海外旅行でお役立ちの腕時計とGショック

「一生使える旅モノ大全」(MonoMax別冊)にて。
「腕時計」の項でGショックが推薦されてた。

ちょっと自分も、「海外旅行」目線でオススメの腕時計について考えてみたい。
早速ランキング。

第2位 IWC「ポルトギーゼ」

約100万。
航海時計として作られたレジェンド。
さぁ、人生という大海原に漕ぎいだそう。
[asin:B00AGBC3UI:detail]

第3位 ロレックス「エクスプローラーⅠ」

約60万。
全ての探検家に捧ぐ。
リセール価値が高いので旅先での金策にも。

1つも買えねぇ。何も言えねぇ。

うん。知ってた。
高すぎて買えねーや。
書いてて、自分で虚しくなってきた。
機械式時計はアカン。
高すぎる。

ということで、本題。
身の丈にあった腕時計を考えたい。

海外旅行に「電波時計」ってどうなん?

手頃なところで旅行用の時計というと。。。
まず思い浮かぶのは「電波時計」。
「電波時計」であれば、標準電波を拾って時刻合わせをしてくれるので、便利すよね。

ただ問題が。
電波時計は対応国/地域が限定されていること。

カシオの場合、対応範囲が一番広いのが「マルチバンド6」。
http://casio.jp/wat/tech/tmvt/multi/

対応範囲はこちら。
f:id:tonogata:20140119165529p:plain

南米、ロシア、東南アジア、アフリカ、離島のビーチリゾートなどでは、電波を拾えない。

まぁ、ちょっと微妙だよね。
電波時計って、基本的には
国内で、常に正確な電波を!
か、
仕事でよくアメリカ行くから!
みたいな用途だと思うの。

ならばGPS時計/衛星時計で良くない?

最近では衛星/GPSで時刻合わせする時計も出てるよね。
そこら辺も一応チェック。

セイコー「アストロン」

GPSソーラーウオッチ。世界で利用可能。
f:id:tonogata:20140119174549p:plain
Astron(アストロン) | ブランド | セイコーウオッチ

シチズン「Eco-Drive SATELLITE WAVE」

人工衛星から時刻情報を受信するので、全世界で使用可能。
f:id:tonogata:20140119165945p:plain
PROMASTER スペシャルサイト [シチズン腕時計] | CITIZEN

そのほか、GPSウォッチ

GPS腕時計(衛星電波時計)特集!!誤差がほとんどない究極の腕時計! – NAVER まとめ

ただ思うだんだけど。
なんていうか、1週間の旅行とかで
時刻合わせって必要なくね?
みたいな。
複数国をまたぐならともかく、一度設定すれば済む話だし。

それに、GPSウォッチはまだ高い。
旅先で盗まれるのを心配したくないので、10万以上とかはちょっと。。。

ビーチでも使いたいので防水は必須。
ということで、やっぱり「Gショック」です。

旅行に最適な「Gショック」は?

旅行にはやっぱり「Gショック」がいいな。

  • 紛失/盗難にあっても精神的ダメージが少ない(安いから)
  • っていうか、そもそも盗まれない(安いから)
  • 防水!防水!防水!
  • アウトドア機能が充実

とまぁ、いろいろ。

でも「G-SHOCK」ってラインナップが色々あるんですよね。
なので、海外旅行に便利なやつについて。

方向音痴の俺得なGショック

「G-SHOCK」にも「方位」センサーがついてるラインがありまして。
「MUDMAN」です。
自分が海外旅行用に愛用しているのはコレです。

GW-9300-1JF – 製品情報 – G-SHOCK – CASIO

海外でよく道に迷う俺得な仕様。
ボタンを一回押すだけで方位が分かる。
感動。

更にツインセンサー搭載で、「温度」もOK。
まぁ、温度は精度が低いので、あんま期待しない方がよいですが。

ちなみに「MUDMAN」という名前は、
「防塵・防泥」の「マッドレジスト」
から。

マッドレジスト(防塵・防泥)構造の「MUDMAN(マッドマン)」から、地球上で最も過酷な環境のひとつである砂漠での使用を想定したNewモデルが登場

防塵!防泥!防水!
そう。
ビーチで装着したままでもOKな安心設計。
ステキ!

ちなみに「MUDMAN」、電波時計機能もついてます。
が、前述の理由で、海外に行くときはOFFにしとります。

新作「RANGEMAN」も欲しいが、高ぇ!

今まで、「方位センサー」なGショックはMADMANしかなかった。
が、最近でた「RANGEMAN」にも「方位センサー」がついた。

RANGEMAN – GPR-B1000 – 耐衝撃 + 防塵防泥 × ソーラーアシスト GPSナビゲーション – MASTER OF G – 製品情報 – G-SHOCK – CASIO

しかもコッチはトリプルセンサー。
方位、高度、温度。

「RANGEMAN」はまだ価格がちょっと高いかなぁ。
まぁ元々の定価も5万と高いですから。。。

※2014/4/11追記
MADMANがどちらかというと値上がり傾向。
新作RANGEMANは値下がり傾向にある。
今ならRANGEMANの方がいいかも。
かっこいいし。。。

※2014/5追記
方位計測OKなGショックがもう1つ出る模様。
天候の変化を予測──海洋コンセプトのG-SHOCK「GULFMASTER」 – ITmedia ビジネスオンライン
海洋モデル、G-SHOCK「GWN-1000」。

海面の状態/潮汐(ちょうせき)情報が分かる「タイドグラフ」

うわー、めっちゃ欲しい。。。
金ないから買わないけど。

「マッドマスター」(2015年グッドデザイン賞)

※2015/11/07追記

新製品「マッドマスター」。
MUDMASTER – MASTER OF G – 製品情報 – G-SHOCK – CASIO

http://www.g-mark.org/award/describe/42006

http://ascii.jp/elem/000/001/073/1073190/

とんがったプロ仕様。
けっこう分厚いのと、お値段もなかなか。

まとめ

トレッキングやシュノーケリングなど、アクティビティ有りな海外旅行なら。。。
オススメは「MUDMAN」の「GW-9300-1JF」。
値段も2万ちょいとお手頃。

そして大切なコトなのでもう一度言いますが、、、
防塵!防泥!防水!
いやー、最高な響きですね。

その他、旅行用アイテムの話はこちら。
旅行用アイテム