読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沖縄の那覇空港から最も近い離島「瀬長島」の琉球温泉「龍神の湯」。海を見渡し、ウミカジテラスと目が合う?幻惑の温泉。

沖縄 国内旅行

沖縄の那覇空港から、最も近い離島「瀬長島」。
その瀬長島に「琉球温泉 龍神の湯」という日帰り入浴可能な温泉があるというので、行ってきた。


温泉は、「瀬長島ホテル」にある。
宿泊者以外でも、日帰り入浴も可能。


絶景!日本(沖縄)唯一の夕日と空港がオーシャンビューで眺望できる天然温泉露天風呂が、瀬長島に誕生しました。


公式サイトはコチラ。
温泉 │ 琉球温泉 瀬長島ホテル | 沖縄リゾートホテル【公式サイト】


www.youtube.com


瀬長島へのアクセスは?
本島と橋で繋がっており、車で20分ほどの距離。


また、那覇空港から「ゆいレール」で1駅の赤嶺駅から、「瀬長島ホテル」への無料のシャトルバスも出ている。
温泉のみ利用の場合も、この無料バスを利用可能。
http://www.senagaspa.jp/jp/access/index.html


f:id:tonogata:20160515194338j:plain:w400


さて。
お風呂の方は、内風呂1つ、露天風呂3つ。
早速、入浴してみた感想。


いやー・・・
南国の、昼間の露天もまた、いいね。
コレ。
潮風と、(空港が近いので)飛行機の音、南国のムード、温泉。
なあなか得がたい雰囲気。


特に良かったのは、深さ1.2mで立ったまま入る「立湯」


f:id:tonogata:20160515200623j:plain:w400


肩から上に、柵など景色を遮るモノがなく、ストレートに海が見える。
立ったまま、腕で壁に寄っかかってボンヤリ。


いやー、良かった、これは。
入ったのは昼間だったけど、朝焼けとか夕焼けも見たかったなぁ・・・。


ちなみに、「立湯」と「海」の間には、昨年オープンしたばかりの商業施設「ウミカジ・テラス」
山の斜面の段々状のテラスに、白くてキレイな商業施設が並んでるんですね。
瀬長島ウミカジテラス | 沖縄アイランドリゾート【公式】


「立湯」からは海も見えるんだけど、、、
その手前の、ウミカジテラスの様子も見える。


様子が見えるというか、、、
ウミカジテラスにいる観光客と、うすーく「目が合いそう」な距離感なんだな笑


f:id:tonogata:20160515200952j:plain:w500


「あ、いま目が合っちゃった?」って思う感じ?
実際にはそうでもないと思うけど、ドキッとするというか。


通行人も、こっちみて
「???・・・なにアソコにいる人たち?ちょっと遠くて見えないけど・・・まさか、お風呂?」
みたいな様子。


f:id:tonogata:20160515205524j:plain:w400
※この辺にいる人たちの様子が風呂から見える


無論、肩から下は隠れているので問題ない。
それにしても、、、
やっぱ沖縄は「おおらか」でいいよなぁ。
温泉地でもないリゾート地で、いきなり通行人と目が合いそうな距離感の温泉。
本土では、なかなかなさそう笑


海を眺めてもよし、ウミカジテラスの観光客を眺めても良し。
空港が近いので、飛んでくる飛行機も見える。


これは、、、
いい湯です。。。




以下、アクセス情報など。


自分は、無料バスで行ってみることにした。


まず、「ゆいレール」始発の那覇空港から1駅、「赤嶺駅」へ。
1つしかない改札を出ると、左にバス亭があるとの案内が貼ってある。


f:id:tonogata:20160515194945j:plain:w400


左にいって駅の階段を降りて行くと、ロータリーが出現。
黄色矢印のあたりが、無料シャトルバスが来るポイントになる。


f:id:tonogata:20160515195043j:plain:w400


シャトルバスは1時間に1~2本なので、あらかじめ時刻表をチェックしておく必要あり。
http://www.senagaspa.jp/jp/access/index.html


f:id:tonogata:20160515025122j:plain:w400


自分が行った日は休日だったためか、バス利用の人がそこそこいた。
15人以上いたけど、全員バスに乗ることができた(補助席もある)。


バスは出発して15分ほどで、瀬長島ホテル前に到着。


f:id:tonogata:20160515025709j:plain:w400


あいにくの曇り空だが、後ろを振り返ると海が見える。


f:id:tonogata:20160515195515j:plain:w400


ちょっと海を眺めてから、さっそくホテルの方へ。


f:id:tonogata:20160515195559j:plain:w400


入り口を入るとスグに、「龍神の湯」受付はコチラ、の案内。


f:id:tonogata:20160515195648j:plain:w400


料金は、平日1330円、土日祝日1540円。
Edy支払いOK。
また、エステなどもやっている模様。


f:id:tonogata:20160515195846j:plain:w400


靴箱に靴をいれ、受付に向かう。
靴の鍵を渡すと、ロッカーの鍵とタオルがもらえた。
料金は後精算。


注意点。


瀬長島に渡る橋は1本のため、休日の夕方とかは車道が混む可能性あり。
飛行機に乗る前に行く場合は、帰りの時間にかなり余裕を持った方がよい。


自分が行った際には夕方になって渋滞がヒドくなった。
空港行きの無料シャトルバスが、到着する気配が全くない。
(道路上の車が全く流れてない)


渋滞で車が動いてないのでタクシーもアレだし、まぁ、歩いて帰るか、と。
最寄りの「赤嶺駅」まで、橋を歩いて渡って帰ることにした。


f:id:tonogata:20160515032841j:plain:w400


「赤嶺駅」まで歩くと40分ほどかかるので、さすがに汗をかいた。
せっかく「さっぱりしてから飛行機に乗ろう」とか思ってたのに笑


ちなみに、歩いて帰る途中に、うまそうな沖縄そばの店があった。
食べログの評価もなかなか。
そば処 たから家 (たからや) - 赤嶺/沖縄そば [食べログ]


腹が減ってなかったので行かなかったけど、途中で寄るのもいいかもしれない。


そんな感じかな。


沖縄 カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥