JALグローバルクラブ(JGC)の自動更新ルールが変更、海外地区会員などJGCカード非保有の場合に影響


JALグローバルクラブの更新費用

JALグローバルクラブ(JGC)の年会費は、5000マイルとなっている。

ただし年間2.5万FOPもしくは国際線に10回搭乗を達成すると、「自動更新」として5000マイルの年会費は免除される。

またJGCカード(クレカ)を持っている場合は、カード年会費をもってJGC年会費の支払いが免除される。

JGC年会費 5,000マイル
免除条件(搭乗) 25,000FOP
or
国際線10回搭乗
免除条件(クレカ) JGCカード年会費の支払い


大抵の場合は、JGCカードを持っていると思うので、実際に5000マイルを支払うことはレアケースであるように思います。
日本地区の場合、JGC入会はJGCカード保有が条件になっていますし。

海外地区会員の場合には、JGCカードを作らなくてもOKらしいので、上記の「搭乗条件」は5000マイルの要否に関係してくるんじゃないかと思います。


公式ページ上での説明は、以下。

毎年1月〜12月の12カ月間にFLY ON ポイントを25,000ポイント以上またはJAL国際線にJMBマイル積算対象運賃で10回以上ご搭乗いただいた方は自動更新となります。
資格更新時に上記基準を達成されていない場合には、3月初旬にJMB積算マイル口座から自動的に5,000マイルお引き落としのうえ、資格更新とさせていただきます。
JALカード CLUB-Aカード、CLUB-Aゴールドカード、JALダイナースカード、プラチナをお持ちの方は、JALカード年会費を申し受けることにより、ご入会時の5,000マイルのお引き落としは免除させていただきます。
JALマイレージバンク - JALグローバルクラブ


一応、「JALグローバルクラブ規約」で免除理由として定義されているのは、搭乗条件の方のみとなる。

第6条〈資格の更新〉
会員資格は資格更新時に会員のJMB積算マイルより5,000マイルを支払うことにより更新されますが、期間中に日本航空が定めた搭乗基準を達成した場合、マイル支払いは免除されます。
JALマイレージバンク - JALグローバルクラブ規約

搭乗基準の具体的な数字も規約上は明記されてないので、変更する場合はWEB上でのお知らせでOKな感じすかね。


自動更新の搭乗基準が変更

JALグローバルクラブの年会費(5000マイル)が免除されて自動更新となる搭乗基準が、2021年度から変更される。
(JGCカードを持っておらず、かつ「搭乗基準」を満たさないと、5000マイルが必要になる)

新旧の搭乗基準は以下。
(FOPか回数いずれか達成でOK)

自動更新 現行基準 2021年から
FOP 25,000FOP 35,000FOP
回数 国際線10回搭乗 国際線14回搭乗

JALマイレージバンク - JALグローバルクラブ
f:id:tonogata:20190707100504j:plain:w600

2021年度の資格の更新より、自動更新の基準が変わります。
2020年1月~12月の12カ月間にFLY ON ポイントを35,000ポイント以上またはJAL国際線にJMBマイル積算対象運賃で14回以上ご搭乗いただいた方は自動更新となります。


本件に関係する場合は、2020年の搭乗でちょっと基準があがっているので注意。


個人的にはJGCカードを持っているので直接的には影響しないが、2.5万FOP→3.5万FOPに基準があがるのは不穏な感じでアレですね。
この基準も、結構長い間変わってなかったと思うので、「なんで変えるかなぁ」みたいな。

まぁこれだけの変更で済むんなら、別にいいけど。


そんな感じ。