ユナイテッド航空「MileagePlus Shopping Japan」開始、手軽にマイル期限の延長が可能に


ユナイテッド航空が、ポイントモール「MileagePlus Shopping Japan」を開始した。

この「MileagePlus Shopping Japan」を経由して買物をすることで、小額ながらユナイテッド航空のマイルが付与される。
ユナイテッド航空のマイル期限は「最後に増減があった日から18ヶ月」
定期的に1マイルでも加算すれば、マイルが期限切れになることはない。

f:id:tonogata:20190827000806j:plain:w400

もともとユナイテッド航空は、同種のポイントモール「MileagePlusモール」を持っていた。
この「MileagePlusモール」は、2019年8月30日で終了予定。
ユナイテッド航空「MileagePlusモール」終了、手軽なマイル延命手段が消滅へ - やじり鳥

ちなみに、このユナイテッド航空「MileagePlusモール」を運営していたのは楽天
楽天はデルタ航空のポイントモール「スカイマイル ショッピング」も運営していたが、こちらも8月30日で終了する。
どうも楽天は、これらの他社ポイントモール運営事業から手をひく模様。

楽天といえば昔、アメリカのポイントモール大手「Ebates」を買収している。
その後「米Ebates」をモデルに、日本で楽天Rebatesを開始(2016年)。

「Rebates」は、米国を拠点に世界5カ国で展開する楽天グループのオンライン・キャッシュバック・サイト「Ebates(イーベイツ)」をモデルに構築され、2016年10月にグランドオープンした日本独自のサイトです。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000767.000005889.html

個人的にはEbatesよりtopcashbackを使っていたが、楽天がEbatesを買収した時は結構ビックリしたもので。
そのうち日本でもEbatesを展開するかな?と思いきや、微妙に名前を変えて「Rebates」としてデビューした。

元々Ebatesというサービス名は「リベート」(Rebates)という単語をそのまま使わず、「Eコマースなので1文字抜いてEbates」というコトなんだろうけど・・・
なんで楽天は、名前を単語そのものの「Rebates」にしちゃうワケ?って思ったが・・・、

ああ、、、楽天の頭文字「R」だから戻したのか?っていう。
(いいのか、それで

それはともかく「楽天Rebates」はJAL国際線に対応してたり(ANAはツアーのみ)、そこそこ便利ですね。
個人的には、結構気に入って使っている。


話は戻って、ユナイテッド航空の「MileagePlus Shopping Japan」。
こちらはグローバル(英・豪・中etc)で展開されているサービスの日本版となっている。

このグローバルサイトの運営会社は、英Collinson
Collinsonはプライオリティパスの本家会社なんだが、それ以外にも色々事業をもっており、こんなこともやってるのね、と。

なおアメリカの本家「MileagePlus Shopping」だけは別運営会社で、米Cartera Commerceが担当の模様。
この会社は、楽天の子会社だったりする。

楽天は、どこにでもいるな(笑)っていう。
買収しまくってるというか。

ただまぁ、その楽天。

縁がきれた日本の新生「MileagePlus Shopping Japan」では、「楽天市場」を出店していない。
楽天トラベルとか周辺サービスは出店してるけど、楽天市場は対応してないんですね。

以前の「MileagePlusモール」だと楽天市場があり、還元率は「400円につき1マイル」と雀の涙ではあったが、こちとら目的は「マイルの延命」なのでその点は問題なかった。
楽天市場みたいに汎用性の高いショップがあると、ポイントモールとしても結構使いやすかったんだけど・・・。


現時点で新生「MileagePlus Shopping Japan」の出店数は、150くらい。
旧「MileagePlusモール」は365店舗だったので、まだまだですね。

今後の拡充に期待したいと思います。


ほい。

そんな感じ。