「VAIO Pro」は14春夏モデルより、13秋冬モデルの「Core i7-4500U」(HD4400)がお買い得だと思うの。

1kgを下回る超軽量ウルトラブックながら、稼働時間の長いVAIO Pro 13
これを半年ほどウォッチしてまして。

最近、数量限定の旧モデル値下げと、適用キャンペーンで「いい感じ」に安くなり。

「時」は今だッ!
「場所」は「ソニーストア」だッ!

と、決死の思いでポチってきた。

現在、最安スペックだと10万円をきってます。
また、スペックアップでCore i7、メモリ8GB、SSD256GBにしても14万をきる感じ。
安いっす。

新モデルとのスペック差をどう考えるか、含め検討したが。
以下、メモ。

ちなみに、なんで公式ソニーストアかってのは、↓参照。
デジカメの盗難,紛失,落下,水没も保証される買い方(まとめ) – やじり鳥

※追記情報
ソニーストアのVAIOカスタムは4/20までの模様。
ワイド補償をつけるなら、新ストア?で付くかは不明なので注意っす。
ソニー「VAIO」いよいよ4/20で販売終了。「入荷終了」続出。「割引キャンペーン」はどうなる? – やじり鳥

 

ソニーストア「新規登録」でVAIO3000円クーポン

f:id:tonogata:20140216114919p:plain

ソニーストアに新規登録でメルマガ登録するだけで、以下のクーポンがもらえる。

  • VAIO本体3000円オフ クーポン
  • VAIO関連商品10%オフ クーポン

※3000円オフの方を使う
http://store.sony.jp/Campaign/New_member/2014/Spring/index.html

ちなみに、メルアド登録すると翌日24時に発行される。

割引キャンペーンがCPU-メモリ-SSDの「惑星直列」発動中

f:id:tonogata:20140216120559p:plain

カスタマイズのスペックアップに必要なパーツが、全て割引き中。

  • Core i7が、13,000円値引き
  • メモリ8GBが、2,000円値引き
  • SSD256GBが、5,000円値引き

※2014年2月20日(木)9時15分まで

VAIOを買うと、VAIO3000円オフ・クーポン

f:id:tonogata:20140216115804p:plain

VAIOを買うと、VAIO購入時に使える3000円クーポンがもらえる。
こ、コレは?
いらねぇ!!!
全く必要ねぇ。
買った後に割引もらってもなぁ。

http://store.sony.jp/Campaign/2013/Coupon/index.html

新モデル(14春夏モデル)との違いは?

とはいえ、14春夏モデルとの違いは気になるトコロ。
個人的には、「必要なくね?」に落ち着いたけど。
そこら辺について。

公式ストアで説明されてる違いは以下。
f:id:tonogata:20140216121015p:plain

表にしてみます。

13秋VAIO Pro 14春VAIO Pro
CPU Core i7-4500U Core i7-4650U
GPU HD4400 HD5000
OS Win8.0 Win8.1

Adobe系の有料ソフトは買う人いないと思うのでスルー。

OSのバージョン違い

ソニーストアでも説明されているが、8.0→8.1は無償でverup可能。

※ Windows 8.1 へのアップデートについて
Windows 8をご購入頂いたお客様には、10月18日(金)よりWindows 8.1へ無償でアップデートを行うことができます。
Windows 8.1へのアップデートについてはこちら

自分でヤレば、問題ない。

CPU/GPUの違い

14モデルからは「Core i7-4650U」が選択可能。
13モデルの「Core i7-4500U」との違いは、統合GPU(グラフィック処理)。

この統合GPUが「HD5000」になったのが、大きなポイント。
ただし、13モデル搭載の「HD4400」との差は、平均して16%の向上にすぎない。
この「16%の向上」が、どの程度体感できるかは不明。
レポート探した感じでは、まだない模様。

一方で、CPU/GPUは新しくなったが、メモリはスペックダウンしてる可能性があったりする。
なので、「もう一緒でよくない?」「体感変わんねーよ」というのが個人的な結論です。

「Core i7-4650U」と「Core i7-4500U」の違い

ちなみに、
「Core i7-4650U」も「Core i7-4500U」も、同じ「Haswell」。
違いはGPUのGT2かGT3かです。

よく「新CPUは数倍の〜」とあるけど、それは「Haswell」以前のモノと比べての話。
「Core i7-4650U」と「Core i7-4500U」の違いは、GPU実行で10数%。
CPU的な意味ではそう変わらんだろう、という。

ソニー公式の絵で言うと↓だが、13秋はi5なのに、14春はi7という罠があるので注意。

f:id:tonogata:20140216135044p:plain

ちなみに、「CPU World」のレビューでは、

「Core i7-4650U」のメリット?ないよ。

とあります。
f:id:tonogata:20140216140309p:plain
http://www.cpu-world.com/Compare/863/Intel_Core_i7_Mobile_i7-4500U_vs_Intel_Core_i7_Mobile_i7-4650U.html

また、「CPUBoss Review」のトータルスコアは、同じ。
f:id:tonogata:20140216163005p:plain
Intel Core i7 4650U vs 4500U

変化点

一応、CPU比較の細部。
Intel Core i7 4650U vs 4500U

13秋VAIO Pro 14春VAIO Pro
CPU Core i7-4500U Core i7-4650U
GPU HD4400 HD5000
メモリ DDR3L-1600 DDR3-1600?

f:id:tonogata:20140216132901p:plain
「HD5000」と「HD4400」。
GPU単体で言うと、「HD5000」は2倍のGPU実行命令に対応しているらしいが、PC全体に与える影響はいかほどか不明。

f:id:tonogata:20140216162705p:plain
対応メモリが違う?

14モデルのCPU「4650U」は、13モデルで採用していた「DDR3L-1600」に対応していないらしい。
そのため、「DDR3-1600」になっているかも?
※intelのスペック表では対応してるハズなんで、よく分からんが、まぁそうなってる。情報が少ない。。。

例えばこのサイトとかだと、他では「3L」明記しているが、VAIO ProのCorei7の時のメモリは「DDR3-1600」(PC3-12800)としか書いてないんだよね。。。

8GB DDR3 SDRAM/PC3-12800 1600 MHz fixed standard memory

他のサイトも似たような感じで、どうも、そういうことかもしれない。

で、13秋冬モデル「DDR3L-1600」採用の経緯。
「VAIO Pro」を“徹底解剖”して見えた真の姿 (5/7) – ITmedia PC USER

メモリは1.35ボルトで動作するDDR3L SDRAM(DDR3L-1600)を採用する。待機中にDRAMがデータ保持のために行うセルフリフレッシュ時の消費電力を抑えるLPDDR3やDDR3L-RSといった新しいメモリ規格も存在するが、宮入氏は「普及していて消費電力が低いことから、DDR3Lを選択した」と語る。

ということで。
もう体感レベルでは変わらないと思うが。
結局メモリ的には「DDR3L-1600」の13秋冬モデルの方が優位な可能性あるかもね、と。

まとめ

13秋で十分だと思うの。
ちなみに、ソニーストアで13秋モデルをサクッとみるには

SVP1321A2J

の製品番号で検索すると早いです。

その他、VAIO関連。
VAIO カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥

その他、Sony関連。
Sony カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥