IHG無料宿泊(リワード宿泊)、エリート資格宿泊数の「対象」だが、ポイント獲得はナシ

  • 2014年8月26日
  • IHG

IHGのエリートステータス

SFCのついでに、IHGのゴールドをとろうかな、と。
個人的には、ゴールド会員のメリットは「あんまない」けど、、、
過程はエンジョイできるかな、と思いまして。

IHGゴールド会員については、コチラ。
IHGのゴールド会員のメリットと到達条件 – やじり鳥

さて。

ゴールド会員になるには、10泊/年が必要。
※異なる3ブランドを含むこと

この宿泊数(10泊)、ポイントで無料宿泊した場合も、カウントされるんだろうか?

これは、利用規約にちゃんと書いてある。
無料宿泊も、カウントされる。

資格対象宿泊:(中略)
2013年7月1日以降、メンバーが利用したIHG Rewards Clubリワード宿泊は、エリートメンバーシップの資格対象宿泊として数えられます。

会員利用規約 | IHG

ふむ。

それなら、ちょうど現在「PointBreaks」で5,000ポイントに設定されている、金沢のホリデイ・イン。
ココで宿泊数を稼げればいいな、と思ったんだが、、、
IHG「PointBreaks」(2014/7-9)一覧。日本は金沢のみ、インターコンチネンタル4件、など。 – やじり鳥

旅行日程的にタイミングが合わず断念。

一方、通常の無料宿泊(リワードナイト)でも、比較的低めの1万ポイントで設定されているホテルもある。
国内だと、以下の3つ。

ANAホリデイ・イン 仙台 10,000ポイント
松山全日空ホテル 10,000ポイント
熊本ANAホテルニュースカイ 10,000ポイント

※必要ポイント一覧はコチラ
IHG「Rewards Club(リワーズクラブ)」。ポイント獲得の基本。「無料宿泊 必要ポイント」一覧と、「PointBreaks」(2014/1)一覧。 – やじり鳥

「PointBreaks」以外で使うのは勿体ない気がするんだけど、、、

ちょうど仙台に行ってきたのと、一度「無料宿泊」も使ってみたかったので、仙台で無料宿泊をしてきた。

そんな話にて。

無料宿泊は資格対象宿泊としてカウントされるか?

まず、ポイントでの無料宿泊が

ゴールド会員になるための必要宿泊数として、カウントされるか?

という点。

前述の通り、規約に「カウントされる」とあるが、ちょっと心配だった。

結果、ちゃんと「カウントされた」。
※宿泊の1週間後に反映された

必要宿泊数が減って、「あと3泊」に変更となったのを確認。

f:id:tonogata:20140821085937p:plain

ふむ。

あと3泊、がんばろー。

無料宿泊でポイント獲得は可能か?

次に、ポイントでの無料宿泊で、ポイントが付与されるか?

当然されないと思うけど、個人的に不明だったのが、、、

f:id:tonogata:20140821085951p:plain

やはりポイントはつかないらしい。
わざわざ

Earn = 0ポイント(Reward Night)

と表示されるんだなぁ。

なるほど。

ポイント単価

ホリデイ・イン仙台の場合、リワード宿泊で選べるのは、シティービューのキングベッド・ルーム。

こちらのお部屋、予約時のお値段は直前だったこともあり、13800円。

必要ポイントは10000ポイントだったので、、、
1ポイントの単価は、1.38円かな。

正直、宿泊するだけなら、安いスタンダードルーム泊まるだろうし、あんまポイント単価に意味はない。

ただ、直前に予約するときには、リワード宿泊は便利ですね。
必要ポイント数は時期に関わらず一定で、直前でも同じなので。

ふむ。

そのほか

そのほか、今回はじめて「リワード宿泊」をしてみての、メモ。

チェックイン時。
支払いは不要のため、宿泊者カードへの署名だけ求められた。

宿泊数にカウントされるのは、いつも通り1週間かかる。
一方、ポイントが減る(redeem)のは予約した後、すぐに減る。

f:id:tonogata:20140821090540p:plain

そんな感じにて。

IHG カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥