読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国産「エースジーン」渾身のビジネスバッグ「EVL」シリーズの違いをチェック。「EVL-2.5」、「EVL-2.0」から「EVL-1.5」まで。

ファッション 旅行用アイテム

仕事用の「ビジネスバッグ」を探してまして。
特に3wayで、リュックに変形できるヤツ。


それでまぁ、色々探した結果。
国産の代表格「エースジーン」かなぁ、と。
クオリティとコスパのバランスが良く、国産ならではの小回りのきいた機能が入っているので。


しかし、「エースジーン」のビジネスバッグは、色々ある。
なかでも売れ線の「EVL」シリーズ。
古いのは値段もちょっと安いが、どうしたモンかな、と。

発売日 シリーズ 素材 特徴
2014/2 EVL-2.5 コーデュラ
バリスティック・ナイロン
衝撃吸収材「αGEL」を採用
2011/2 EVL-2.0 ナイロン1260dn LEDライト搭載開始と白銀比デザイン
2009/2 EVL-1.5 ナイロン1680dn PU加工 ゼロハリのデザイナー採用でアメリカンテイスト


ざっくり言うと、最新の「EVL-2.5」以外なら1万円ほど安かったりする。


なので、ちょっと違いをチェックしてから、決めようかな、と。
そう思いまして。


ちぇけらっちょした。
その、メモにて。



「EVL-2.5」(2014/2発売)


f:id:tonogata:20150228103418p:plain


発売されている最も新しいシリーズ。



プレスリリースはコチラ。
https://www.ace.jp/news/pdf/1401_acegene.pdf


特徴は?
(株)タイカの衝撃吸収材「αGEL」を、ビジネスバッグで初めて採用したことらしい。


f:id:tonogata:20150228102950p:plain


また、ハンドル部分の「アシンメトリーハンドル」や、3Dショルダーパッド。


f:id:tonogata:20150228104327p:plain


重い荷物を鞄に入れてても疲れにくいように配慮している、と。
PCの持ち運びにフォーカスしたシリーズ。

タブレットPCの普及により、これまで以上にパソコンの持ち運びが容易になるなか、安心して電子機器を持ち運べるよう、衝撃吸収材「αGEL」 をビジネスバッグに初めて搭載します。
「αGEL」をPC収納ポケット底面に配置することで、落下時の衝撃を緩和。従来に比べ約8倍(※)の耐衝撃性を実現しました。


「αGEL」を底面に配置しているので、鞄を地面に置く場合に気を遣わなくて済むのはいいよね、と。


素材的には?


「コーデュラ・バリスティック・ナイロン」。
CORDURA® Brand - CORDURA® Ballistic Fabric


f:id:tonogata:20150228103103p:plain


自分は「バリスティック・ナイロン」のビジネス・バッグを探していたので、ここら辺は気になる。


ちなみに、「バリスティック・ナイロン」は素材と織り方、つまり生地のこと。
1050デニール以上でバスケット織り、というのが元々の定義らしい。
デュポンが戦時中に生み出した。
防弾チョッキの生地に使われたりして、耐久性の高い生地として有名。
※バリスティック・ナイロン自体に防弾性があるワケではない


「コーデュラ」は、元々デュポンが生み出したブランド名。
現在は、インビスタ社が扱っている。


↓のタグが「コーデュラ」。
f:id:tonogata:20150228095503p:plain


このブランド(コーデュラ)は、元々デュポンが戦時中にレーヨンから始めたようだが、、、
今ではナイロンを中心に、コットンとかポリエステルとか織り交ぜて、耐久性の高い生地を売りにしている。


ただ単に耐久性が高いだけじゃなくて、軽さもあるやつとかも。


↓みたいに色々種類があるが、その中のヘビーな選択肢の一つに「バリスティック・ナイロン」がある。

  • Ultra Light Weight Nylon Ripstop Fabrics (30, 70, 100 denier)
  • Nylon/Cotton Blends for Workwear and Denim
  • Textured Nylon Bottom Weights (160, 330 denier)
  • Light Weight Nylon Packcloths (210, 420 denier)
  • Textured Nylon or Polyester Packcloths (300, 500, 1000 denier)
  • Heavy Weight Nylon Ballistic Fabrics (630, 840, 1050 denier)

CORDURA® Brand - FAQ's


「EVL-2.5」に使われてるのは、この「コーデュラ・バリスティック・ナイロン」すね。


バリスティック・ナイロン」と「コーデュラ」の違いについては以下が詳しい。
http://www.deniernylon.com/how-are-ballistic-and-cordura-different-aid-15476/

Ballistic Nylon is its own fabric. As such its diversity comes from the double basket weave, and the high denier of the Nylon used in it.
Cordura became a fabric enhancer more than a fabric itself.


「コーデュラ・バリスティック・ナイロン」の中でも製品仕様は色々あると思うが(デニールとか)、「EVL-2.5」のそこら辺は不明。


それはともかくとして、、、
「バリスティック・ナイロン」で3wayな仕事用バッグが欲しかったので、これがいいかなぁ、と。


元々、「エース」の原点は「ナイロン製バッグ」にあるらしい。

私たちのものづくりの原点は、1953年に発売されたひとつのナイロン製バッグに遡ります。
「この軽くて丈夫な素材でバッグをつくれたら、どれほどみんなの生活が変わるだろうか」と、当時誰も行わなかった新素材「ナイロン」での商品化を実現したことは、私たちエースの原点であり、エースジーンを創造する原点でもあります。

製品情報|ace.(エース)公式サイト [エース株式会社の総合バッグブランド]


その「エース」の「遺伝子」という意味のブランドである「エース・ジーン」。


最新作のバリスティック・ナイロン搭載。


・・・ゴクリ。


欲しいぜ。。。


エースジーンは国産ビジネスバッグの最高峰だけあって、小回りもきいている。
そこも、グッとくるんだよなぁ。


ペットボトル収納や、フルオープン。
これらは「EVL-2.5」からの搭載機能。


f:id:tonogata:20150228104455p:plain


そして、エキスパンダブル。


f:id:tonogata:20150228104639p:plain


「エキスパンダブル」というのは、バッグの奥行きを広げられる機構。
↓で言うと、通常13cmで、チャック・オープンによって18cmに広げられる意味。
W40×H28×D13/18 cm


これ、ちょっと荷物のある時とか出張で便利そう。


ただ、「エキスパンダブル」対応版は、ちょっとだけ値段が高い。
そして、対応か非対応かは、ちゃんと商品説明をチェケら。
↓のように「エキスパンダブル」とか「マチが広がる」とか書いてある。



なお、「エキスパンダブル」自体は「EVL-2.0」にも搭載型番あり。


www.bousaid.com



「EVL-2.0」(2011/2発売)


2011年に発売されたシリーズ。


f:id:tonogata:20150228102655p:plain


現在では、より新しい「EVL-2.5」が発売されているため、この旧シリーズからは1万円ほど定価が安くなっている。
つまり、安い。
やや品薄。



プレスリリースはコチラ。
https://www.ace.jp/news/pdf/1102_acegene.pdf


ここから、LEDライトがバックにつき始めた。

リュック・3WAY型には、カバンを持ち歩く際の振動によってLEDが発光するLEDライトを搭載し、夜間における自転車通勤時の安全性を高める


振動によって光るので、電池不要。


個人的に、バッグ時代のデザイン的にはコレが好みなんだなぁ。
難しい。。。


ハンドル部分は、「アシンメトリーハンドル」の「EVL-2.5」と比べ、こちらは「ハイブリッドハンドル」。


f:id:tonogata:20150228105836p:plain


発売も、そこまで古くはないので、選択肢に入ってくる。



「EVL-1.5」(2009/2発売)


プロダクトデザイナーには、ゼロハリバートンのクリエイティブディレクターであるティムフェントン氏を起用。
アメリカのサンディエゴで行われた「トラベルグッズショー2008」に出品され、同年アメリカにて先行発売。


昔のことなので良く分からんが、グローバル進出を目指して、デザインにもアメリカンラゲージなテイストを出したらしい。


f:id:tonogata:20150228102339p:plain


1つ新しい「EVL-2.0」の「ナイロン1260dn」に比べて、この「EVL-1.5」は「ナイロン1680dn」。
つまり、太くて頑丈なイメージ?
デニールは繊維の太さの定義


なぜか、楽天の「エースジーン」公式アウトレットショップでのみ、復刻で販売している。



ACEOUTLET online store

強靭な耐久性と豊富なサイズバリエーションで人気のスタンダードシリーズ『EVL-1.5』を、この度“エース直営店限定商品”として復刻いたしました!


もしかしたら、店頭(アウトレットモールとか?)でも売っているのかもしれない。
個人的には、ちょくちょく気にしてチェックしているが、関東のアウトレットモールではみたことない。


口コミを見てると、この時のデザインが好きで、買い直し需要があるっぽい。
ファンがいるんだろうな。
店頭でみれないので、個人的な所感はない。



まとめ


最初は1万円ほど安いEVL-2.0を考えてたんだが。
念のために色々調べてたら、やっぱ、こう、、、
最新の2.5がいいよね。
みたいな。


ぐぬぬぬぬぬ。
しかし1万円は惜しい。


ただ、バリスティック・ナイロンだしなぁ。


しかもEVLシリーズは、毎年新しいのが出ているワケではない。
数年ごとなんすよね。


なので、まぁ新しいのが欲しいかな、と。
そう思いまして。


うーむ。


ちなみに「エースジーン」には、お値段高め&高クオリティのプレステージ仕様、「PROGRIT Si」というのがある。

高級感と機能性を兼ね備えたACEGENEのプレステージシリーズ。
高い縫製技術により生みだされた立体的なフォルムと、持つものを魅了する上質なレザー使いを施した、まさにビジネスエリートにオススメのシリーズです。

製品情報|ace.(エース)公式サイト [エース株式会社の総合バッグブランド]


実は、ずっとこれの「3way」を待ってたんだが、なかなか発売されそうにない。


「雨にも強い撥水性」。
これ。
「PROGRIT Si」は、撥水性能が魅力なんだよなぁ。
自分的には。


しかし、もう待てないので「EVL-2.5」で良いかなぁ、と。
割とスグ欲しいのよね。


そんな感じ。



ファッション カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥