マリオットのソーシャル・プログラム「#RewardsPoints」での獲得上限が、年間45000ポイントへ

マリオットのソーシャル・プログラム「#RewardsPoints」

マリオット公式のTwitter/Facebook/Instagramなど、ソーシャル・アカウントとの連携キャンペーン。

以前は「#MRpoints」と呼ばれていたが、「#RewardsPoints」としてリニューアルされた模様。

キャンペーン公式サイトはコチラ。

mrpoints.chirpify.com

f:id:tonogata:20170806104334p:plain:w600


このソーシャル連携でポイントがもらえるプログラムは、以前からやっていた。

今回は、そのプログラムでの年間獲得ポイント上限が、45,000ポイントになったという話。

A maximum of 45,000 points per Marriott Rewards account can be earned each calendar year through #RewardsPoints.

具体的に、どのようなキャンペーンで獲得ポイントが増えるかは不明。

現行では、以下の「連携設定するだけ」「フォローするだけ」のキャンペーンがある。
合計1000ポイント分。

ソーシャル連携 獲得ポイント
Twitter連携設定 250ポイント
Twitterでフォロー 125ポイント
Instagram連携設定 250ポイント
Instagramでフォロー 125ポイント
Delta Hotels Instagramでフォロー
2017/10追加
125ポイント
Facebook連携設定 250ポイント
合計 1250ポイント

f:id:tonogata:20171030073015p:plain:w600

そのうち、他のキャンペーンも始まるものと思われる。

まだ連携設定していない場合、1000ptをチェケらっちょ。

連携を完了すると、1時間ほどでポイントが付与される。

f:id:tonogata:20170806110628p:plain:w600

ポイント付与確認はコチラ。
http://www.MarriottRewards.com/MyAccount


留意事項は以下。

連携するTwitterとInstagramのアカウントは、鍵付きNG。
公開アカウントである必要あり。

Follow @MarriottRewards on Twitter to learn about the latest promotions. Be sure to set your Twitter and Instagram social profile accounts to Public so we can rewards your posts.
Your Facebook account does not need to be public in order to earn.

ただしFacebookについては、非公開アカウントでもOK。


「#RewardsPoints」からの通知を受け取るメルアドは、上記キャンペーンページの最下部から変更可能。

f:id:tonogata:20170806105943p:plain:w400


一部URL等に「chirpify」と出てくる通り、マリオットはソーシャル・マーケティングに「Chirpify」を使っている。
https://www.chirpify.com/

Chirpifyの「Best Loyalty Marketing 2017」は、マリオットが受賞。
Marriott wins 2017 Gold for Best Loyalty Marketing | Chirpify

この受賞記事によると、昨年のマリオットはソーシャル・キャンペーンで8400万ポイントを付与した。
これは、おおよそ11,000泊分の無料宿泊に相当する。

more than 65 million positive earned media impressions, and earned more than 84 million rewards points through 326,000 social media engagements – the equivalent to earning roughly 11,000 free nights!

今後は獲得上限が増えるので、付与ポイント数も莫大なモノになりそう。

もちろん、そのポイント付与の原資はもともと、ホテルの客室料に乗っかってるワケですが。


ま、各キャンペーンに条件設定あるだろうから、最大の4.5万もとれるとは、とても思えないけど。。。

コツコツ稼げればいいかな、と。

※そのほか、ポイントがもらえるキャンペーンは以下を参照。
RewardsPoints カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥


「RewardsPoints」の有効期限

マリオットのリワードポイントの有効期限は、最後の獲得・利用から2年間
定期的に使っていれば期限は延びるので、実質的には「期限ナシ」。

ただし、有効期限を延ばす対象となるアクティビティと、そうでないものがある。

  • 2年間ポイントの獲得・利用がないと期限切れ
  • 宿泊に関わるポイントの獲得・利用は、期限を延ばすのに有効
  • ポイントの購入も、期限を延ばすのに有効
  • 「#RewardsPoints」(ソーシャル・キャンペーン)でのポイント獲得はノーカウント
  • SPGスターポイントなど、他社ポイントとの交換もノーカウント

公式サイトでの説明は以下。
(日本語の翻訳が変なので、英語版の方が分かりやすい)

注意点として、「#RewardsPoints」でのポイント獲得は、有効期限の延長に結びつかないこと。

自分は数年前に作ったアカウントだが、マリオットには全く宿泊していない状態。
その上で、最近「#RewardsPoints」でのポイント獲得を始めた。

すると最近、最初に獲得した1000ポイント(Twitterフォロー)などが期限切れになっているのを確認した。
この1000ポイントは、獲得から4ヶ月で期限切れとなっていた。

自分はアカウントが古く、現時点でも「2年間、有効なポイント獲得・利用がない」状態になっているため、ポイント獲得した時点でも期限切れしておかしくないんだが、ある程度の猶予はある模様。
この場合は、4ヶ月後に消滅したワケだが、常にそうとうは限らないかも。

最近作ったアカウントならともかく、自分と同じように数年前に作ったアカウントを使っている場合は、ご注意ください。


では、当面ホテルの利用やポイント購入の予定がない場合は、どうするか?

もしSPGアメックスを持っている場合、SPGスターポイントに交換しておくのも選択肢。
個人的には、↑に遭遇してからは随時スターポイントに交換している。

スターポイントの有効期限は、最後の獲得・利用から12ヶ月だが、SPGアメックス利用によるポイント獲得もカウントされるため、カードを使っているなら実質無期限。

www.bousaid.com

マリオットにも「アメリカなら」同様にクレカがあり、クレカ利用でのポイント獲得で有効期限が延びる。
しかしマリオットのクレカは、日本では出ていない。

RewardsPoints カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

ホテル カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|