マイルで特典航空券がとりやすい航空会社はどこか。「Switchfly Reward Seat Availability Survey 2015」。

アメックスのポイントは、複数の航空会社のマイルに交換できる。
なので、どこに移そうかな?と考えているんですが。

マイルによる特典航空券がとりやすい航空会社はどこか?
という調査結果があったので、ちょっと参考にて。

「Switchfly Reward Seat Availability Survey.」
http://www.ideaworkscompany.com/wp-content/uploads/2015/05/Press-Release-97-Reward-Seat-Report-2015.pdf
※2015/5のプレスリリース

ちなみに、本件調査ではJAL/ANAなど、日本の航空会社は含まれていない。
ご留意ください。

以下、詳細にて。

調査の方法

調査元はIdeaWorks社の「switchfly.com」。
Switchfly: The all-in-one travel e-commerce platform

どのような調査方法か?

  • 各航空会社の公式サイトから特典航空券での予約を試行
  • 2名、土曜滞在を含む往復フライト、エコノミー(セイバークラス)
  • 時間帯を問わない日付ベース×複数の行き先で、1航空会社あたり280件の調査
  • 予約件数のトータルは、7640件
  • 結果の%(availability)は、予約可否の結果
  • 調査期間は2015/3、予約試行対象期間は2015/6-10

つまり、ブラックアウト(予約できない日)の有無から%を構成している模様。
1路線あたりの「特典航空券で予約可能な席数」が分かる訳ではない。

調査時点の3月で、すでに「予約可能な席数」がなくなっていればNGになると思われるが、そこも加味した上での「availability」ということになるかな。

ちなみに、「特典航空券で予約可能な席数」について、ブリティッシュ・エアウェイズは公開している。

「ブリティッシュ・エアウェイズ」特典航空券で確保されている1便ごとの座席数 – やじり鳥

BAの場合、ミニマム保証で、1便あたりの数が以下。

エコノミー 最低4座席
ビジネス 最低2座席

また、今回の調査では、

  • 必要なマイル数の損得
  • 追加で必要な燃油代

は加味されていない。

燃油代については、去年版の調査についてLLで、「例えばルフトハンザとか、特典航空券の時の燃油代だけ、有償チケットよりバカ高い料金をふっかけてくるよね」というコメントをしていた。
Switchfly Airline Economy Reward Seat Availability Survey | LoyaltyLobby

どの会社の特典航空券で、サーチャージがかかるかどうかは、以下などに詳しい。
特典航空券の燃油サーチャージ有無(航空マイレージ別)

例えばユナイテッド航空は、基本的にサーチャージがかからない。
マイレージプラス、特典航空券の燃油サーチャージ有無情報
シンガポール航空は、会社によって違うらしい。
クリスフライヤー、特典航空券の燃油サーチャージ有無情報

しかし、本件調査は基本的に「自社便」の特典航空券についての話になる。
と思う。書いてないけど、多分。

特典航空券がとりやすい航空会社

f:id:tonogata:20151025141751p:plain
http://www.ideaworkscompany.com/wp-content/uploads/2015/05/Press-Release-97-Reward-Seat-Report-2015.pdf

この結果は、短距離路線が中心の国内航空会社も含まれる。

短距離線は本数が多く、比較的特典航空券が取りやすい。
しかも、日本目線でいうと、サウスウエストとか、あんまり関係ない。

なので、長距離路線の調査結果をみてみる。

f:id:tonogata:20151025142120p:plain
http://www.ideaworkscompany.com/wp-content/uploads/2015/05/Press-Release-97-Reward-Seat-Report-2015.pdf

うーむ。

エアカナダ、シンガポール航空あたりが高い。
=自社便の特典航空券が取りやすい

エアカナダの自社便だと、カナダ経由の北米行きか。
シンガポール航空は、シンガポール経由でいろいろ行けて、使い勝手がよさそう。
2社とも燃油代が高いと言われることもあるようだが。。。

全便で特典航空券の保証をしているBAが62.9%なのは、調査時点で予約済みだったからかな?
もしくは保証の対象外の路線であるとか?
知らないけど。

またBAは、4500マイルでJAL便の国内線片道が取得可能。
まぁ、スタアラ側も、ユナイテッドでANA便の片道が5000マイル(羽田-北海道までなら)でいけるけど。
ユナイテッド航空5000マイルでANA国内特典航空券の片道がとれるようになった件 – やじり鳥

国際線で燃油代のかからないユナイテッドはどうか。
(ちなみに国内線の燃油代はチケット代に含まれるので、別途請求はされない)
去年一度チェックしたんだけど、そのあとマイレージチャートが変わった気がする。
忘れた。

なお、switchflyから分かりやすくしたサマリー表も出ている。

f:id:tonogata:20151025143532p:plain
http://www.ideaworkscompany.com/wp-content/uploads/2015/05/Press-Release-97-Reward-Seat-Report-2015.pdf

アビアンカやエミレーツが、去年より伸びている。
(特典航空券がとりやすくなった)

アビアンカはコロンビアの航空会社すね。
あの、スタアラゴールドが買えるやつ(今は知らないけど)。
「スターアライアンス」の「ゴールドメンバー」を購入する唯一の方法。フライト不要、ステータスマッチ不要、23万円。 – やじり鳥

アビアンカ(スターアライアンス)だと、日本→東南アジアのビジネスが3.6万マイルか。
スタアラは、この前アエロプランがアジアビジネスが3万→8万の爆増してたので、アビアンカもちょっとチェックしてみようかな。
https://www.lifemiles.com/eng/inc/starredawards.aspx

※2015/11/05追記

アビアンカのマイレージチャートは片道だった。
往復と勘違いしてた。

あと、エミレーツのマイルか。
んー。
使ったことない。
どうなんだろう。

各界の反応

米系ブログなど。

http://thepointsguy.com/2015/05/award-seat-study/

米系のマイレージチャートの変化は、ついていけてないので、よく分からない。

http://www.chicagotribune.com/business/ct-airline-reward-seats-0515-biz-20150514-story.html

特典航空券は、年々とりやすくなっている、と。

あと、ユナイテッド航空のHPに面白いのがあった。

マイレージプラス(MileagePlus)特典座席の空席数は米国の国際航空会社の中で1番
※2015年5月14日発行のIdeaWorks Company Annual Switchfly Reward Seat Availability Surveyによる、2015年6月~10月までの米国の国際航空会社(ユナイテッド、アメリカン航空、USエアウェイ航空およびデルタ航空)を対象としたセーバー特典座席数の調査結果

https://www.united.com/web/ja-JP/apps/mileageplus/promotions/registrationDetails.aspx?promoCode=A11234

米系で1番、、、。

まぁ、国際線でいうと、全体で8位、米系では1位ということになるのか。

まとめ

スカイトラベラーからの移行先を探してるんだけど。
シンガポール航空かな?
https://www.americanexpress.com/jp/content/sky-traveler-card/

あと、JAL応用のBAとか、中東系やアビアンカも気になるところ。
ANAでも良いんだけど、ちょっと違う会社の試してみたいというか。

各社のマイレージチャートをちょっと観てみるかな。。。

そんな感じで。

https://www.bousaid.com/tag/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB