修羅の国「上海」観光は楽しいけど、詐欺にも注意

「北斗の拳」に出てくる「修羅の国」。
この「修羅の国」のモデルは、どこなのか?
という議論があるらしい。

四国説や九州説もあるが、、、
「修羅の国」=中国の上海
という説もある。

http://raoh.info/diary.cgi?id=geography200108280000&continue=on

年末に上海に2泊3日で行ったんだが、その期間ずっと、

まさしく上海こそ、「修羅の国」。
それを今、言葉ではなく心で理解できたッ!!
その「修羅の国」上海に、俺はいるッ!!

と、心の中で感激したり、しみじみ感傷にひたったりしました。

総じて言うと、楽しかった。

大気汚染で霞む高層ビル群。

f:id:tonogata:20150211190337p:plain

夜のやりすぎライトアップ。

f:id:tonogata:20150126004715p:plain

世紀末感が、ハンパない。

そして、断っても遠ざけても、次々と迫り来る詐欺集団。
自分が明確に詐欺だと感じてスルーした詐欺集団は、、、
2泊3日という短期間で、6組。

恐るべきは、人海戦術。
断っても10m歩くと、全く同じ手口で詐欺ろうと別集団が現れる。

当然ながら、親切な上海の人も多い。
むしろ、みんな親切。

ただ、貧富の差が激しいからか、詐欺集団の数も多い。

両極端なんだよなぁ。

f:id:tonogata:20150211190534p:plain

そーゆー意味で、気をつけなきゃいけないけど、、、
やっぱ上海は面白いな、と。
自分は中国本土は10年ぶり?くらいだったんだが。
久しぶりに行って、そのダイナミズムというか、うごめくアジア感にすっかりハマってしまった。
チャンスがあれば、また行きたい。

f:id:tonogata:20150211190551p:plain

それはともかく、詐欺。

詳しくは↓などチェケら。


旅行者のための上海安全情報~中国茶詐欺などケース事例紹介 | 上海ナビ


ウーロン茶1杯96万円! 上海で日本人ぼったくり〈詐欺〉被害が急増中 – NAVER まとめ

「シャッターを押してください」詐欺。

これが多かった。

お茶会詐欺、ティーパーティー詐欺、と呼ばれるらしい。

観光地で、国内旅行にきている観光客を装った若い男女に

「シャッターを押してくれないか?」(英語)

とカメラを渡される。

写真を撮ってあげると、

「お前も撮ってやるよ」

と言われ、、、

そこから先は未体験だが、、、

  1. 仲良くなってお茶会に誘われる
  2. 1万円くらいの茶代をとられる

というコトらしい。

自分は観光地「豫園」の入り口で、3組に声を掛けられた。

「お前も撮ってやる」のくだりで怪しいと思って、そこから先は話しかけてくるのをスルーして歩き去った。

しかし、10m歩くと、全く同じ手口「シャッター押して→撮ってあげる」の別集団が現れる。
恐ろしい。

恐ろしいのはッ!!

こんな近距離なのにッ!!

俺氏がスグソコで、別の詐欺師達をスルーしてたの、見てなかったの?

という点。

連携とか、、、
シマ意識とか、、、
そーゆーのないの?
みたいな。

逆にスゴイ。
押し寄せる人海戦術感。
そのパワーに、妙に感心させられる。

これが、3組連続して現れた。

最初の2組は写真を撮ってあげるくだりまで付き合った。
最後のは、「写真撮って」のくだりからスルーした。

それでホテルに帰ってから調べたら、「お茶会詐欺」という手口なんだと分かった、と。

あと、空港問題。
これ。

空港で若い女性に声を掛けられる。
お金がない。サイフを落とした。家に帰れない。
「だからお金ちょーだい」。

これも、出発フロアの入り口から税関までの、わずか徒歩1分の距離の中で、2組。
ぼったくりの客引きなら、まだ分かる。

その手口(お金をちょーだい)で、、、
この近距離で別の詐欺師がスルーされてるのに、、、
マジで見てないのか?

数撃ちゃ当たるのか?

当たるんだろうな。
きっと。

あと、街中で出会う

「日本で働いてました。観光で上海きました。」

by日本語。

これは一人しか遭遇してない。
南京東路。

紙の地図を広げて、指さしながら

「ここはドコですか?」

と日本語で聞いてきた。

無理あるんだよなぁ。。。

わざわざ日本人に、日本語で、道を尋ねてきたり、、、
英語で、写真を頼んできたり、、、
中国語で、中国人にきけばいいじゃん、みたいな。

その無理設定をモノともしないメンタル。。。
まじハンパねーな、と。

まぁ、中国語の中でも結構「何言ってるか分かんない」ってレベルで方言があるらしいけど。

f:id:tonogata:20150211193802p:plain

あと、ボッタクリバーや夜のお店も多いらしい。
気をつけないと。。。

海外だと「まず、後ろから攻撃。倒れたところでバッグをとる」というタイプもある。
そーゆーのに比べれば、詐欺はまだマシかもしれない。

上海については、2泊3日でもスゲー楽しかったので、また行きたいなぁとは思ってて。

ただまぁ、詐欺なんかは、気をつけないとなぁ、と。

そう思いました。

そのほか。

上海の話などは以下。


中国(上海)のリニアモーターカー「マグレブ」(時速430km)に乗ってきたメモ – やじり鳥


上海で小籠包の老舗「南翔饅頭店」の豫園本店に行ってきた – やじり鳥