読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんなの初めて。黒石(青森)のソウルフード「黒石やきそば」と「つゆ焼きそば」。黒石やきそば専門店「すずのや」の「化け焼きそば」が美味い。

青森 国内旅行 グルメ

青森に行ったんですよね。
そしたらですね。
黒石という街の「焼きそば」。


いや、ほら、その。
違うんですよ。
その「焼きそば」じゃないんです。


なんか違う。


だって、ほら。
ウスターソースを絡めた「焼きそば」なのに。
麺が和風の「そばつゆ」に浸かってる。


そばつゆ。


焼きそばに?
なんでまた、そんなコトを。


というか、そもそも。
麺が違う。
「焼きそば」にしては、太い。


しかし、食ってみると。
美味い。
すごく美味い。


マジか、これ。
みたいな。
なぜ美味いんだ、これ。
みたいな。


そーゆー話にて。


以下。



「黒石やきそば」と「つゆ焼きそば」


青森県黒石市に、「黒石やきそば」というのがあるんですね。


「すずのや」の解説によると、、、
戦後まもなく、「ソース」が普及し始めた。
そして、「ソース」を使った「焼きそば」という料理も出回るようになった。


※「焼きそば」というのは意外と新しく、戦後に普及したらしい。
合資会社荒川製麺工場 やきそばの「豆知識」


戦後当時の黒石の製麺所でも、「焼きそば用の麺を作って欲しい」という依頼が出始めた。
しかし、麺を切るカッター(機械)は高い。
なので、当時から製麺所にあった「うどん」用の機械で作ってみた。
焼きそば用の麺を。


「うどん」みたいな、太くて平たい麺で、「焼きそば」。
こうして黒石では、太平麺の「やきそば」がスタート。

(「黒石やきそば」は)昔は「おやつ焼きそば」と呼ばれ10円単位で買えた子どものおやつだったりと、しっかりと地域に根ざしたご当地グルメなのです。
今でも100円から食べれるお店があり、手作りのおやつ感覚でいただくことができます。

http://kuroishi-tuyuyakisoba.aomori.jp/yakisoba.html


そして更に10年ほど時を経て。
昭和30年代後半。


「黒石やきそば」に「そばつゆ」を掛けた、「つゆ焼きそば」(つゆそば)が爆誕。

美満寿(店名)は旧中郷中学校入り口にあり、学校帰りのおなかを空かした中高生に、冷めた「やきそば」に温かいそばつゆを掛けて食べさせていた。

つゆ焼きそば - Wikipedia


「黒石やきそば」と「つゆ焼きそば」。
これは是非に食ってみたい、と思い。


行ってきた。



黒石やきそば専門店「すずのや」


今回行ってきたのは、「黒石やきそば」と「つゆ焼きそば」の専門店「すずのや」。


tabelog.com


観光スポットで、「日本の道百選」にも選ばれた「こみせ(小見世)」にあり、便利。
こみせ(小見世)通り | 一般社団法人 黒石観光協会


お店の外観も何だか懐かしい感じですね。


f:id:tonogata:20151125002807p:plain:w400


入ってみると、テーブルがいくつか。
昼の2時過ぎだったので、空いてて良かった。


f:id:tonogata:20151125002848p:plain:w400


今回の注文は、「化け焼きそば」(650円)。
「黒石やきそば」と「つゆ焼きそば」の両方を、一度に楽しめるという。
素晴らしい。

  1. 「黒石やきそば」として食べる
  2. 途中で「そばつゆ」を自分で投入
  3. 「つゆ焼きそば」として食べる


そして注文後。
当方、おもむろに挙手して起立。
既に調理を開始していた店主に、「半熟煮玉子」(100円)オプションを追加申請しました。


無事、受理されました。


メニューに「おすすめ」とあったので。
ついつい、、、ね。


f:id:tonogata:20151125002935p:plain:w400


テーブルにおいてある冊子を読んで待機。
「黒石やきそば」の歴史や思い出話。
楽しめます。


そして、、、


きました。


f:id:tonogata:20151125003516p:plain


「黒石やきそば」with 「つゆ焼きそば」セットであります。


食ってみると、、、
「焼きうどん」のような見た目だが、麺にコシがあり、ウスターソースの焼きそば感。
不思議な感触。


f:id:tonogata:20151125004832p:plain


おおぅ。
おおぅ。
これは、美味い。


そう思いながら、黙々と食べる。
なんだか止まらない。


ふと頭をよぎる。
美味いんだが、このまま食い進んでは、、、
そばつゆの投入タイミングが、、、


いったん〆よう、
区切りをつけよう、
と、踏ん切りをつけるために、なんとなく紅ショウガを投入。


しかし、コレがまずかった。


この紅ショウガ、ピリリと美味い。
焼きそばが、美味しくなる魔法の組み合わせ。


結果、さらにブースト。
グングン食い進んでしまう。


しかし待て。
ちょっとお待ちください。


己は阿呆か!
何のためにココにきた。よく考えろ。
麺がなくなる前に、「そばつゆ」を投入せねば。
「つゆ焼きそば」の完成・成就こそ、悲願。


ああ、「大盛り」にしておくんだった!
と後ろ髪ひかれつつ、、、


アツアツの「そばつゆ」をドジャーッ。
ネギと天かすをつまんで、フワッ。


f:id:tonogata:20151125005052p:plain


どじゃーん!
「つゆ焼きそば」完成。


むふ。


さてさて、どんな感じかな?と思いきや。
さっきまでと、雰囲気が一変。


ウスターソース感が、引っ込み、、、
「そばつゆ」の香りと味が前面へ。
まるでコレは、蕎麦のようだ。


からの、、、
ウスターソース感も復活。


おおぅ?


とりあえず、シコシコした太平麺をすする。
美味い。


そば的な、焼きそば的な、、、
なんだコレは。


なんなんだ、コレは。
と思いながら、箸が止まらない。


スープというか、そばつゆも美味い。
結局、全部飲み干してしまった。。。


完食。


いやー。


良かった。
これは。
美味かった。


この「化け焼きそば」。
両方味わえて、変化を楽しめるので、オススメです。



アクセスなど


黒石には、弘前から電車で行った。


弘南鉄道のローカル線で、弘前から30分・490円。
ただし、本数は1時間に一本なので、あらかじめ時間をチェックしておいた方がよい。


f:id:tonogata:20151125233400p:plain:w400


車両は、かなり懐かしい感じ。
鉄道は詳しくはないが、こーゆー昔ながらの電車に乗るのは、楽しい。


f:id:tonogata:20151125233510p:plain:w400


乗り込んでみると、バスのような「整理券」の機械が・・・
実際には、普通に切符で乗り込んでいるので、この「整理券」は使ってないんだけど。


f:id:tonogata:20151125233605p:plain:w400


運賃を回収する、運賃箱も発見。


うーむ。


電車も、こーゆー運賃箱を使うんだな。。。
今は使われていないのかもしれないけど。


駅からは、徒歩10分で「すずのや」や観光スポットである「小見世通り」にアクセス可能。

伝統的建造物とアーケードが藩政時代からほぼそのままの形で今に残っています。
これは、全国的にも類例がないといわれています。

社団法人黒石観光協会 黒石市の観光情報


f:id:tonogata:20151125233850p:plain:w400


「こみせ駅」という土産物屋があった。
津軽こみせ駅 | 一般社団法人 黒石観光協会


f:id:tonogata:20151125234258p:plain:w400


この中には「こみせ庵」というメシ処もあり、そこでも「黒石やきそば」を食べることができる。
こみせ庵 - 黒石/焼きそば [食べログ]


自分は、「懐かしの駄菓子コーナー」で、青森のご当地お菓子をいくつか買っていった。


f:id:tonogata:20151125234647p:plain:w400


そんな感じ。


www.bousaid.com