Synology「DS218 Plus」

スマホの写真を自動でNASにコピーする「Synology Photos」がすごく便利

Synology「DS218 Plus」

スマホ画像のバックアップ先

スマホで撮った写真のバックアップ先を、どうするか。

自分の場合、NASにコピーしている。
NASというのは、ざっくり言うと「無線LANでアクセスできる外付けHDD」。

NASはインターネット経由で外出先からも参照できるようにできるが、自分の場合はセキュリティ面を考慮して、宅内の無線LANからのみアクセス可能な設定にしている。
自分専用のローカルなプライベート・クラウドといった感じすかね。
自宅の無線LANで使える大容量HDDをRAID運用、Synology「DS218 Plus」をローカル専用のNASとして使う

Synology「DS218 Plus」

使っているのはSynology「DS218 Plus」(リンク先はPlusナシの無印)なんだが、以前から待ち望まれていたNAS管理ソフトDSM7.0が、今年になってようやくリリースされた。
このDSM7.0で、写真管理のアプリも新しくなって、かなり使いやすくなった。

現在では、自動的にスマホ内の画像がWiFi経由でNAS(HDD)にコピーされる運用。
特別な作業は必要なく、非常に楽ちん。

NASに保存された画像は、スマホアプリからも表示できる。
またPC(Windows)からも、エクスプローラーでフォルダ表示できる。

画像については、NASにコピーされたタイミングで位置情報やAIによる顔認識の処理が走り、場所や人物で画像の検索が可能となる。

Synology Photos  自動アルバム生成

Googleフォトなど有料のクラウドサービスよりは機能的に劣るが、無料でこの運用ができるようになったのは、非常にありがたい。

「Synology Photos」でスマホ画像のバックアップ

スマホ画像のバックアップには、NAS専用の「Synology Photos」 アプリを使う。

画像のアップロード(NASへのコピー)は「WiFi接続時のみ」にしつつ、NASについてはインターネット経由のアクセスを不可にしているので、画像のコピータイミングは「自宅で宅内wifiにスマホが繋がった時」ということになる。

Synology Photos 設定

このアプリについては、昔はバックグラウンド処理が出来てなかったみたいだが、自分の利用の範囲でいうと、自動でバックグラウンド処理(スマホ画像がNASにコピー)されている。
必ずしも「Wifiに接続してスグ」というワケではないが、放っておいてもスマホ画像がNASにコピーされてる形。

ちなみにNASをインターネット経由アクセスOKにしつつ、上記設定でWiFi以外でも「アップロード可」にした場合、モバイル通信時も画像がコピーされるんじゃないかと思います。
やったことないから分かんないけど。

画像は「年」フォルダの中に「月」フォルダが作られ、その中にコピーされる。
「2021」フォルダ→「08」フォルダ→画像、という感じ。
「年」フォルダをNAS内のどのディレクトリに入れるかは、パスを設定可能。

NASにコピーした画像は、このスマホアプリでも表示ができる。
最近だと珍しい機能でもないが、場所ごとに整理されたり、人物ごとに自動でアルバムが生成されたり。
画像の位置情報に合わせて地図上でもみれると便利なんだが、そこまではできないようだ。
※実はDSM7.0で一番期待してたのは、その機能なんだけど・・・

Synology Photos 画像整理

PCからこの画像にアクセスする方法は、2つある。

まず、ブラウザでみる方法。
※ローカルなWEBサーバとしてURLアクセスができる

Synology Photos ブラウザ版

それからWindowsのエクスプローラーで、普通にフォルダ・アクセスする形。
外付けHDDのフォルダにアクセスするような感じですね。

Synology Photos エクスプローラーでのアクセス

大抵の場合、エクスプローラーで見ちゃうかな。
手っ取り早いんで。

ということで、スマホ画像のNASバックアップの話でした。

NASはRAIDを組んで、一台のHDDが故障しても何とかなるようになっている。
画像以外にも、いろんなデータを保管する先として、便利に使っています。

SynologyのNASは管理画面が洗練されており、非常に使いやすい。
ブラウザベースで、CPU利用率や各種のエラー表示、アプリのインストールが可能。
3年前に購入してずっと使っているが、特に不満はないです。

ほい。

そんな感じ。