読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「Universal Analytics」にするとユーザー属性が見れなくなる。dc.js対応は来年らしい。

Google

「Google Analytics」の管理画面を見てたら
Universal Analytics」にアップグレードしてねー
という案内が画面に出てた。


f:id:tonogata:20131212083953p:plain


何も考えずにアップグレードしたら、
性別とか年齢とかの、「ユーザー属性」が取れなくなっちゃったのだ。


この「Universal Analytics」(analytics.js)は、Google ディスプレイネットワーク(GDN)のインプレッション レポートに、まだ対応していないらしい。


えー、じゃあ「dc.js」に戻したい~、
と思ったが、
戻すこともできねぇ。


Googleのアップグレード・ガイドを読むと、ちゃんと書いてある。
Universal Analytics Upgrade Center  |  Universal Analytics Upgrade Center  |  Google Developers


You can’t stop the process or revert to a previous version of Google Analytics.

「Universal Analytics」にアップグレードしたら、もう前のバージョンには戻れない。

You must complete the process for each property you want to upgrade to Universal Analytics.

一度アップグレードのボタンを押したら、手続きを完了させなければいけない。

Data integrations related to the dc.js JavaScript library aren’t supported, but are coming soon.

なお、「Universal Analytics」はdc.js系の機能に対応していない。しばし待たれよ。

Display Network Impression Reporting,DoubleClick Campaign Manager Integration,or Google Analytics Demographics and Interests Reports,do not upgrade to Universal Analytics yet.
Wait until you see an announcement about dc.js in Universal Analytics, and upgrade then.

以下の機能が必要なら、dc.js対応のバージョンアップのアナウンスがあるまで、「Universal Analytics」にアップグレードしないでね。

  • ユーザー属性
  • インタレストカテゴリ
  • GDNのインプレッションレポート
  • ダブルクリック・キャンペーン




まじか。



じゃ、いつdc.js対応のバージョンアップするのよ!
今でしょ???

The dc.js JavaScript library isn’t supported in Universal Analytics, but will be in the coming year.

dc.jsについては、来年の予定だ。



来年かよ!
って、来年のいつだよ!



んー。
やっぱ何も考えずに「はい」ボタンを押しちゃいけないな。