マドリード中心部のIHG系ホテル「Hotel Indigo Madrid - Gran Via」に泊まった

Hotel Indigo Madrid

スペインのマドリードでは、滞在期間が短い予定だったので、なるべく街の中心で宿泊しようとホテルを探した。

選択肢にあがったのはIHG系「Indigo Madrid」か、SPG系「ウェスティン パレス マドリッド」
インディゴ(Indigo)の方が最寄駅が近かったので、Indigoにした形。

Indigo Madridのロケーションは、有名なマヨール広場から徒歩10分。
最寄駅の「Santo Domingo」までは、徒歩2分。

ロケーションが、すごくいい。

その代わり、街中にあるので部屋はややコンパクト。
ただホテルは2014年にオープンと、まだ新しめ&キレイではある。

そういえば、ホテルの外観写真を撮るのを忘れてしまった。
その代わり、部屋の窓からの景色を撮影していた。

f:id:tonogata:20180414163408p:plain:w600

向かいのビルが写っているが、Indigo Madrid自体も似たような外観のビルである。


部屋の様子

スペイン旅行はマドリード→バルセロナ→マドリードという行程だった。
最初と最後に、Indigo Madridに宿泊している。

予約したのは、2回とも最安のクイーンベッド・ルーム。

初日にアサインされた部屋は以下。

f:id:tonogata:20180414162046p:plain:w600

自分はIHGのプラチナ会員のため、チェックイン時にSuperiorルームにアップしてくれた。
ちなみに予約時に全部屋の価格をメモしてたんだが、それによるとアップグレード(Queen→Superior)で得した金額は、2500円/泊くらい。

まぁ、大して変わらない。

帰国前にもう一度「Indigo Madrid」にチェックインすると、「おかえりなさい」。
ちゃんとシステムのログをみて、声がけしてくれた。

でも部屋のアップグレードはなかった(と思う)。

f:id:tonogata:20180414163038p:plain:w600

これは最安のQueen Bed Room。


トイレとシャワーブースは、こんな感じ。

f:id:tonogata:20180414163619p:plain:w600

設備がまだ古びてないので、清潔感がある。


f:id:tonogata:20180414163918p:plain:w600

部屋は広くないが、机と椅子×2があるので充分ではある。
自分は「机と椅子が欲しい派」なので、最低限それがあればOK。


屋上スペース

屋上には、たくさんと椅子とテーブル、ソファが置いてあった。

f:id:tonogata:20180414164434p:plain:w600

写真に入りきってないが、この後ろにも結構広いスペースがある。

自分は遅い時間にしか訪問してないので、いつも誰もいなかったけど。

f:id:tonogata:20180414164553p:plain:w600

夜に酒をもってきて、夜景をみながら飲んでたら、深夜1:30くらいにスタッフが施錠にきた。
24時間オープンというワケではないらしい。


朝食

初回の宿泊は、朝食付きプラン。
2回目の宿泊は、朝食ナシで予約した。

朝食ナシのプランでもレストランに行けば、17ユーロで朝飯にありつける。
しかし2回目のチェックイン時、「13ユーロに割引するけど、朝食つける?」ときかれたので、お願いした。

朝食会場は、こんな感じ。

f:id:tonogata:20180414165629p:plain:w600

こじんまりとしたカフェのような空間で、気に入った。

入口で部屋番号を告げ、英語メニューの3品から料理を選ぶ。
オムレツとか、そーゆーの。

それ以外はビュッフェ形式だが、品数は多くない。
↓で全部である。

f:id:tonogata:20180414165737p:plain:w600

生ハムやオリーブなど、スペインっぽいモノもある。

f:id:tonogata:20180414165919p:plain:w600

あとは、パンなど。

f:id:tonogata:20180414165951p:plain:w600

パンのコーナーにトマトをすり潰したのがおいてあった↑

「これは何に使うの?」とスタッフにきいたら、「パンに塗るのよ」と。

f:id:tonogata:20180414170026p:plain:w600

よく見るとプレートに、「パンにトマトとオリーブオイルを塗ると、ンまい!!」って書いてある。

オリーブオイルは分かるけど、トマトもか。。。

ふーん。。。

こ、
こうか?


f:id:tonogata:20180414170242p:plain:w600

おー尿!!
(Oh,No!!)

トマト云々の前に、パンを焼きすぎて黒焦げにしてしまったぜ。。。

しかし見た目的には、赤(トマト)と黒(焦げ)の配色が絶妙。
黒焦げの闇に、鮮烈な血のごとく赤いトマトがぶちまかれ・・・

その傍らに、無残に引き裂かれた「ハム」が横たわる・・・。

事件性とストーリー性を感じさせる一品だ。

結果的に、インスタ映えしそうな写真にはなった。

インスタやってないから、分かんないけど。


ちなみに味の方は・・・
パンが焦げた苦みと、トマトの酸味が邪魔しあってた。


そのうち、最初にオーダーした「スペイン風オムレツ」もやってきた。

f:id:tonogata:20180414170911p:plain:w600

ふむ。


この朝食会場は、客が少ないので居心地が良かった。
自分は朝早い時間にしか利用してないので、普通の時間だと混んでるかもしれないが・・・。


そんな感じ。

www.bousaid.com

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|