老舗の宮古そば屋「どらえもん」(沖縄那覇/国際通り)で食す「どらえもんセット」。

オッス、おら悟空。

間違えた。

オッス、おらドラえもん。

テッテレー♫

ということで、、、
やって参りました。

沖縄那覇の国際通り。
その入り口に佇む宮古そばの老舗「どらえもん」。
どらえもん – 県庁前/沖縄そば [食べログ]

場所は、「守礼堂」の看板を目印にすると分かりやすい。
「どらえもん」は「守礼堂」の上、2階にある。

「守礼堂」の脇の道に入ると、2階にあがる階段。

階段をのぼると、「どらえもん」の入り口を発見。

入ってみると、なんとも懐かしい雰囲気のお店。
いいね!

店内は、4人掛けテーブル4つと、小上がりに4人席が2つ。
2時を過ぎていたので、空いていた。

さて、メニュー拝見。
やはりココは、店名を冠した「どらえもんそば」でしょう・・・

ちなみに店名の「どらえもん」は、四次元ポケットからきているとのこと。

麺の中から、ひょっこり具が現れる宮古そば。
その様子が、未来の発明品がひょいっと出てくるドラえもんのポケットみたい…という理由で名づけられました。

美ら島物語 沖縄そば博物館

注文して、待つことしばし。
どらえもん、、、、、降臨。

むむ。

肉、肉、肉。
麺が見えないので、箸で引っ張り出してパシャリ。

それにしても、肉。

「どらえもんそば」は、

  • ソーキ(骨付き肉)
  • てびち(豚足)
  • 三枚肉

の、「全部のせ」な宮古そば、なんですねぇ。。。

さらに、さらに、、、

当方が注文した「どらえもんセット」は、、、
「ジューシー」(沖縄の炊き込みご飯)付き!

ドジャーン!!

ソーキにかぶりつき、
てびちをしゃぶり、
三枚肉をホグホグ。

そしておもむろに、、、
ハリのある細麺を、チュルチュルとすする。

ちなみに麺は、「亀濱麺」というのを使っているらしい。

那覇市辻にある製麺所。亀濱製麺所で作っている麺の事を、実令さんは「亀濱麺」と呼ぶ。
宮古出身のオーナーが考案した、細くハリのある麺が特徴。

美ら島物語 元祖!沖縄そば博物館 用語集

出汁きいたスープも絡んで、実にうまい。

そして口内に汁気のあるうちに、ジューシーをフガッと。

いやぁ、いいね。
完食して、満腹。

お値段は、1000円ぽっきり(どらえもんセット)。
※ちなみに「どらえもんそば」だけなら850円

いやー、国際通りの、こんなアクセスのよいトコにうまい宮古そばの店があったとは、、、

こりゃ、今後も使えそうだな。。。

「どらえもんセット」は、さすがに肉が多すぎた。
一回は食いたいけど、次は、、、
「次はイタリア『てびち』抜きでやろうぜ」。

そう思いました。

沖縄 カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥