大分名物「りゅうきゅう丼」(ひゅうが丼)の食べ歩き

「りゅうきゅう丼」(ひゅうが丼)とは

大分の郷土料理「りゅうきゅう」が美味いので、大分に行った際には好んで食べる。
大分 りゅうきゅう 九州の味とともに

「りゅうきゅう」はアジ・サバ・ブリ・カンパチなどの地魚を、醤油・酒・ミリン・ショウガ・ゴマなどのタレに漬け込んだモノ。

そのタレに漬け込んだ魚の切り身を白飯の上にのっけると、「りゅうきゅう丼」。
「ひゅうが丼」と呼ぶ地域もある。

f:id:tonogata:20180216001247p:plain:w600

元々は、漁師が魚の保存のために作っていたもの。
使う「魚」も「タレの味」も「作り方」も、店・家庭によって異なるという。
その定義のざっくりとした「ぶっかけ飯」感がたまらない。

そんな「りゅうきゅう」を、大分で食べてきたのでそのメモにて。


二代目与一

大分駅からもほど近い、「二代目与一」。
「りゅうきゅう丼」で有名なお店だそうです。
二代目与一 食べログ

f:id:tonogata:20180216000622p:plain:w600

観光で別の街に行ってきて、大分駅に帰ってきたのが夕方の4時。

この時間ならイケるかな?と思って訪問してみました。

f:id:tonogata:20180216001053p:plain:w600

普段は混んでるらしいが、空いてて良かった。
カウンターもあるが、空いてるのでテーブル席に着席。

琉球丼、1620円。
魚はアジだそうですね。

f:id:tonogata:20180216001221p:plain:w600

すでに味がついているので、いきなりガババっとかきこんで食う。
んまい。

f:id:tonogata:20180216001247p:plain:w600

アジに醤油・みりんの甘タレが染み込んでます。
そしてゴマとネギの風味。

酢飯で喉のとおりもよく、いくらでも食えそう。


寿しまどか

大分駅の駅ビル「アミュプラザ」にある回転寿司。
九州のローカル・チェーンですね。
寿しまどか 食べログ

f:id:tonogata:20180216002320p:plain:w600

ここはいつも混んでるんだが、今回は時間をズラして来訪。
サクッと入店できました。

回転寿司なんだが、オフピークの時間帯はオーダー制のみ。
回転台の上には、皿に乗ったメニューだけが回っている。

f:id:tonogata:20180216002410p:plain:w600

まずは「大分三昧」(360円)。

大分の地魚3種、今日はカンパチ、ブリ、イカ。

f:id:tonogata:20180216002530p:plain:w600

大分名物「りゅうきゅう」もある。

「りゅうきゅうにぎり」(220円)。

f:id:tonogata:20180216002706p:plain:w600

こちらの「りゅうきゅう握り」は、歯ごたえあるプチプチした食感が美味かった。


大分空港「なゝ瀬 」と「スカイライン」

旅の最後は、大分空港内のレストランで。

「なゝ瀬 (ななせ)」と「スカイライン」。
隣り合っており、いずれも滑走路ビューが楽しめるレストラン。

f:id:tonogata:20180216003331p:plain:w600

個人的に大分の空港は結構好きなんすね。
このあたりのレストラン、旅の〆に丁度いいというか。

今回訪問したのは、「なゝ瀬 (ななせ)」。
なゝ瀬 (ななせ) 食べログ

そのものズバリ「りゅうきゅう丼」もあるが、今回は大分名物を少しずつ食える「ぶんご名物膳」(1680円)。
結構ボリュームあり。

f:id:tonogata:20180216004127p:plain

大分名物のだんご汁、とり天、やせうま・・・

そして「りゅうきゅう」もつく。

f:id:tonogata:20180216004140p:plain:w600


もう一方の「スカイライン」にも、「りゅうきゅう」あり。
スカイライン 食べログ

大分名物の松花堂(1600円)。

f:id:tonogata:20180216003635p:plain:w600

とり天、豊後牛ステーキ、etc

そして、りゅうきゅう。

f:id:tonogata:20180216003932p:plain:w600

やっぱ旅行の最後は、コレですね。

名物を「ちょっとずつ」というのが、いい。


「りゅうきゅう丼」の名前の由来

なぜ「りゅうきゅう丼」という名前なのか?

沖縄(琉球/りゅうきゅう)の漁師から伝わったため、「りゅうきゅう丼」と呼ばれているらしい。

しかし当の沖縄には、同種の郷土料理がないという謎がある。

琉球(沖縄)の漁師から伝わったのが名前の由来という説もあるが、現在、沖縄では魚をタレに漬けて食べる郷土料理はない。
そこは謎の部分である。
http://www.kirishima.co.jp/aji/2011/spring/15/

なぜ「沖縄にない料理」なのに、「沖縄の漁師」から伝わったのか?

そう、実は・・・

遠い昔。

遠い昔、一人の漁師が大分にやってきました。
男は何らかの必要に迫られ、「沖縄からきた」と身を偽っていました。

それは果たしてどんな事情か。
本州から追われる身だったか、あるいは大陸から?

「沖縄の男」は、多くを語りませんでした。
大分の漁師たちもまた、無理に聞き出そうとはしませんでした。

漁師たちは、男を村に受け入れました。
「沖縄の男」は、親切な大分の漁師たちに囲まれ、次第に村に馴染んでいきました。

しかし村でただ一人、関東出身の村長だけが男の素性を怪しんでいました。
村長は最後まで、「沖縄の男」の日々の行動を監視し、警戒していました。

そんな村長をよそに、地元の漁師達は「沖縄の男」に漁場での漁を許し、魚群の情報を教えてやりました。
「沖縄の男」もやがて漁で生計を立てられるようになり、立派に村の漁師の一人となっていきました。

年月が過ぎたある日、沖縄の男が忽然と村から姿を消しました。
家の中に、別れの手紙を残して。

「今までありがとう。お別れの日がきました。
たくさん余った魚はタレに漬け込んでおいたので、しばらく保存がきくはずです。
みなさんで召し上がってください」

大分の漁師たちは、「沖縄の男」の突然の失踪を残念がり、悲しみに暮れました。
その日の夜は無人となった「沖縄の男」の家に集まり、皆で思い出話をしながら酒を飲みました。

家に残されていた「タレに漬け込んだ魚」はたいへん美味く、酒にも合いました。
いなくなった男との思い出から、皆でこれを「りゅうきゅう」と呼ぶことにしました。

夜も更けた頃、最後まで「沖縄の男」を警戒していた村長も、宴会に姿をあらわしました。
もう酒も魚も残っておらず、ただ部屋の片隅に丸くて茶色い、見慣れない菓子だけが残っていました。

村長はその丸い菓子を頬張りながら、満足そうにこう言いました。
「去ったー、あんきだー」(あの男がいなくなったから、もう安心だ)。

漁師たちは呆れて村長を無視しましたが、その言葉だけは後の世に残りました。
それは後に訛って「さーたー あんだぎー」となり、村長が頬張っていた「茶色くて丸い菓子」を指すようになりました。

そう、これが今では世に親しまれた沖縄の揚げ菓子「サーターアンダギー」の名前の由来である。


もちろんウソです。


なんとなく。


そんな感じ。

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|