苫小牧で名物ホッキ貝。マルトマ食堂「ホッキカレー」、駅弁「ほっきめし」、cafe駅「ホッキそば」。

苫小牧は、ホッキ貝の水揚げ量が日本一。
ということで、苫小牧にいった際に食った名物ホッキなど。

この他、「ホッキ炙りめし」を「グランドホテル ニュー王子 日本料理 こぶし」で食いたかったんだけど、時間が合わず断念した。
コレは次回のお楽しみということで・・・。
http://www.hokkiaburimesi.com/page02a.html

以下。

マルトマ食堂「ホッキカレー」

ガイドブックに載っている有名な食堂、「マルトマ食堂」。
おいしい海鮮を、現地価格で安く食えるという。
http://marutoma-shokudo.com/

名物は、「ホッキカレー」。
カレーに、ホッキ貝か。

気になる。

営業時間は5:00~14:00、日曜・祝日定休なので注意。
土曜に行ったが、お店の外で長蛇の列だった。

ようやくお店に入り、テーブル席へ。
ホッキカレー(1000円)を注文。

なかなかのボリューム。

食べてみると、まろやかなルー。
少し甘め。

大量のホッキ。
コリコリと弾力が良い。

そして、ルーにホッキの滋味な甘さが溢れ出てさぁ。
マッチするんだなぁ、カレーと。

美味いの。

「カレーに、ホッキが入ってるだけ」、
なんだよなぁ。

でも、ルー全体に染み出てる感じがするの。

なんだ、このルー。
うめぇ。

みたいな。

単品のホッキ刺身、500円も追加注文。

いいね。

駅弁「ほっきめし」

明治43年創業、「まるい弁当」。
駅弁「ほっきめし」デビューは、1997年。
http://www.maruibentou.info/

「ほっきめし」は、禁漁期間中は売られないらしいので注意。
(↑公式HP参照)

売っているのは、苫小牧駅と南千歳駅
「苫小牧駅」では、駅の改札を入ったところにパイプ椅子と机を置いて、販売していた。
1050円。

「ホッキ貝」は、アイヌ名「ポッキ」から来ているらしい。

「新鮮なホッキ貝と煮汁の、炊き込みご飯」。

ホッキ貝の煮汁で、炊き込みご飯か。。。

期待できる。

ホッキ貝が結構入ってるな。
うまそう。

実際、美味かった。

甘い炊き込みご飯とホッキを一緒にかきこむと、柔らかいホッキがコリコリと歯ごたえもよく。
お口と舌が、「いいリズム」。
かきこむ手が止まらない。

間に紅ショウガをはさみつつ、一気に食ってしまった。

これは、美味い。
レベルたけぇですよ。

cafe駅「ホッキそば」

苫小牧の駅構内、改札横にあるカフェ。
その名も「cafe.駅」。

電車まで時間があったので、軽く蕎麦でも・・・
と思ったら。

「ホッキそば」(650円)。
1ドリンク付き。

なんと。
蕎麦にもホッキ貝が。

店に入ってみると、電車の写真が飾られていて、いい雰囲気。
カウンター7席とテーブル2つ。

やって参りました。

一口食った感想は、、、
「意外に合うな」。

一見、柔らかくなり過ぎたホッキ。
蕎麦と一緒に啜って噛むと、蕎麦つゆの味の奥からジンワリと甘みが出てきて。
出汁のしょっぱさに、混じり合う。

面白い味だな。

なかなか美味しかったです。

そんな感じ。

苫小牧のソウルフード?「カレーラーメン」を、「味の大王 生粋」で食べる。ゆで卵とチャーハンで、更なる高みへ。

「ドーミーイン苫小牧」は屋上露天風呂(9F)から見る満月がキレイだった。朝食は「ほっき」や海鮮カレー。

苫小牧 カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥
北海道 カテゴリーの記事一覧 – やじり鳥