日前」のチケットは買えなかったんだが、今回の制度変更で購入可能になっている。
割引運賃としては「ANA SUPER VALUE EARLY」、割引なし運賃?としては「FLEX」

なお、制度変更では国内線「特典航空券」も、半年分の一斉開放となっている。
(国内線SUPER VALUEの年2回一斉販売に合わせて開放)
やじり鳥 ANA新制度、半年分の「特典航空券」の一斉開放(予約開始)は8/28

全体的に、国内線も早期予約が可能になった形。


そのほか、10/1からは国内線の搭乗時に、搭乗順のグルーピング名がチケットに記載されるようになった。
ANA 搭乗案内方法について

空港発行の搭乗券、ならびに保安検査証に印字されたボーディンググループごとにご案内いたします

当方はまだ国内線に乗ってないので分からないが、たぶんチケットに「Group1」とか記載される感じかな。
そのグループ名で呼び出され、順番に搭乗していく形?

確かにその方が、「ANAプラチナメンバー、スターアライアンスゴールドメンバーの方は~」とか連呼するより、分かりやすそう。
「優先搭乗」って飛行機に乗り慣れない人からすると意味が分かりにくいので、優先搭乗がはじまると関係ない人も「自分も乗れるのか?」と集まってきて混雑してしまう。
ステータス名で呼び出すより、「グループ1の方は~」とかやった方がいいよね、と。

実際の現場で、グループ名を連呼する形で運用されてるか、分からないが。


ほい。

そんな感じ。