苫小牧のソウルフード?「カレーラーメン」を、「味の大王 生粋」で食べる。ゆで卵とチャーハンで、更なる高みへ。

北海道の苫小牧で、「カレーラーメン」なるものが名物なんですね。

とまこまいカレーラーメン振興局 カレーラーメンで苫小牧を盛り上げよう!

半世紀以上の歴史を持つ、とまこまいカレーラーメン、味の大王でカレーラーメンが考案されたのが1965年、東京オリンピックの翌年でした。

「カレーラーメン」。

カレーうどんがあるんだし、まぁ、なんとなく想像がつく。
しかし食べてみると、思ったより「グッとくる」味だった。
うめぇ。

「カレーラーメン」を考案したのは「味の大王」というお店。
東京オリンピックの頃らしい。

今回はその支店で、駅に近い「味の大王 生粋」に行ってきた。

店に入ると、券売機とメニュー。
セットの麺も、カレーラーメンにできる。

腹が減っていたので、カレーラーメンとチャーハンの、「Aセット」。
1000円。

席に付くと、目の前に「ゆで卵」。
「1人3個まで無料」と書いてある。

太っぱら(笑

棚に紙エプロンがおいてあったので、1ついただく。
地元の人がカレーラーメンを結構食ってたが、誰もエプロンはしてなかった。
食い慣れてくると、エプロン不要なんだろうか?

しばらくすると、やってきました。。。
「カレーラーメン」。

スープはトロトロで、麺に絡む・・・。

食べてみると、美味い。
麺を啜りつつ、後味に残るのは、確かなカレーのスパイス感。
味に奥行きがある。

うめぇ笑

そして?

テッテレー♪

ゆで卵、入りました。

いいですねぇ。

しかし、カレーラーメンは終わらない。

我々は、まだ、前に進む。

セットでついてきた・・・・

チャーハン。

細かいチャーシュー肉が、メシと一緒に口の中でほぐれて、、、
やだ、このチャーハン。
単品でも美味い。

更にコレを、カレースープで食うと・・・
「カレーライスチャーハン」という、謎の一品に仕上がる。

カレーラーメンのスープをレンゲで飲む

そのレンゲで、そのままチャーハンを食う

うめぇ笑

いやぁ、いいね。
これは週1で食いたくなる味。

大満足。

そんな感じ。

苫小牧で名物ホッキ貝。マルトマ食堂「ホッキカレー」、駅弁「ほっきめし」、cafe駅「ホッキそば」。

苫小牧 カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥

グルメ カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥