ラグジュアリー・トレイン「或る列車」、おっさんが1名利用個室で楽しむ絶品スイーツ・コースの旅


「或る列車」の予約

「或る列車」という観光列車に乗った。
特別にデザインされた金ピカ塗装の列車で、車体には「SWEET TRAIN」と記されている。

f:id:tonogata:20190709223430j:plain:w400

JR九州による、「ななつ星」に続く観光列車である。
JR九州 SWEET TRAIN「或る列車」


車中で供されるのは、豪華スイーツのコース料理。
車窓の田園風景を眺めながら、スイーツとお酒を楽しむという・・・。


素敵じゃないか。


ちょうど大分旅行の予定があったので予約ページをみていたら、「1名利用個室」に空きがあった。
前から1度乗ってみたかったので、今回初めて予約してみたというワケ。

f:id:tonogata:20190709224300j:plain:w600

しかし予約画面をみてビックリ。
お値段は「大分-日田」(2時間ちょい)で、3.1万円。

通常2.4万円/1名で利用できるが、「1名利用個室」はちょっと高くつくんだな。


ネットで予約して数日後、予約票が郵送されてきた。
オリジナル・デザインのクリアファイルに入っている。

f:id:tonogata:20190709225606j:plain:w400

当日は、大分駅の改札でこの予約票をみせて乗り場に向かう。

発車時刻や乗り場についての情報も、予約票に記載されていた。

f:id:tonogata:20190709225729j:plain:w400


なお、今回自分が乗ったのは「大分-日田」区間だが、運行路線は時期によって異なる
そこら辺は、公式ページでちぇけちぇけ。


内装(1名利用個室)

指定された乗り場で待っていると、「或る列車」がホームにやってきた。

f:id:tonogata:20190709230602j:plain:w600

集まった乗客の皆さん、まずは車体の撮影タイムです。
スイーツ列車だけに、この日の乗客の割合的には女性グループが過半を占めているようだった。

「或る列車」は2両編成で、それぞれ内装が異なる。
入口がある1号車の方は、メープル材を使った4人用のテーブル席

f:id:tonogata:20190709231018j:plain:w600

豪華な内装だ。

これまたキレイな連結部を抜けて、2号車に向かう。

f:id:tonogata:20190709231240j:plain:w600

2号車は、個室エリア。

自分が利用する「1名利用個室」も、この中に含まれる。

f:id:tonogata:20190709231435j:plain:w600

個室を通路側からみると、ウォールナットの組子に囲まれている。

組子の戸をスライドさせて、中に入る感じすね。

f:id:tonogata:20190709231548j:plain:w600

個室の中には、1人がけのソファが2つ。
1名利用個室も椅子は2つあるので、1つを荷物置き場に使える。

f:id:tonogata:20190709231729j:plain:w600

窓枠にはめこまれた組子も、キレイな模様で見とれてしまう。
外の景色を眺めたい場合は、スライドしてズラせる。

f:id:tonogata:20190709232449j:plain:w600

壁には唐草模様。
デザイン的には「金色と黒色」「唐草模様」がよく使われているらしい。

f:id:tonogata:20190709232645j:plain:w600


コース・メニュー

車中でのドリンクは飲み放題
ワインやジュース・コーヒーがあるが、種類は多くない。

当方は、飛行機のビジネスクラスで言う「シャンパンおじさん」でスタートした。
(スパークリング・ワイン)

f:id:tonogata:20190709234656j:plain:w600

乗車時には、すでにコースの1品目「bento」がセットされていた。

f:id:tonogata:20190709235012j:plain:w600

左から、

  • 穴子の丼仕立て(福岡県産)
  • 鰹の炙りとナスの煮浸し(長崎県産)
  • 和牛のローストビーフ(九州産)

食材の産地は、全て九州内とのこと。

なんとなく飛行機の機内食の味をイメージしてたが、気圧の関係もないので、こっちの方が断然美味いですね。
個人的には、山椒の風味をきかせた穴子&ご飯がラブリィでした。

続く2品目からは、いよいよスイーツ。
スタッフが頃合いをみて運んできてくれた。

f:id:tonogata:20190709235322j:plain:w600

「九州のいろいろな柑橘とスパイスのカクテル」
白ワインゼリーと 柑橘、 生姜のシャーベット、クローブ、 アニス、シナモン、カルダモン、レモン、オレンジ、 バニラの香りの ソースとともにカクテル仕立てにしました。

生姜のシャーベットと柑橘を夢中でシャリシャリしてたら、爽やかすぎて死ねた。
最高ですね。味良し、香り良し。


f:id:tonogata:20190710000331j:plain:w600

「福岡県 八女の新茶と熊本県 メロンのスープ」
メロンのシャーベットとヨーグルトのクリーム、抹茶の軽いエスプーマでスープ仕立てにしました。

抹茶とメロン、こんな合うの?ウマーッ!!ってなりました。
フワッとした抹茶の泡とメロンの甘いシャーベットが、溶け合いつつ、口の中で絡みほぐれつで、それはもう。。。

f:id:tonogata:20190710001119j:plain:w600

「長崎県 マンゴー、沖縄県 パイナップル、パッションフルーツのトロピカルフルーツ、バシュラン仕立て」
メレンゲで作ったカップの中にマンゴー、パイナップルとタピオカを詰めて、ココナッツムースとクリームでドーム状にし、上からパッションフルーツのソースとライムの皮をかけて仕上げます。

スタッフの若い女性は「これが一番オススメです」って言ってました。
あと「タピオカも入ってますよ!」とも言ってました。
当方には、よく分かりませんでした。酸っぱかったです。


f:id:tonogata:20190710001337j:plain:w600

ブルーベリーと佐賀県 ブラウンチーズのケーキ
長崎県 オリーブオイルと熊本県 レモンのショコラ
大分県 バラの花びら

オリーブオイルとレモンのショコラは美味かった。


あとは、酒を飲みながら車窓を眺めてました。

f:id:tonogata:20190710001948j:plain:w600

この日は雨天だったのが、あいにくですけどね。。。

f:id:tonogata:20190710002112j:plain:w600


そのほか

車内には、電車模型のディスプレイがあった。

f:id:tonogata:20190710002459j:plain:w600

途中、「豊後森駅」で一時停車した。

f:id:tonogata:20190710002609j:plain:w600

改札の外に出てもOK。
有名な駅だか何だかで、撮影タイムみたいな感じですかね。


降りる際には、スッタフからカードをもらいました。

f:id:tonogata:20190710002742j:plain:w400

裏には手書きでメッセージを書いてくれてました。
(そういえばこの日は天候のせいでキャンセルが多かったらしく、空いてた。結果的に、スタッフと世間話をする時間が結構長かった)


日田駅に着いた後、本当はトレッキングを予定していたんだが、天候の悪さから断念。

適当に観光して、日田焼きそばを食って大分に帰ったのでありました。。。

f:id:tonogata:20190710003901j:plain:w600


ほい。

スイーツ・トレイン、かなり満足度高かったです。

半個室でお酒を飲みながら、車窓を眺めて、、、
そしてスイーツが美味い。

お値段が結構するのがアレだけど、また別の観光列車にも乗ってみたいな、と思いました。


そんな感じ。