Windows8.1でスリープ復帰後にネット接続できない場合の対処方法。「Intel Dual Band Wireless-N 7260」×「VAIO Pro」の場合。

Windows8.1にて。

  1. ノートPCを閉じてスリープモードへ
  2. PCを開いて再び使用開始
  3. しかしネット接続できない
  4. WiFiの電波が見つからない
  5. というか、NW/HWが終了してる悪寒

なぜなのか。

なお、本件はPCに組み込まれたWiFiチップが「Intel Dual Band Wireless-N 7260」の場合の話です。
ご留意ください。
VAIO Proとかは、これ搭載。
インテル® Dual Band Wireless-N7260 のサポート

まずは現状把握@デバイスマネージャー

デバイス・マネージャをみてみる。
チャームの検索窓で「デバイスマネージャー」。
もしくは、以下。

  1. 「設定」
  2. 「コントロールパネル」
  3. 「デバイスマネージャー」

デバイスマネージャ画面。

f:id:tonogata:20140420104722p:plain

あー、エラーすね。
「Intel Dual Band Wireless-N 7260」。

f:id:tonogata:20140420104757p:plain

ちょっと管理ログをみてみる。

  1. 右クリック
  2. プロパティ
  3. イベント
  4. すべてのイベント表示
  5. 管理イベント

f:id:tonogata:20140420104811p:plain

エラーが大量に出てる。
萎える。ひるむ。

否、ひるんではいけない。
進め、俺氏。

怪しいというか、最初に出てくるエラーは「NDIS」かな?

ミニポート Intel(R) Dual Band Wireless-N 7260、{ae5e395f-d5fa-4a0f-8384-088b13ef2400}、イベント
致命的なエラー: ミニポートは稼働電力への電源の切り替えに失敗しました がありました

スリープモードに入ったときに、HWの電源切り替えがアレな感じ。

やっぱアレだ。
intelのスマート・コネクト・テクノロジー。
オマエだろ。

インテル スマート・コネクト・テクノロジー
Ultrabook がスリープ状態でも重要なコンテンツを自動的に更新し、作業再開時に素早くインターネットにアクセスできます。

インテル® Dual Band Wireless-N7260 のサポート

試す価値のある処方箋

ネットによく出てくるWiFi関連の解決策。
まずはコレらをチェキらってみるのがよいかと。

「電源の管理」を全てoffに

ドライバのプロパティから「電源の管理」。

f:id:tonogata:20140420110311p:plain

これを2つともオフにすると、改善するとかしないとか。

自分は改善しなかった。

「スマート・コネクト・テクノロジー」をoffに

オフってみる。

  1. プログラム
  2. Intel
  3. Intel Smart Connect Technorogy

f:id:tonogata:20140420110943p:plain

自分は改善しなかったが、試してみる価値はあると思うの。

ちょっとアレだが直った方法

症状は異なるが、intelの公式コミュニティで話題になってた話。
Intel Wireless-N 7260 speed decrease |Intel Communities

「接続が遅い、安定しない」という症状に対して、改善した手法が紹介されている。

I seemed to have resolved this issue by going into control panel, and then uninstalling the Wireless-N 7260 adapter repeatedly until it reverted to the original Microsoft network driver. I then re-installed the latest Intel driver only – no PROSet application – and the network connection is now stable.

コンパネから「Wireless-N 7260」のドライバを削除する。削除を繰り返す。
そしてマイクロソフトの汎用ドライバまで切り戻す。
それから、intelのPROSetアプリを削除する。
それで安定した。

結局、自分もこれを試して直った。
今では、スリープ後にWiFiに復帰している。

ここから先はアレですよね。
例のアレ。
自○責任にてドーゾ。

下記に自分がやった手順を記すが、どの段階で直ったかは不明。
もしかしたら、最初に「PROSet/Wireless」を削除するだけで、直ってかもしれない。
そこら辺は、わかんないっす。

ドライバのバージョンを確認して、削除する

デバイスマネージャーの「ドライバ」から。
f:id:tonogata:20140420111646p:plain

バージョンをメモったら、下の方にある「削除」ボタンを。

削除した場合、過去のバージョンのドライバに切り戻る。
「ローーール、バーック!」
(きーりーもーどーしーッ!)
と声に出して叫びながら「削除」をポチり。
音波振動によってWiFiチップの微弱な電気信号が活性化され、チップ本来の自己修復機能が発現する。
かもしれない。

削除したら、一時的にBluetoothマウスなど使えなくなる可能性あり。
(ちょっとしたら戻る)

ハードウェア変更のスキャン

右クリック、もしくは「操作」から「ハードウェア変更のスキャン」。
これで再び「Wireless-N 7260」が認識され、ドライバが適用される。

f:id:tonogata:20140420112011p:plain

再びバージョン確認

ドライバのバージョン確認。

f:id:tonogata:20140420112059p:plain

掲示板の人は、汎用ドライバまで切り戻したらしいが、自分は1段階だけ切り戻しでやめた。

現在のドライバ・バージョンは、以下。

2013/09/19
16.5.3.6

これで改善した。

インテル PROSet/Wireless ソフトウェアの削除

「インテル PROSet/Wireless ソフトウェア」をアンインストールする。
インテルサポート
※上記は「インストール説明」のページ。

削除は、普通にプログラム→intelから。

ドライバを最新バージョンに

まぁ、ホントはここまで。
「ドライバだけ」を、最新のバージョンにアップデートする、と

自分は、症状が治った瞬間に歩むのをやめてしまったので、古いバージョンのドライバで止まったままです。
そんな感じ。

まとめ

なじむ。
馴染むぞッ-、この、
デバイス・ドライバッ!


VAIO カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥