新幹線のアイスはなぜ美味いのか。めいらく「スジャータ スーパープレミアムアイスクリーム」。

新幹線の「スジャータ スーパープレミアムアイスクリーム」

仙台旅行の新幹線で、アイスクリームを買った。

「スジャータ スーパープレミアムアイスクリーム」

f:id:tonogata:20170909094917p:plain:w600

お値段は290円
ハーゲンダッツに匹敵する高級アイスだな。

車内販売のお姉さんに声をかけ、バニラを1つ購入。
Suicaでピピッと決済。

値段はちょっと高いが、やはり「車窓を眺めながら」というシチュエーションで美味いアイスを食うのは、素敵なコトだと思うの。

f:id:tonogata:20170909094859p:plain:w600

購入したミニカップにはキレイに霜がかかって、見るからに冷たそう。

キュキュッと表面を指で吹いてやると、商品名が出てきた。

f:id:tonogata:20170909095649p:plain:w600

早速、ミニカップの蓋を開ける。

アルミ包装と、雑に記載された「材質:アルミ」の文字。
「品質に自信あり」の高級感を漂わせています。

f:id:tonogata:20170909095803p:plain:w600

硬い、硬い、とは聞いていましたが…

やはりスプーンが刺さりません(笑

f:id:tonogata:20170909095956p:plain:w600

メーカーのおすすめは、「10分待機」だそうです。

車窓とアイスクリームを交互に眺めること、数分。
時折スプーンを刺してみて、溶け具合を確認します。

f:id:tonogata:20170909100118p:plain:w600

食べてみると、、、美味い。

ねっとり濃厚、口溶けは爽やか。

ハーゲンダッツより、粘度と濃厚さを感じました。
美味いです。

結局、帰りの新幹線でもアイスを買ったのでした…。


ハーゲンダッツとスジャータの比較

ハーゲンダッツのバニラ味も好きで、たまに食べる。
しかし、このスジャータとハーゲンダッツの味の違いはなんだろうな?と思って成分表をみてみる。

f:id:tonogata:20170909100625p:plain:w600

種類 スジャータ ハーゲンダッツ
乳脂肪分 15.50% 15%
卵脂肪分 1.50% 0.80%


アイスクリームの「ベースとなる美味さ」は「乳脂肪分」の含有量で決まるらしい。

決め手となるのが「乳脂肪」です。乳脂肪はアイスクリームにミルクのフレバーとコクを与え、なめらかな組織と粘りと硬さのある良好なボディをつくります。
アイスクリームのおいしさの秘密||日本アイスクリーム協会

その乳脂肪分については、スジャータ(15.5%)・ハーゲンダッツ(15%)とほぼ同じ。
0.5%ほどスジャータの方が多いくらい。

つまり、(乳脂肪分量的には)スジャータはハーゲンダッツ並に美味しい。
ただしハーゲンダッツは、使用する生乳を「北海道 浜中町産の『特選・北海道4.0牛乳』」に限定するなど、クオリティの高さもオープンにしている。
JA浜中町農業協同組合オフィシャルサイト - 高品質牛乳
一方スジャータの方は、そうした中身については明らかにされていない。


次に、特徴的な「硬さ」
スジャータもハーゲンダッツも、硬い。

アイスクリームは、空気の含有量が低いと固くなるらしい。

「空気含有量が低いこと」
 濃厚な味わいと滑らかな舌触りを演出するため、アイスの空気含有量(オーバーラン)を大幅に低くし、アイスの密度を高めています。
新幹線トリビア »新幹線のアイスはなぜ固い?

空気の含有量で、味も変わる。
空気含有量が高いと「フワッとした味」になり、低いと「ねっとり濃厚な味」になる。

オーバーラン(空気含有量)が低いとねっ とりした重みのある味となり、高いとふわっと軽い味になります。
アイスクリームの科学 | 株式会社イシハラ

スジャータとハーゲンダッツ、どちらの方が空気含有量が低いかは分からない。

しかしスジャータの方は、アイスを作る際の繋となる「卵脂肪分」が、1.5%とやや多め。
そこら辺が、スジャータの「ねっとりとした粘度」や、空気含有量の低減=固さにつながってくるのかもしれない。

「スジャータ スーパープレミアムアイスクリーム」は、「新幹線に合う高級な味を」という意図で開発された。
その研究の過程で空気含有量を低くしたら、「溶けにくくもなった」(新幹線での販売にピッタリ)らしい。
新幹線で「硬いけどおいしい」 名古屋「めいらく」

いずれにしろ、個人的にはスジャータの「ねっとり濃厚」も、ハーゲンダッツとはまた別の感じで美味しいと思った。


「帝国ホテルのアイス」もスジャータ?

スジャータ会長である「日比孝吉」(最近逝去された)の投稿記事(2012年)を読んでいたら、「帝国ホテルに採用された」という話があった。

最近では帝国ホテルの社長が新幹線の中で販売していた私共のアイスクリームに目を付け、帝国ホテルで採用して頂きました。
http://www.nagoyanaka-rc.org/2012_13/weekly/20120903/NAKA_1987.pdf

帝国ホテルは、アイスも売っているんだな・・・。

帝国ホテルオンラインショップ/アイスクリーム詰合せ

通販でも、普通に買える。

これを買った人の記事によると、「製造者:名古屋製酪株式会社」とあったらしい。

販売者:株式会社帝国ホテル  製造者:名古屋製酪株式会社
https://blogs.yahoo.co.jp/kakutas2020/37412407.html

「名古屋製酪株式会社」といえば、スジャータ

スジャータは名古屋の会社なんだな。

「スジャ~タ♪」のCMでおなじみ「褐色の恋人 スジャータ」(コーヒーフレッシュ)が主力製品。
めいらくグループ - Wikipedia

そのスジャータの会社名は、「スジャータめいらく株式会社」

「めいらく」は、「名古屋製酪株式会社」からきている。
名=めい、酪=らく。
http://www.sujahta.co.jp/company/gaiyo.html


この「帝国ホテルのアイス」のスペック(乳脂肪分)は分からない。
しかしまぁ帝国ホテルだけあって、当然美味いんだろうな…。


そんな感じ。

グルメ カテゴリーの記事一覧 - やじり鳥

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|