おすすめのNetflixオリジナル海外ドラマ(TOP10)

Netflixオリジナルの海外ドラマ

Netflixには、大量のオリジナル作品がある。
そこら辺がAmazonプライムビデオやhuluと違う。

そのNetflixオリジナル作品というのがまた面白くて、すっかりハマってしまった。
クオリティが高いんだな。

見始めると大量に時間を奪われるので、正直おすすめできない。
しかし、せっかく色々とNetflixのオリジナルドラマをみたので、個人的な総括メモにて。

Netfllixのオリジナル海外ドラマについては、下記に一覧がある。
NetflixオリジナルTV番組の一覧 - Wikipedia

下記は、個人的なトップ10。
海外ドラマ全般でいうと、一番好きなのは「ゲーム・オブ・スローンズ」だし、近年のヒット作だと「ウォーキング・デッド」とかだろうか。
ただそれらは、Netflix以外の配信サービスでも閲覧できるので、順位に含めてない。

順位 ドラマ名 シーズン 製作・配信
1位 ナルコス 3シーズン完結 Netflixオリジナル
2位 ストレンジャー・シングス 2シーズン完結 Netflixオリジナル
3位 ピーキー・ブラインダーズ 4シーズン 非独占配信
4位 ハウス・オブ・カード 6シーズン完結 Netflixオリジナル
5位 The 100 4シーズン 非独占配信
6位 アロー ARROW(DCコミックス) 4シーズン -
7位 フラッシュ FLASH(DCコミックス) 4シーズン -
8位 デアデビル(Marvel) 3シーズン Netflixオリジナル
9位 ロスト・イン・スペース 1シーズン Netflixオリジナル
10位 ブラックライトニング 2シーズン 独占配信

以下、それぞれについて。
(長くなるので5位くらいまで)


ナルコス

f:id:tonogata:20181117120124p:plain:w600

www.netflix.com

「ナルコス」は、実在したコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバルについて、実話にも基づいて描いたドラマ。
登場人物含め、「1980年代の実話に基づいたドラマ」という点が、恐ろしい。

恐ろしく面白くて、目が離せない。

対立するギャングの抗争、警察・政府の汚職、アメリカの暗躍。
それらの構図がリアリティを伴って複雑に絡みあい、悲しくて深みのある人間ドラマに仕上がっている。

一般的に、なんとなく「南米は危ない」というイメージがあるが、その通念を形成した歴史がここにある。
自分の場合はこれを観た時にすごく衝撃を受けて、Netflixにハマるきっかけになった作品。

ドラマは3シーズンまで続き完結したが、最近「メキシコ編」が始まった。
Netflixオリジナル作品で、Netflixでしか観れない。

主題歌「TUYO」(ロドリーゴ・アマランテ)も素晴らしく、iTunesで購入した。


ストレンジャー・シングス

www.netflix.com

一般的な意味では、この「ストレンジャー・シングス」の方がオススメかもしれない。
暗く悲しい「ナルコス」に比べれば、「ストレンジャー・シングス」はポップで楽しい、誰にでもお勧めできる仕上がり。

SFチックな少年達の冒険譚で、「爽やかなスティーブン・キング」といった感じ。
「少年たちと超能力を持つ不思議な少女が、邪悪な怪物と戦う」。

Wikipediaの紹介では「1980年代のポップカルチャーへのオマージュを込め、スティーブン・スピルバーグ、ジョン・カーペンター、スティーブン・キングなどからの影響がみられる」とある。

出演する子供達の、個性的な演技がまた素晴らしい。
いつまでも観てられる作品だが、シーズン2で完結してしまった。

こちらもNetflixオリジナル作品のため、Netflixでしか観れない。


ピーキー・ブラインダーズ

www.netflix.com

「ピーキー・ブラインダーズ」はイギリスのドラマで、Netflixオリジナル作品ではない。
ただ日本では、Netflixくらいでしか観れない。

1920年代のイギリスのギャングを描いたドラマで、米国ギャングとはまた違う「渋さ」が堪らない。
ただ派手に銃で撃ち合うだけでない時代の、拳で殴り合う「血と骨」感ある抗争。

主人公トミー・シェルビーの成り上がりを描くストーリー。
兄弟との絆・確執によって、人間味のある物語に仕上がっている。

映画「ダンケルク」にも出演した、主演キリアン・マーフィが、シブい。
そして個人的には、女優アナベル・ウォーリスを観るのが、お楽しみだった。

シーズン3は区切りよく終わったが、今度シーズン4も始まるらしい。


ハウス・オブ・カード

www.netflix.com

アメリカの政治を描いた、Netflixオリジナル作品。

大統領を目指す主人公の、表舞台での政治的な駆け引き。
その裏で進む、裏取引や犯罪、そして隠蔽工作。

最初は「政治ドラマなんてなぁ」と思ったが、見始めたらハマってしまった。
ケヴィン・スペイシーの演技が素晴らしすぎる。
他のキャラクターも、ホント演技上手いよなぁ、と。

そしてアメリカ政治の雰囲気みたいなものが、少し理解できるようになる。
選挙戦とか、報道とか。

シーズン6で完結。
終わり方は、予想できない衝撃的なものだった。

ネタばれをチェックせずに見始めたら、かなり楽しめると思う。


The 100

www.netflix.com

核戦争で汚染された地球。

宇宙へと避難した人類が、生き残りを賭けて若者100人を地球に送り込み、地球が生存可能か確認する。
しかしそこには既に先住者もいて・・・。

まぁ、そういうSFストーリー。
単純に面白いですね。

こちらは、Netflix以外でも観ることができる模様。


アロー、フラッシュ、デアデビル

Netflixで観れる、アメリカン・コミック系の海外ドラマはクオリティが高い。

DCコミックス系の海外ドラマ、「アロー」や「フラッシュ」は面白かった。
DCコミックスって、バットマンとかスーパーマンのレーベル。

DCコミックスのキャラクターが一堂に会する映画「ジャスティス・リーグ」には、フラッシュがでてくる。
(ジャスティス・リーグは、面白かった)

同じくNetflixオリジナルの「ブラックライトニング」も、DCコミック。

「デアデビル」については、映画「アベンジャーズ」のマーベル系。
こちらも、なかなか良かったかな。


そんな感じ。