宇和島駅に近い定食屋「とみや」(富屋)で、本場の「宇和島 鯛めし」が美味かった

電車で四国一周の際に、愛媛県・宇和島駅に寄った。

f:id:tonogata:20180603172955p:plain:w600

宇和島駅は、終点の駅。
この先には線路ナシ、である

f:id:tonogata:20180603173059p:plain:w600

電車乗換のため、1時間ほど時間が空いた。
せっかくの宇和島なので、「鯛めし」を食える店を探す。

しかし中途半端な時間だったので、空いている店が少ない。
駅付近では唯一「とみや」(富屋)が、16時から開店だった。

f:id:tonogata:20180603173144p:plain:w600

こちらのお店もまた、「鯛めし」で有名らしい。
店の外観は、一軒家のごとし。

店内に入ると、カウンター席とテーブル席があった。

f:id:tonogata:20180603173312p:plain:w600

まだ開店したばかりなので、客は自分のみ。

カウンター席で、メニューを眺める。
「鯛めし定食」は、1300円。

f:id:tonogata:20180603173519p:plain:w600


さっそく注文。

待つことしばし。
割とスグにやってまいりました。

f:id:tonogata:20180603173607p:plain:w600

鯛の刺身・・・

f:id:tonogata:20180603173911p:plain:w600

むふ。


お店の人、「食べ方、分かります?」。

一応知ってるんだが、久しぶり過ぎて自信がないので聞いてみた。

まずは、出汁に浮かんだ生卵をとく。

f:id:tonogata:20180603173941p:plain:w600

卵をグイグイかき混ぜる。

f:id:tonogata:20180603173858p:plain:w600

このタレは、鰹の出汁と醤油ベースらしい。

そして、鯛の刺身を投入。
海苔やネギ、赤トサカなども一緒に入れるて混ぜる。

f:id:tonogata:20180603174241p:plain:w600

これでタレはOK。


次におひつの白米を、一杯分だけよそう。
何杯かに分けて食うので、少なめで良い。

f:id:tonogata:20180603174438p:plain:w600

そこに、さきほどのタレをぶっかける。
タレは大量にあり、白米に合わせて何杯かで使い切る。

f:id:tonogata:20180603174616p:plain:w600

完成。

宇和島 鯛めしである。


さっそく、食べてみる。

すると・・・

爽やか。

なんて爽やかな食い物だ!!
清涼感すら感じる。

あったかいご飯に、ひんやりしたタレ。
出汁の旨味は効きつつも、甘すぎない薄口の感。

まるで「お茶漬け」のような爽やかさ。
「卵かけご飯」というより、「お茶漬け」だな、コレは。

お茶漬けが如く、ズババっとかき込んだ口の中・・・
米粒の合間を縫って、鯛がプルンと踊る。

プルンプルンである。
噛むとコリンコリンである。

うみゃー。

何杯でもいけるぞ、コレは。

早速おかわりだッ!!

f:id:tonogata:20180603175904p:plain:w600


まぁご飯とタレは、三杯で終わったんだけど。

しかし、美味かった。
まだまだ食えたな。


そんな感じ。

www.bousaid.com

|TOPページ|記事一覧|プライバシーポリシー|